getColorNames() -> list Returns a list containing the names of all defined colors in the document. If no document is open, returns a list of the default document colors. newDocDialog() -> bool Displays the "New Document" dialog box. Creates a new document if the user accepts the settings. Does not create a document if the user presses cancel. Returns true if a new document was created. newDocument(size, margins, orientation, firstPageNumber, unit, pagesType, firstPageOrder, numPages) -> bool Creates a new document and returns true if successful. The parameters have the following meaning: size = A tuple (width, height) describing the size of the document. You can use predefined constants named PAPER_<paper_type> e.g. PAPER_A4 etc. margins = A tuple (left, right, top, bottom) describing the document margins orientation = the page orientation - constants PORTRAIT, LANDSCAPE firstPageNumer = is the number of the first page in the document used for pagenumbering. While you'll usually want 1, it's useful to have higher numbers if you're creating a document in several parts. unit: this value sets the measurement units used by the document. Use a predefined constant for this, one of: UNIT_INCHES, UNIT_MILLIMETERS, UNIT_PICAS, UNIT_POINTS. pagesType = One of the predefined constants PAGE_n. PAGE_1 is single page, PAGE_2 is for double sided documents, PAGE_3 is for 3 pages fold and PAGE_4 is 4-fold. firstPageOrder = What is position of first page in the document. Indexed from 0 (0 = first). numPage = Number of pages to be created. The values for width, height and the margins are expressed in the given unit for the document. PAPER_* constants are expressed in points. If your document is not in points, make sure to account for this. example: newDocument(PAPER_A4, (10, 10, 20, 20), LANDSCAPE, 7, UNIT_POINTS, PAGE_4, 3, 1) May raise ScribusError if is firstPageOrder bigger than allowed by pagesType. getFillColor(["name"]) -> string Returns the name of the fill color of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. moveObject(dx, dy [, "name"]) Moves the object "name" by dx and dy relative to its current position. The distances are expressed in the current measurement unit of the document (see UNIT constants). If "name" is not given the currently selected item is used. If the object "name" belongs to a group, the whole group is moved. setRedraw(bool) Disables page redraw when bool = False, otherwise redrawing is enabled. This change will persist even after the script exits, so make sure to call setRedraw(True) in a finally: clause at the top level of your script. createRect(x, y, width, height, ["name"]) -> string Creates a new rectangle on the current page and returns its name. The coordinates are given in the current measurement units of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name to reference that object in future. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. newPage(where [,"masterpage"]) Creates a new page. If "where" is -1 the new Page is appended to the document, otherwise the new page is inserted before "where". Page numbers are counted from 1 upwards, no matter what the displayed first page number of your document is. The optional parameter "masterpage" specifies the name of the master page for the new page. May raise IndexError if the page number is out of range setGradientFill(type, "color1", shade1, "color2", shade2, ["name"]) Sets the gradient fill of the object "name" to type. Color descriptions are the same as for setFillColor() and setFillShade(). See the constants for available types (FILL_<type>). createParagraphStyle(...) Creates a paragraph style. This function takes the following keyword parameters: "name" [required] -> specifies the name of the paragraphstyle to create linespacingmode [optional] -> specifies the linespacing mode; possible modes are: fixed linespacing: 0 automatic linespacing: 1 baseline grid linespacing: 2 linespacing [optional] -> specifies the linespacing if using fixed linespacing alignment [optional] -> specifies the alignment of the paragraph -> left: 0 -> center: 1 -> right: 2 -> justify: 3 -> extend: 4 leftmargin [optional], rightmargin [optional] -> specify the margin gapbefore [optional], gapafter [optional] -> specify the gaps to the heading and following paragraphs firstindent [optional] -> the indent of the first line hasdropcap [optional] -> specifies if there are caps (1 = yes, 0 = no) dropcaplines [optional] -> height (in lines) of the caps if used dropcapoffset [optional] -> offset of the caps if used "charstyle" [optional] -> char style to use getFontSize(["name"]) -> float Returns the font size in points for the text frame "name". If this text frame has some text selected the value assigned to the first character of the selection is returned. If "name" is not given the currently selected item is used. messagebarText("string") Writes the "string" into the Scribus message bar (status line). The text must be UTF8 encoded or 'unicode' string(recommended). placeSVG("filename", x, y) Places the SVG "filename" onto the current page, x and y specify the coordinate of the topleft corner of the SVG placed on the page If loading was successful, the selection contains the imported SVG getColor("name") -> tuple Returns a tuple (C, M, Y, K) containing the four color components of the color "name" from the current document. If no document is open, returns the value of the named color from the default document colors. May raise NotFoundError if the named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. getColorAsRGB("name") -> tuple Returns a tuple (R,G,B) containing the three color components of the color "name" from the current document, converted to the RGB color space. If no document is open, returns the value of the named color from the default document colors. May raise NotFoundError if the named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. changeColor("name", c, m, y, k) Changes the color "name" to the specified CMYK value. The color value is defined via four components c = Cyan, m = Magenta, y = Yellow and k = Black. Color components should be in the range from 0 to 255. May raise NotFoundError if the named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. defineColor("name", c, m, y, k) Defines a new color "name". The color Value is defined via four components: c = Cyan, m = Magenta, y = Yellow and k = Black. Color components should be in the range from 0 to 255. May raise ValueError if an invalid color name is specified. deleteColor("name", "replace") Deletes the color "name". Every occurence of that color is replaced by the color "replace". If not specified, "replace" defaults to the color "None" - transparent. deleteColor works on the default document colors if there is no document open. In that case, "replace", if specified, has no effect. May raise NotFoundError if a named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. replaceColor("name", "replace") Every occurence of the color "name" is replaced by the color "replace". May raise NotFoundError if a named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. isSpotColor("name") -> bool Returns True if the color "name" is a spot color. See also setSpotColor() May raise NotFoundError if a named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. setSpotColor("name", spot) Set the color "name" as a spot color if spot parameter is True. See also isSpotColor() May raise NotFoundError if a named color wasn't found. May raise ValueError if an invalid color name is specified. fileDialog("caption", ["filter", "defaultname", haspreview, issave, isdir]) -> string with filename Shows a File Open dialog box with the caption "caption". Files are filtered with the filter string "filter". A default filename or file path can also supplied, leave this string empty when you don't want to use it. A value of True for haspreview enables a small preview widget in the FileSelect box. When the issave parameter is set to True the dialog acts like a "Save As" dialog otherwise it acts like a "File Open Dialog". When the isdir parameter is True the dialog shows and returns only directories. The default for all of the optional parameters is False. The filter, if specified, takes the form 'comment (*.type *.type2 ...)'. For example 'Images (*.png *.xpm *.jpg)'. Refer to the Qt-Documentation for QFileDialog for details on filters. Example: fileDialog('Open input', 'CSV files (*.csv)') Example: fileDialog('Save report', defaultname='report.txt', issave=True) messageBox("caption", "message", icon=ICON_NONE, button1=BUTTON_OK|BUTTONOPT_DEFAULT, button2=BUTTON_NONE, button3=BUTTON_NONE) -> integer Displays a message box with the title "caption", the message "message", and an icon "icon" and up to 3 buttons. By default no icon is used and a single button, OK, is displayed. Only the caption and message arguments are required, though setting an icon and appropriate button(s) is strongly recommended. The message text may contain simple HTML-like markup. Returns the number of the button the user pressed. Button numbers start at 1. For the icon and the button parameters there are predefined constants available with the same names as in the Qt Documentation. These are the BUTTON_* and ICON_* constants defined in the module. There are also two extra constants that can be binary-ORed with button constants: BUTTONOPT_DEFAULT Pressing enter presses this button. BUTTONOPT_ESCAPE Pressing escape presses this button. Usage examples: result = messageBox('Script failed', 'This script only works when you have a text frame selected.', ICON_ERROR) result = messageBox('Monkeys!', 'Something went ook! <i>Was it a monkey?</i>', ICON_WARNING, BUTTON_YES|BUTTONOPT_DEFAULT, BUTTON_NO, BUTTON_IGNORE|BUTTONOPT_ESCAPE) Defined button and icon constants: BUTTON_NONE, BUTTON_ABORT, BUTTON_CANCEL, BUTTON_IGNORE, BUTTON_NO, BUTTON_NOALL, BUTTON_OK, BUTTON_RETRY, BUTTON_YES, BUTTON_YESALL, ICON_NONE, ICON_INFORMATION, ICON_WARNING, ICON_CRITICAL. valueDialog(caption, message [,defaultvalue]) -> string Shows the common 'Ask for string' dialog and returns its value as a string Parameters: window title, text in the window and optional 'default' value. Example: valueDialog('title', 'text in the window', 'optional') newStyleDialog() -> string Shows 'Create new paragraph style' dialog. Function returns real style name or None when user cancels the dialog. newDoc(size, margins, orientation, firstPageNumber, unit, facingPages, firstSideLeft) -> bool WARNING: Obsolete procedure! Use newDocument instead. Creates a new document and returns true if successful. The parameters have the following meaning: size = A tuple (width, height) describing the size of the document. You can use predefined constants named PAPER_<paper_type> e.g. PAPER_A4 etc. margins = A tuple (left, right, top, bottom) describing the document margins orientation = the page orientation - constants PORTRAIT, LANDSCAPE firstPageNumer = is the number of the first page in the document used for pagenumbering. While you'll usually want 1, it's useful to have higher numbers if you're creating a document in several parts. unit: this value sets the measurement units used by the document. Use a predefined constant for this, one of: UNIT_INCHES, UNIT_MILLIMETERS, UNIT_PICAS, UNIT_POINTS. facingPages = FACINGPAGES, NOFACINGPAGES firstSideLeft = FIRSTPAGELEFT, FIRSTPAGERIGHT The values for width, height and the margins are expressed in the given unit for the document. PAPER_* constants are expressed in points. If your document is not in points, make sure to account for this. example: newDoc(PAPER_A4, (10, 10, 20, 20), LANDSCAPE, 1, UNIT_POINTS, FACINGPAGES, FIRSTPAGERIGHT) closeDoc() Closes the current document without prompting to save. May throw NoDocOpenError if there is no document to close haveDoc() -> bool Returns true if there is a document open. openDoc("name") Opens the document "name". May raise ScribusError if the document could not be opened. saveDoc() Saves the current document with its current name, returns true if successful. If the document has not already been saved, this may bring up an interactive save file dialog. If the save fails, there is currently no way to tell. saveDocAs("name") Saves the current document under the new name "name" (which may be a full or relative path). May raise ScribusError if the save fails. setInfo("author", "info", "description") -> bool Sets the document information. "Author", "Info", "Description" are strings. setMargins(lr, rr, tr, br) Sets the margins of the document, Qt::DockLeft(lr), Qt::DockRight(rr), Qt::DockTop(tr) and Qt::DockBottom(br) margins are given in the measurement units of the document - see UNIT_<type> constants. setUnit(type) Changes the measurement unit of the document. Possible values for "unit" are defined as constants UNIT_<type>. May raise ValueError if an invalid unit is passed. getUnit() -> integer (Scribus unit constant) Returns the measurement units of the document. The returned value will be one of the UNIT_* constants: UNIT_INCHES, UNIT_MILLIMETERS, UNIT_PICAS, UNIT_POINTS. loadStylesFromFile("filename") Loads paragraph styles from the Scribus document at "filename" into the current document. setDocType(facingPages, firstPageLeft) Sets the document type. To get facing pages set the first parameter to FACINGPAGES, to switch facingPages off use NOFACINGPAGES instead. If you want to be the first page a left side set the second parameter to FIRSTPAGELEFT, for a right page use FIRSTPAGERIGHT. closeMasterPage() Closes the currently active master page, if any, and returns editing to normal. Begin editing with editMasterPage(). masterPageNames() Returns a list of the names of all master pages in the document. editMasterPage(pageName) Enables master page editing and opens the named master page for editing. Finish editing with closeMasterPage(). createMasterPage(pageName) Creates a new master page named pageName and opens it for editing. deleteMasterPage(pageName) Delete the named master page. getFillTransparency(["name"]) -> float Returns the fill transparency of the object "name". If "name" is not given the currently selected Item is used. getFillBlendmode(["name"]) -> integer Returns the fill blendmode of the object "name". If "name" is not given the currently selected Item is used. getLineColor(["name"]) -> string Returns the name of the line color of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getLineTransparency(["name"]) -> float Returns the line transparency of the object "name". If "name" is not given the currently selected Item is used. getLineBlendmode(["name"]) -> integer Returns the line blendmode of the object "name". If "name" is not given the currently selected Item is used. getLineWidth(["name"]) -> integer Returns the line width of the object "name". If "name" is not given the currently selected Item is used. getLineShade(["name"]) -> integer Returns the shading value of the line color of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getLineJoin(["name"]) -> integer (see constants) Returns the line join style of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. The join types are: JOIN_BEVEL, JOIN_MITTER, JOIN_ROUND getLineEnd(["name"]) -> integer (see constants) Returns the line cap style of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. The cap types are: CAP_FLAT, CAP_ROUND, CAP_SQUARE getLineStyle(["name"]) -> integer (see constants) Returns the line style of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. Line style constants are: LINE_DASH, LINE_DASHDOT, LINE_DASHDOTDOT, LINE_DOT, LINE_SOLID getFillShade(["name"]) -> integer Returns the shading value of the fill color of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getCornerRadius(["name"]) -> integer Returns the corner radius of the object "name". The radius is expressed in points. If "name" is not given the currently selected item is used. getImageScale(["name"]) -> (x,y) Returns a (x, y) tuple containing the scaling values of the image frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getImageName(["name"]) -> string Returns the filename for the image in the image frame. If "name" is not given the currently selected item is used. getPosition(["name"]) -> (x,y) Returns a (x, y) tuple with the position of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. The position is expressed in the actual measurement unit of the document - see UNIT_<type> for reference. getSize(["name"]) -> (width,height) Returns a (width, height) tuple with the size of the object "name". If "name" is not given the currently selected item is used. The size is expressed in the current measurement unit of the document - see UNIT_<type> for reference. getRotation(["name"]) -> integer Returns the rotation of the object "name". The value is expressed in degrees, and clockwise is positive. If "name" is not given the currently selected item is used. getAllObjects() -> list Returns a list containing the names of all objects on the current page. getPropertyCType(object, property, includesuper=True) Returns the name of the C type of `property' of `object'. See getProperty() for details of arguments. If `includesuper' is true, search inherited properties too. getPropertyNames(object, includesuper=True) Return a list of property names supported by `object'. If `includesuper' is true, return properties supported by parent classes as well. getProperty(object, property) Return the value of the property `property' of the passed `object'. The `object' argument may be a string, in which case the named PageItem is searched for. It may also be a PyCObject, which may point to any C++ QObject instance. The `property' argument must be a string, and is the name of the property to look up on `object'. The return value varies depending on the type of the property. setProperty(object, property, value) Set `property' of `object' to `value'. If `value' cannot be converted to a type compatible with the type of `property', an exception is raised. An exception may also be raised if the underlying setter fails. See getProperty() for more information. moveObjectAbs(x, y [, "name"]) Moves the object "name" to a new location. The coordinates are expressed in the current measurement unit of the document (see UNIT constants). If "name" is not given the currently selected item is used. If the object "name" belongs to a group, the whole group is moved. rotateObject(rot [, "name"]) Rotates the object "name" by "rot" degrees relatively. The object is rotated by the vertex that is currently selected as the rotation point - by default, the top left vertex at zero rotation. Positive values mean counter clockwise rotation when the default rotation point is used. If "name" is not given the currently selected item is used. rotateObjectAbs(rot [, "name"]) Sets the rotation of the object "name" to "rot". Positive values mean counter clockwise rotation. If "name" is not given the currently selected item is used. sizeObject(width, height [, "name"]) Resizes the object "name" to the given width and height. If "name" is not given the currently selected item is used. getSelectedObject([nr]) -> string Returns the name of the selected object. "nr" if given indicates the number of the selected object, e.g. 0 means the first selected object, 1 means the second selected Object and so on. selectionCount() -> integer Returns the number of selected objects. selectObject("name") Selects the object with the given "name". deselectAll() Deselects all objects in the whole document. groupObjects(list) Groups the objects named in "list" together. "list" must contain the names of the objects to be grouped. If "list" is not given the currently selected items are used. unGroupObjects("name") Destructs the group the object "name" belongs to.If "name" is not given the currently selected item is used. scaleGroup(factor [,"name"]) Scales the group the object "name" belongs to. Values greater than 1 enlarge the group, values smaller than 1 make the group smaller e.g a value of 0.5 scales the group to 50 % of its original size, a value of 1.5 scales the group to 150 % of its original size. The value for "factor" must be greater than 0. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise ValueError if an invalid scale factor is passed. loadImage("filename" [, "name"]) Loads the picture "picture" into the image frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not an image frame scaleImage(x, y [, "name"]) Sets the internal scaling factors of the picture in the image frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. A number of 1 means 100 %. Internal scaling factors are different from the values shown on properties palette. Note : deprecated, use setImageScale() instead. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not an image frame setImageScale(x, y [, "name"]) Sets the scaling factors of the picture in the image frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. A number of 1 means 100 %. Scaling factors are equal to the values shown on properties palette. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not an image frame lockObject(["name"]) -> bool Locks the object "name" if it's unlocked or unlock it if it's locked. If "name" is not given the currently selected item is used. Returns true if locked. isLocked(["name"]) -> bool Returns true if is the object "name" locked. If "name" is not given the currently selected item is used. setScaleImageToFrame(scaletoframe, proportional=None, name=<selection>) Sets the scale to frame on the selected or specified image frame to `scaletoframe'. If `proportional' is specified, set fixed aspect ratio scaling to `proportional'. Both `scaletoframe' and `proportional' are boolean. May raise WrongFrameTypeError. getFontNames() -> list Returns a list with the names of all available fonts. getXFontNames() -> list of tuples Returns a larger font info. It's a list of the tuples with: [ (Scribus name, Family, Real name, subset (1|0), embed PS (1|0), font file), (...), ... ] renderFont("name", "filename", "sample", size, format="PPM") -> bool Creates an image preview of font "name" with given text "sample" and size. If "filename" is not "", image is saved into "filename". Otherwise image data is returned as a string. The optional "format" argument specifies the image format to generate, and supports any format allowed by QPixmap.save(). Common formats are PPM, JPEG, PNG and XPM. May raise NotFoundError if the specified font can't be found. May raise ValueError if an empty sample or filename is passed. getLayers() -> list Returns a list with the names of all defined layers. setActiveLayer("name") Sets the active layer to the layer named "name". May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. getActiveLayer() -> string Returns the name of the current active layer. sentToLayer("layer" [, "name"]) Sends the object "name" to the layer "layer". The layer must exist. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerVisible("layer", visible) Sets the layer "layer" to be visible or not. If is the visible set to false the layer is invisible. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerPrintable("layer", printable) Sets the layer "layer" to be printable or not. If is the printable set to false the layer won't be printed. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerLocked("layer", locked) Sets the layer "layer" to be locked or not. If locked is set to true the layer will be locked. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerOutlined("layer", outline) Sets the layer "layer" to be locked or not. If outline is set to true the layer will be displayed outlined. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerFlow("layer", flow) Sets the layers "layer" flowcontrol to flow. If flow is set to true text in layers above this one will flow around objects on this layer. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerBlendmode("layer", blend) Sets the layers "layer" blendmode to blend. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. setLayerTransparency("layer", trans) Sets the layers "layer" transparency to trans. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. isLayerVisible("layer") -> bool Returns whether the layer "layer" is visible or not, a value of True means that the layer "layer" is visible, a value of False means that the layer "layer" is invisible. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. isLayerPrintable("layer") -> bool Returns whether the layer "layer" is printable or not, a value of True means that the layer "layer" can be printed, a value of False means that printing the layer "layer" is disabled. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. isLayerLocked("layer") -> bool Returns whether the layer "layer" is locked or not, a value of True means that the layer "layer" is editable, a value of False means that the layer "layer" is locked. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. isLayerOutlined("layer") -> bool Returns whether the layer "layer" is outlined or not, a value of True means that the layer "layer" is outlined, a value of False means that the layer "layer" is normal. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. isLayerFlow("layer") -> bool Returns whether text flows around objects on layer "layer", a value of True means that text flows around, a value of False means that the text does not flow around. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. getLayerBlendmode("layer") -> int Returns the "layer" layer blendmode, May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. getLayerTransparency("layer") -> float Returns the "layer" layer transparency, May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. deleteLayer("layer") Deletes the layer with the name "layer". Nothing happens if the layer doesn't exists or if it's the only layer in the document. May raise NotFoundError if the layer can't be found. May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. createLayer(layer) Creates a new layer with the name "name". May raise ValueError if the layer name isn't acceptable. getGuiLanguage() -> string Returns a string with the -lang value. moveSelectionToFront() Moves current selection to front. moveSelectionToFront() Moves current selection to back. createEllipse(x, y, width, height, ["name"]) -> string Creates a new ellipse on the current page and returns its name. The coordinates are given in the current measurement units of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further referencing of that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. createImage(x, y, width, height, ["name"]) -> string Creates a new picture frame on the current page and returns its name. The coordinates are given in the current measurement units of the document. "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. createText(x, y, width, height, ["name"]) -> string Creates a new text frame on the actual page and returns its name. The coordinates are given in the actual measurement unit of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further referencing of that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. createLine(x1, y1, x2, y2, ["name"]) -> string Creates a new line from the point(x1, y1) to the point(x2, y2) and returns its name. The coordinates are given in the current measurement unit of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. createPolyLine(list, ["name"]) -> string Creates a new polyline and returns its name. The points for the polyline are stored in the list "list" in the following order: [x1, y1, x2, y2...xn. yn]. The coordinates are given in the current measurement units of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. May raise ValueError if an insufficient number of points is passed or if the number of values passed don't group into points without leftovers. createPolygon(list, ["name"]) -> string Creates a new polygon and returns its name. The points for the polygon are stored in the list "list" in the following order: [x1, y1, x2, y2...xn. yn]. At least three points are required. There is no need to repeat the first point to close the polygon. The polygon is automatically closed by connecting the first and the last point. The coordinates are given in the current measurement units of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. May raise ValueError if an insufficient number of points is passed or if the number of values passed don't group into points without leftovers. createBezierLine(list, ["name"]) -> string Creates a new bezier curve and returns its name. The points for the bezier curve are stored in the list "list" in the following order: [x1, y1, kx1, ky1, x2, y2, kx2, ky2...xn. yn, kxn. kyn] In the points list, x and y mean the x and y coordinates of the point and kx and ky meaning the control point for the curve. The coordinates are given in the current measurement units of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. May raise ValueError if an insufficient number of points is passed or if the number of values passed don't group into points without leftovers. createPathText(x, y, "textbox", "beziercurve", ["name"]) -> string Creates a new pathText by merging the two objects "textbox" and "beziercurve" and returns its name. The coordinates are given in the current measurement unit of the document (see UNIT constants). "name" should be a unique identifier for the object because you need this name for further access to that object. If "name" is not given Scribus will create one for you. May raise NameExistsError if you explicitly pass a name that's already used. May raise NotFoundError if one or both of the named base object don't exist. deleteObject(["name"]) Deletes the item with the name "name". If "name" is not given the currently selected item is deleted. textFlowMode("name" [, state]) Enables/disables "Text Flows Around Frame" feature for object "name". Called with parameters string name and optional int "state" (0 <= state <= 3). Setting "state" to 0 will disable text flow. Setting "state" to 1 will make text flow around object frame. Setting "state" to 2 will make text flow around bounding box. Setting "state" to 3 will make text flow around contour line. If "state" is not passed, text flow is toggled. objectExists(["name"]) -> bool Test if an object with specified name really exists in the document. The optional parameter is the object name. When no object name is given, returns True if there is something selected. setStyle("style" [, "name"]) Apply the named "style" to the object named "name". If is no object name given, it's applied on the selected object. getAllStyles() -> list Return a list of the names of all paragraph styles in the current document. duplicateObject(["name"]) -> string creates a Duplicate of the selected Object (or Selection Group). currentPage() -> integer Returns the number of the current working page. Page numbers are counted from 1 upwards, no matter what the displayed first page number of your document is. redrawAll() Redraws all pages. getPageType() -> integer Returns the type of the Page, 0 means left Page, 1 is a middle Page and 2 is a right Page savePageAsEPS("name") Saves the current page as an EPS to the file "name". May raise ScribusError if the save failed. deletePage(nr) Deletes the given page. Does nothing if the document contains only one page. Page numbers are counted from 1 upwards, no matter what the displayed first page number is. May raise IndexError if the page number is out of range gotoPage(nr) Moves to the page "nr" (that is, makes the current page "nr"). Note that gotoPage doesn't (currently) change the page the user's view is displaying, it just sets the page that script commands will operates on. May raise IndexError if the page number is out of range. pageCount() -> integer Returns the number of pages in the document. getHGuides() -> list Returns a list containing positions of the horizontal guides. Values are in the document's current units - see UNIT_<type> constants. setHGuides(list) Sets horizontal guides. Input parameter must be a list of guide positions measured in the current document units - see UNIT_<type> constants. Example: setHGuides(getHGuides() + [200.0, 210.0] # add new guides without any lost setHGuides([90,250]) # replace current guides entirely getVGuides() See getHGuides. setVGuides() See setHGuides. getPageSize() -> tuple Returns a tuple with page dimensions measured in the document's current units. See UNIT_<type> constants and getPageMargins() getPageItems() -> list Returns a list of tuples with items on the current page. The tuple is: (name, objectType, order) E.g. [('Text1', 4, 0), ('Image1', 2, 1)] means that object named 'Text1' is a text frame (type 4) and is the first at the page... getPageMargins() Returns the page margins as a (top, left, right, bottom) tuple in the current units. See UNIT_<type> constants and getPageSize(). importPage("fromDoc", (pageList), [create, imortwhere, importwherePage]) Imports a set of pages (given as a tuple) from an existing document (the file name must be given). This functions maps the "Page->Import" dropdown menu function. fromDoc: string; the filename of the document to import pages from pageList: tuple with page numbers of pages to import create: number; 0 to replace existing pages, 1 (default) to insert new pages importWhere: number; the page number (of the current document) at which import the pages importWherePage: number; used if create==1; 0 to create pages before selected page; 1 to create pages after selected page; 2 (default) to create pages at the end of the document setGradientStop("color", shade, opacity, ramppoint, ["name"]) Set or add a gradient stop to the gradient fill of the object "name" at position ramppoint. Color descriptions are the same as for setFillColor() and setFillShade(). setGradientFill() must have been called previously for the gradient fill to be visible. setFillColor("color", ["name"]) Sets the fill color of the object "name" to the color "color". "color" is the name of one of the defined colors. If "name" is not given the currently selected item is used. setFillTransparency(transparency, ["name"]) Sets the fill transparency of the object "name" to transparency If "name" is not given the currently selected item is used. setFillBlendmode(blendmode, ["name"]) Sets the fill blendmode of the object "name" to blendmode If "name" is not given the currently selected item is used. setLineColor("color", ["name"]) Sets the line color of the object "name" to the color "color". If "name" is not given the currently selected item is used. setLineTransparency(transparency, ["name"]) Sets the line transparency of the object "name" to transparency If "name" is not given the currently selected item is used. setLineBlendmode(blendmode, ["name"]) Sets the line blendmode of the object "name" to blendmode If "name" is not given the currently selected item is used. setLineWidth(width, ["name"]) Sets line width of the object "name" to "width". "width" must be in the range from 0.0 to 12.0 inclusive, and is measured in points. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise ValueError if the line width is out of bounds. setLineShade(shade, ["name"]) Sets the shading of the line color of the object "name" to "shade". "shade" must be an integer value in the range from 0 (lightest) to 100 (full color intensity). If "name" is not given the currently selected item is used. May raise ValueError if the line shade is out of bounds. setLineJoin(join, ["name"]) Sets the line join style of the object "name" to the style "join". If "name" is not given the currently selected item is used. There are predefined constants for join - JOIN_<type>. setLineEnd(endtype, ["name"]) Sets the line cap style of the object "name" to the style "cap". If "name" is not given the currently selected item is used. There are predefined constants for "cap" - CAP_<type>. setLineStyle(style, ["name"]) Sets the line style of the object "name" to the style "style". If "name" is not given the currently selected item is used. There are predefined constants for "style" - LINE_<style>. setFillShade(shade, ["name"]) Sets the shading of the fill color of the object "name" to "shade". "shade" must be an integer value in the range from 0 (lightest) to 100 (full Color intensity). If "name" is not given the currently selected Item is used. May raise ValueError if the fill shade is out of bounds. setCornerRadius(radius, ["name"]) Sets the corner radius of the object "name". The radius is expressed in points. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise ValueError if the corner radius is negative. setMultiLine("namedStyle", ["name"]) Sets the line style of the object "name" to the named style "namedStyle". If "name" is not given the currently selected item is used. May raise NotFoundError if the line style doesn't exist. createCharStyle(...) Creates a character style. This function takes the following keyword parameters: "name" [required] -> name of the char style to create "font" [optional] -> name of the font to use fontsize [optional] -> font size to set (double) "features" [optional] -> nearer typographic details can be defined by a string that might contain the following phrases comma-seperated (without spaces!): -> inherit -> bold -> italic -> underline -> underlinewords -> strike -> superscript -> subscript -> outline -> shadowed -> allcaps -> smallcaps "fillcolor" [optional], "fillshade" [optional] -> specify fill options "strokecolor" [optional], "strokeshade" [optional] -> specify stroke options baselineoffset [optional] -> offset of the baseline shadowxoffset [optional], shadowyoffset [optional] -> offset of the shadow if used outlinewidth [optional] -> width of the outline if used underlineoffset [optional], underlinewidth [optional] -> underline options if used strikethruoffset [optional], strikethruwidth [optional] -> strikethru options if used scaleh [optional], scalev [optional] -> scale of the chars tracking [optional] -> tracking of the text "language" [optional] -> language code getFont(["name"]) -> string Returns the font name for the text frame "name". If this text frame has some text selected the value assigned to the first character of the selection is returned. If "name" is not given the currently selected item is used. getTextLength(["name"]) -> integer Returns the length of the text in the text frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getTextLines(["name"]) -> integer Returns the number of lines of the text in the text frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. getText(["name"]) -> string Returns the text of the text frame "name". If this text frame has some text selected, the selected text is returned. All text in the frame, not just currently visible text, is returned. If "name" is not given the currently selected item is used. getAllText(["name"]) -> string Returns the text of the text frame "name" and of all text frames which are linked with this frame. If this textframe has some text selected, the selected text is returned. If "name" is not given the currently selected item is used. getLineSpacing(["name"]) -> float Returns the line spacing ("leading") of the text frame "name" expressed in points. If "name" is not given the currently selected item is used. getTextDistances(["name"]) -> tuple Returns the text distances of the text frame "name" expressed in points. The distances are returned as a tuple like (left, right, top, bottom). If "name" is not given the currently selected item is used. getColumnGap(["name"]) -> float Returns the column gap size of the text frame "name" expressed in points. If "name" is not given the currently selected item is used. getColumns(["name"]) -> integer Gets the number of columns of the text frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. setText("text", ["name"]) Sets the text of the text frame "name" to the text of the string "text". Text must be UTF8 encoded - use e.g. unicode(text, 'iso-8859-2'). See the FAQ for more details. If "name" is not given the currently selected item is used. insertText("text", pos, ["name"]) Inserts the text "text" at the position "pos" into the text frame "name". Text must be UTF encoded (see setText() as reference) The first character has an index of 0. Inserting text at position -1 appends it to the frame. If "name" is not given the currently selected Item is used. May throw IndexError for an insertion out of bounds. setFont("font", ["name"]) Sets the font of the text frame "name" to "font". If there is some text selected only the selected text is changed. If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError if the font cannot be found. setFontSize(size, ["name"]) Sets the font size of the text frame "name" to "size". "size" is treated as a value in points. If there is some text selected only the selected text is changed. "size" must be in the range 1 to 512. If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError for a font size that's out of bounds. setLineSpacing(size, ["name"]) Sets the line spacing ("leading") of the text frame "name" to "size". "size" is a value in points. If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError if the line spacing is out of bounds. setTextDistances(left, right, top, bottom, ["name"]) Sets the text distances of the text frame "name" to the values "left" "right", "top" and "bottom". If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError if any of the distances are out of bounds (must be positive). setColumnGap(size, ["name"]) Sets the column gap of the text frame "name" to the value "size". If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError if the column gap is out of bounds (must be positive). setColumns(nr, ["name"]) Sets the number of columns of the text frame "name" to the integer "nr". If "name" is not given the currently selected item is used. May throw ValueError if number of columns is not at least one. setTextAlignment(align, ["name"]) Sets the text alignment of the text frame "name" to the specified alignment. If "name" is not given the currently selected item is used. "align" should be one of the ALIGN_ constants defined in this module - see dir(scribus). May throw ValueError for an invalid alignment constant. selectText(start, count, ["name"]) Selects "count" characters of text in the text frame "name" starting from the character "start". Character counting starts at 0. If "count" is zero, any text selection will be cleared. If "name" is not given the currently selected item is used. May throw IndexError if the selection is outside the bounds of the text. deleteText(["name"]) Deletes any text in the text frame "name". If there is some text selected, only the selected text will be deleted. If "name" is not given the currently selected item is used. setTextColor("color", ["name"]) Sets the text color of the text frame "name" to the color "color". If there is some text selected only the selected text is changed. If "name" is not given the currently selected item is used. setTextStroke("color", ["name"]) Set "color" of the text stroke. If "name" is not given the currently selected item is used. setTextScalingV(scale, ["name"]) Sets the vertical character scaling of the object "name" to "scale" in percent. If "name" is not given the currently selected item is used. setTextScalingH(scale, ["name"]) Sets the horizontal character scaling of the object "name" to "scale" in percent. If "name" is not given the currently selected item is used. setTextShade(shade, ["name"]) Sets the shading of the text color of the object "name" to "shade". If there is some text selected only the selected text is changed. "shade" must be an integer value in the range from 0 (lightest) to 100 (full color intensity). If "name" is not given the currently selected item is used. linkTextFrames("fromname", "toname") Link two text frames. The frame named "fromname" is linked to the frame named "toname". The target frame must be an empty text frame and must not link to or be linked from any other frames already. May throw ScribusException if linking rules are violated. unlinkTextFrames("name") Remove the specified (named) object from the text frame flow/linkage. If the frame was in the middle of a chain, the previous and next frames will be connected, eg 'a->b->c' becomes 'a->c' when you unlinkTextFrames(b)' May throw ScribusException if linking rules are violated. traceText(["name"]) Convert the text frame "name" to outlines. If "name" is not given the currently selected item is used. textOverflows(["name", nolinks]) -> integer Returns the actual number of overflowing characters in text frame "name". If is nolinks set to non zero value it takes only one frame - it doesn't use text frame linking. Without this parameter it search all linking chain. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not an text frame hyphenateText(["name"]) -> bool Does hyphenation on text frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not a text frame dehyphenateText(["name"]) -> bool Does dehyphenation on text frame "name". If "name" is not given the currently selected item is used. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not a text frame setPDFBookmark("toggle", ["name"]) Sets whether (toggle = 1) the text frame "name" is a bookmark nor not. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not a text frame isPDFBookmark(["name"]) -> bool Returns true if the text frame "name" is a PDF bookmark. If "name" is not given the currently selected item is used. May raise WrongFrameTypeError if the target frame is not a text frame progressReset() Cleans up the Scribus progress bar previous settings. It is called before the new progress bar use. See progressSet. progressTotal(max) Sets the progress bar's maximum steps value to the specified number. See progressSet. progressSet(nr) Set the progress bar position to "nr", a value relative to the previously set progressTotal. The progress bar uses the concept of steps; you give it the total number of steps and the number of steps completed so far and it will display the percentage of steps that have been completed. You can specify the total number of steps with progressTotal(). The current number of steps is set with progressSet(). The progress bar can be rewound to the beginning with progressReset(). [based on info taken from Trolltech's Qt docs] setCursor() [UNSUPPORTED!] This might break things, so steer clear for now. docChanged(bool) Enable/disable save icon in the Scribus icon bar and the Save menu item. It's useful to call this procedure when you're changing the document, because Scribus won't automatically notice when you change the document using a script. zoomDocument(double) Zoom the document in main GUI window. Actions have whole number values like 20.0, 100.0, etc. Zoom to Fit uses -100 as a marker. scrollDocument(x,y) Scroll the document in main GUI window by x and y. placeEPS("filename", x, y) Places the EPS "filename" onto the current page, x and y specify the coordinate of the topleft corner of the EPS placed on the page If loading was successful, the selection contains the imported EPS placeSXD("filename", x, y) Places the SXD "filename" onto the current page, x and y specify the coordinate of the topleft corner of the SXD placed on the page If loading was successful, the selection contains the imported SXD placeODG("filename", x, y) Places the ODG "filename" onto the current page, x and y specify the coordinate of the topleft corner of the ODG placed on the page If loading was successful, the selection contains the imported ODG @default AIPlug Importing: %1 インポート中: %1 Analyzing File: ファイルを解析: Group%1 グループ%1 Generating Items アイテムを生成 About About Scribus %1 Scribusについて %1 %1 %2 %3 %1 %2 %3 %3-%2-%1 %4 %5 %3-%2-%1 %4 %5 Using Ghostscript version %1 Ghostscriptバージョン %1 を使用 No Ghostscript version available 利用可能なGhostscriptのバージョンはありません Build ID: ビルドID: &About バージョン情報(&A) Development Team: 開発チーム: Contributions from: 貢献者: Mac OS&#174; X Aqua Port: Mac OS&#174; X Aqua 移植: Windows&#174; Port: Windows&#174; 移植: Official Documentation: オフィシャルなドキュメント担当者: Other Documentation: その他のドキュメント担当者: A&uthors 作者(&U) Official Translations and Translators: オフィシャルな翻訳並びに翻訳者: Previous Translation Contributors: 以前の翻訳の貢献者: &Translations 翻訳(&T) Homepage ホームページ Online Reference オンラインリファレンス Wiki Wiki Bugs and Feature Requests バグや機能の要望 Mailing List メーリングリスト &Online オンライン(&O) &Close 閉じる(&C) Tango Project Icons: Tangoプロジェクトアイコン: &Updates アップデート(&U) Check for updates to Scribus. No data from your machine will be transferred off it. Scribusのアップデートをチェックします。あなたのコンピュータのデータを外部に送信することはありません。 OS/2&#174;/eComStation&#8482; Port: OS/2&#174;/eComStation&#8482; 移植: Splash Screen: スプラッシュスクリーン This panel shows the version, build date and compiled in library support in Scribus. このパネルではバージョン、ビルド日時、Scribusでサポートされているコンパイル済みライブラリを表示します。 The C-C-T-F equates to C=littlecms C=CUPS T=TIFF support F=Fontconfig support.Last Letter is the renderer C=cairo or Q=Qt C-C-T-Fは、C=littlecms C=CUPS T=TIFFサポート F=Fontconfigサポートを意味します。最後の文字はレンダラを意味し、C=cairo or Q=Qtです。 Missing library support is indicated by a *. This also indicates the version of Ghostscript which Scribus has detected. ライブラリのサポートがない場合は * で示されます。これはScribusが検知したGhostscriptのバージョンも示しています。 The Windows version does not use fontconfig or CUPS libraries. WindowsバージョンではfontconfigやCUPSライブラリは使用されません。 <p align="center"><b>%1 %2</b></p><p align="center">%3<br>%4 %5<br>%6</p> <p align="center"><b>%1 %2</b></p><p align="center">%3<br>%4 %5<br>%6</p> Scribus Version Scribusバージョン Check for Updates アップデートをチェック Abort Update Check アップデートのチェックを中断 Developer Blog 開発者Blog &Licence ライセンス(&L) Unable to open licence file. Please check your install directory or the Scribus website for licencing information. ライセンスファイルを開けません。インストールしたディレクトリかScribusのウェブサイトでライセンス情報をチェックしてください。 Doc Translators: Webmasters: Unable to open %1 file. Please check your install directory or the Scribus website for %1 information. AboutPlugins Scribus: About Plug-ins Scribus: プラグインについて Filename: ファイル名: Version: バージョン: Enabled: 有効: Release Date: リリース日時: Description: 詳細: Author(s): 作者: Copyright: 著作権: License: ライセンス: ActionManager &New 新規(&N) &Open... 開く(&O)... &Close 閉じる(&C) &Save 保存(&S) Save &As... 名前を付けて保存(&A)... Re&vert to Saved 保存した状態に戻す(&V) Collect for O&utput... まとめて出力(&U)... Get Text... テキストを取得... Append &Text... テキストを追加(&T)... Get Image... 画像を取得... Save &Text... テキストを保存(&T)... Save as P&DF... PDF形式で保存(&D)... Document &Setup... ドキュメント設定(&S)... &Print... 印刷(&P)... Print Previe&w 印刷プレビュー(&W) &Quit 終了(&Q) &Undo 元に戻す(&U) &Redo やり直し(&R) &Item Action Mode アイテムアクションモード(&I) Cu&t 切り取り(&T) &Copy コピー(&C) &Paste 貼り付け(&P) Select &All 全て選択(&A) &Deselect All 全てを選択解除(&D) &Search/Replace... 検索/置換(&S)... Edit Image... 画像を編集... C&olors... 色(&O)... &Master Pages... マスターページ(&M)... &JavaScripts... Javascript(&J)... P&references... 設定(&R)... %1 pt %1 pt &Other... その他(&O)... &Left 左(&L) &Center 中央(&C) &Right 右(&R) &Block ブロック(&B) &Forced 強制(&F) &Normal 標準(&N) &Underline 下線(&U) Underline &Words 単語に下線を引く &Strike Through 取り消し線(&S) &All Caps 全て大文字(&A) Small &Caps スモールキャピタル(&C) Su&perscript 上付き文字(&P) Su&bscript 下付き文字(&B) S&hadow 影(&H) &Image Effects 画像のエフェクト(&I) &Tabulators... タブ(&T)... D&uplicate 複製(&U) &Multiple Duplicate 複数コピー(&M) &Delete 削除(&D) &Group グループ化(&G) &Ungroup グループ解除(&U) Is &Locked ロック(&L) Si&ze is Locked サイズをロック(&Z) Lower to &Bottom 最背面に移動(&B) Raise to &Top 最前面に移動(&T) &Lower 背面へ(&L) &Raise 前面へ(&R) Send to S&crapbook スクラップブックに送る(&C) &Attributes... 属性(&A)... More Info... 詳細な情報... I&mage Visible 画像表示が可能(&M) &Update Image 画像を更新(&U) Adjust Frame to Image フレームを画像に合わせる Extended Image Properties 拡張画像のプロパティ &Low Resolution 低解像度(&L) &Normal Resolution 標準解像度(&N) &Full Resolution 最大解像度(&F) Is PDF &Bookmark PDFブックマーク(&B) Is PDF A&nnotation PDF注釈(&N) Annotation P&roperties 注釈のプロパティ(&R) Field P&roperties フィールドのプロパティ(&R) &Edit Shape... 形状を編集(&E)... &Attach Text to Path テキストをパスに合わせる(&A) &Detach Text from Path テキストをパスから離す(&D) &Combine Polygons 多角形を結合(&C) Split &Polygons 多角形を分割(&P) &Bezier Curve ベジエ曲線(&B) &Image Frame 画像フレーム(&I) &Polygon 多角形(&P) &Text Frame テキストフレーム(&T) &Glyph... グリフ(&G)... Sample Text サンプルテキスト &Insert... 挿入(&I)... Im&port... インポート(&P)... &Delete... 削除(&D)... &Copy... コピー(&C)... &Move... 移動(&M)... &Apply Master Page... マスターページに適用(&A)... Convert to Master Page... マスターページに変換... Manage &Guides... ガイドを管理(&G)... Manage Page Properties... ページプロパティを管理... &50% &50% &75% &75% &100% &100% &200% &200% Show &Margins マージンを表示(&M) Show &Frames フレームを表示(&F) Show &Images 画像を表示(&I) Show &Grid グリッドを表示(&G) Show G&uides ガイドを表示(&U) Show &Baseline Grid ベースライングリッドを表示(&B) Show &Text Chain テキストチェーンを表示(&T) Show Control Characters 制御文字を表示 Sn&ap to Grid グリッドに合わせる(&A) Sna&p to Guides ガイドに合わせる(&P) &Properties プロパティ(&P) &Scrapbook スクラップブック(&S) &Layers レイヤー(&L) &Arrange Pages ページの配置(&A) &Bookmarks ブックマーク(&B) &Measurements 計測(&M) Action &History アクション履歴(&H) Preflight &Verifier プリフライト検証(&V) &Align and Distribute 整列と配置(&A) &Tools ツール(&T) P&DF Tools PDFツール(&D) Select Item アイテムを選択 Rotate Item アイテムを回転 Zoom in or out ズームイン/アウト Zoom in ズームイン Zoom out ズームアウト Edit Contents of Frame フレームの内容を編集 Edit Text... テキストを編集... Link Text Frames テキストフレームを繋ぐ Unlink Text Frames テキストフレームを離す &Eye Dropper スポイト(&E) Copy Item Properties アイテムのプロパティをコピー &Hyphenate Text テキストをハイフンでつなぐ(&H) Dehyphenate Text テキストのハイフンを取る &Generate Table Of Contents 目次を生成(&G) &Cascade カスケード表示(&C) &Tile タイル表示(&T) &About Scribus Scribusについて(&A) About &Qt Qtについて(&Q) Toolti&ps ツールチップ(&P) Scribus &Manual... Scribusマニュアル(&M)... Smart &Hyphen スマートハイフン(&H) Non Breaking Dash 改行なしダッシュ Non Breaking &Space 改行なしスペース(&S) Page &Number ページ番号(&N) Frame Break 改フレーム Column Break 改コラム Copyright 著作権 Registered Trademark 登録商標 Trademark 商標 Bullet 黒点 Em Dash emダッシュ En Dash enダッシュ Figure Dash フィギュアダッシュ Quotation Dash クォーテーションダッシュ Toggle Palettes パレットを切替え Toggle Guides ガイドを切替え Paste (&Absolute) 貼り付け (絶対)(&A) C&lear クリア(&L) S&tyles... スタイル(&T)... &Outline type effect アウトライン(&O) &Printing Enabled 印刷可能(&P) &Flip Horizontally 水平方向に反転(&F) &Flip Vertically 垂直方向に反転(&F) &Outlines Convert to oulines アウトライン(&O) Show Rulers 定規を表示 &Outline Document Outline Palette アウトライン(&O) Insert PDF Push Button PDFプッシュボタンを挿入 Insert PDF Text Field PDFテキストフィールドを挿入 Insert PDF Check Box PDFチェックボックスを挿入 Insert PDF Combo Box PDFコンボボックスを挿入 Insert PDF List Box PDFリストボックスを挿入 Insert Text Annotation テキストの注釈を挿入 Insert Link Annotation リンクの注釈を挿入 New Line 復帰改行 Solidus 固相線 Middle Dot 中黒 En Space Enスペース Em Space Emスペース Thin Space Thinスペース Thick Space Thickスペース Mid Space Midスペース Hair Space ヘアスペース ff ff fi fi fl fl ffi ffi ffl ffl ft ft st st Save as &EPS... EPS形式で保存(&E)... Show Text Frame Columns テキストフレームの行を表示 &Frame... フレーム(&F)... Preview Mode プレビューモード Show Layer Indicators レイヤー目印を表示 Patterns... パターン... Send to Patterns パターンに送る Sticky Tools スティッキーツール &Fit to Height 高さに合わせる(&F) Fit to Width 幅に合わせる Show Bleeds 断ち切りを表示 &Zero Width Space ゼロ幅スペース(&Z) Zero Width NB Space ゼロ幅NBスペース Apostrophe Unicode 0x0027 アポストロフィー Straight Double Unicode 0x0022 Single Left Unicode 0x2018 左シングルクォート Single Right Unicode 0x2019 右シングルクォート Double Left Unicode 0x201C 左ダブルクォート Double Right Unicode 0x201D 右ダブルクォート Single Reversed Unicode 0x201B Double Reversed Unicode 0x201F Single Left Guillemet Unicode 0x2039 左一重ギュメ Single Right Guillemet Unicode 0x203A 右一重ギュメ Double Left Guillemet Unicode 0x00AB 左二重ギュメ Double Right Guillemet Unicode 0x00BB 右二重ギュメ Low Single Comma Unicode 0x201A Low Double Comma Unicode 0x201E CJK Single Left Unicode 0x300C 始めかぎ括弧 CJK Single Right Unicode 0x300D 終わりかぎ括弧 CJK Double Left Unicode 0x300E 始め二重かぎ括弧 CJK Double Right Unicode 0x300F 終わり二重かぎ括弧 &400% &400% Insert &Text Frame テキストフレームを挿入(&T) Insert &Image Frame 画像フレームを挿入(&I) Insert T&able テーブルを挿入(&A) Insert &Shape 形状を挿入(&S) Insert &Polygon 多角形を挿入(&P) Insert &Line 線を挿入(&L) Insert &Bezier Curve ベジエ曲線を挿入(&B) Insert &Freehand Line フリーハンド線を挿入(&F) Scribus Homepage Scribusホームページ Scribus Online Documentation Scribus オンラインドキュメント Scribus Wiki Scribus Wiki Getting Started with Scribus Scribusをはじめる Show Context Menu コンテキストメニューを表示 &Manage Images 画像を管理(&M) &About Plugins プラグインについて(&A) Insert Unicode Character Begin Sequence Unicode文字の開始シーケンスを挿入 Get Vector File... ベクトルファイルを取得... Advanced Select All... 全て選択(詳細)... Edit Source... ソースを編集... Replace Colors... 色を置換... Rulers Relative to Page ページに相対する定規 Insert &Render Frame 描画フレームを挿入(&R) Check for Updates アップデートをチェック Number of Pages ページ数 Adjust Image to Frame 画像をフレームに合わせる File ファイル &File ファイル(&F) Edit 編集 &Edit 編集(&E) Style スタイル &Style スタイル(&S) Item アイテム &Item アイテム(&I) Insert 挿入 I&nsert 挿入(&N) Page ページ &Page ページ(&P) View ビュー &View ビュー(&V) Extras 拡張 E&xtras 拡張(&X) Windows ウィンドウ &Windows ウィンドウ(&W) Help ヘルプ &Help ヘルプ(&H) Plugin Menu Items プラグインメニューアイテム Others その他 Unicode Characters Unicode文字 Move/Resize Value Indicator 移動/リサイズ時に値を表示 New &from Template... テンプレートから新規作成(&F)... AdjustCmsDialog CMS Settings CMS設定 AlignDistribute Align 整列 &Selected Guide: 選択されたガイド(&S): &Relative To: 相対(&R): ... ... Distribute 配置 &Distance: 距離(&D): AlignDistributePalette Align and Distribute 整列と配置 Align 整列 Distribute 配置 &Relative to: 相対(&R): First Selected 最初に選択されたもの Last Selected 最後に選択されたもの Page ページ Margins マージン Guide ガイド Selection 選択 <qt>Align relative to the:<ul><li>First selected item</li><li>Second Selected Item</li><li>The current page</li><li>The margins of the current page</li><li>A Guide</li><li>The selection</ul></qt> The location of the selected guide to align to 選択されたガイドに合わせる位置 Align right sides of items to left side of anchor アイテムの右側をアンカーの左側に合わせます Align left sides of items to right side of anchor アイテムの左側をアンカーの右側に合わせます Align bottoms 下に揃える Align right sides 右側に揃える Align tops of items to bottom of anchor アイテムの上側をアンカーの下側に合わせます Center on vertical axis 垂直軸の中心に Align left sides 左側に揃える Center on horizontal axis 水平軸の中心に Align bottoms of items to top of anchor アイテムの下側をアンカーの上側に合わせます Align tops 上に揃える &Selected Guide: 選択されたガイド(&S): Make horizontal gaps between items equal アイテム間の水平ギャップを均等にする Make horizontal gaps between items equal to the value specified アイテム間の水平ギャップを指定された値で均等にする Distribute right sides equidistantly 右側を等間隔に配置 Distribute bottoms equidistantly 下側を等間隔に配置 Distribute centers equidistantly horizontally 中央を水平方向に等間隔に配置 Make vertical gaps between items equal アイテム間の垂直ギャップを均等にする Make vertical gaps between items equal to the value specified アイテム間の垂直ギャップを指定された値で均等にする Distribute left sides equidistantly 左側を等間隔に配置 Distribute centers equidistantly vertically 中央を垂直方向に等間隔に配置 Distribute tops equidistantly 上側を等間隔に配置 Make horizontal gaps between items and sides of page equal アイテムとページ端との間の水平ギャップを均等にする Make vertical gaps between items and the top and bottom of page equal アイテムとページの上下との間の垂直ギャップを均等にする Make horizontal gaps between items and sides of page margins equal アイテムとページ端のマージンとの間の水平ギャップを均等にする Make vertical gaps between items and the top and bottom of page margins equal アイテムとページの上下マージンとの間の垂直ギャップを均等にする &Distance: 距離(&D): Distribute the items with the distance specified 指定された間隔でアイテムを配置 None Selected 何も選択されていません Y: %1%2 Y: %1%2 X: %1%2 X: %1%2 AlignSelect Align Text Left テキストを左揃え Align Text Right テキストを右揃え Align Text Center テキストを中央揃え Align Text Justified テキストを両端揃え Align Text Forced Justified テキストを強制的に両端揃え Annot Field Properties フィールドのプロパティ Type: タイプ: Button ボタン Text Field テキストフィールド Check Box チェックボックス Combo Box コンボボックス List Box リストボックス Properties プロパティ Name: 名前: Text テキスト Font for use with PDF 1.3: PDF 1.3で利用するフォント: Border 境界 Color: 色: None なし Width: 幅: Thin 狭い Normal 標準 Wide 広い Style: スタイル: Solid 実線 Dashed 破線 Underline 下線 Beveled 斜線 Inset 挿入 Other その他 Read Only 読み込み専用 Required 必須 Visibility: 可視性: Visible 可視 Hidden 隠し No Print 印刷なし No View ビューなし Appearance 外観 Text for Button Down Button Downのテキスト Text for Roll Over Roll Overのテキスト Icons アイコン Use Icons アイコンを使用 Remove 削除 Pressed Pressed Roll Over Roll Over Icon Placement... アイコンの位置ずれ... Highlight 強調 Invert 反転 Outlined アウトライン化 Push 押す Multi-Line 複数行 Password パスワード Characters 文字 Do Not Scroll スクロールしない Do Not Spell Check スペルチェックしない Check Style: スタイルをチェック: Check チェック Cross 十字 Diamond ダイアモンド Circle Star Square 四角 Editable 編集可能 Options オプション JavaScript JavaScript Go To 移動 Submit Form 送信フォーム Reset Form リセットフォーム Import Data データをインポート Event: イベント: Mouse Up Mouse Up Mouse Down Mouse Down Mouse Enter Mouse Enter Mouse Exit Mouse Exit On Focus On Focus On Blur On Blur Script: スクリプト: Edit... 編集... Submit to URL: 以下のURLに送信: Import Data from: 以下からデータをインポート: Destination 出力先 To File: ファイルへ: Change... 変更... Page: ページ: X-Pos: 位置X: pt pt Y-Pos: 位置Y: Action アクション Field is formatted as: フィールドをフォーマット: Plain プレーン Number 数字 Percentage パーセント Date 日付 Time 時刻 Custom カスタム Number Format 数字のフォーマット Decimals: 小数: Use Currency Symbol 通貨シンボルを使用 Prepend Currency Symbol 通貨シンボルを前に追加 Formatting フォーマット中 Percent Format パーセントのフォーマット Date Format 日付のフォーマット Time Format 時刻のフォーマット Custom Scripts カスタムスクリプト Format: フォーマット: Keystroke: キー入力: Format フォーマット Value is not validated 値は認証されていません Value must be greater than or equal to: 値は等しいか大きいものでなければなりません: and less or equal to: 等しいか少ない: Custom validate script: カスタム認証スクリプト: Validate 認証 Value is not calculated 値は計算されていません Value is the 値は sum 合計 product average 平均 minimum 最小 maximum 最大 of the following fields: 以下のフィールド: Pick... 抽出... Custom calculation script: カスタム計算スクリプト: Calculate 計算 OK OK Cancel キャンセル Flag is ignored for PDF 1.3 フラグはPDF 1.3では無視されます Enter a comma separated list of fields here ここにカンマ区切りのフィールドのリストを入力してください You need at least the Icon for Normal to use Icons for Buttons ボタンにアイコンを使うには正常なアイコンが少なくとも必要です Open 開く Example: 例: Selection Change 選択を変更 PDF Files (*.pdf);;All Files (*) PDFファイル (*.pdf);;全てのファイル (*) None highlight なし Limit of 制限 Default is Checked 標準でチェック None action なし Tooltip: ツールチップ: Do Not Export Value 値を出力しない Images (*.tif *.png *.jpg *.xpm);;PostScript (*.eps *.epsi);;All Files (*) 画像 (*.tif *.png *.jpg *.xpm);;PostScript (*.eps *.epsi);;全てのファイル (*) Images (*.tif *.png *.jpg *.xpm);;%1;;All Files (*) 画像 (*.tif *.png *.jpg *.xpm);;%1;;全てのファイル (*) Export absolute Filename 完全なファイル名でエクスポート Submit format: FDF HTML XFDF PDF PDF Annota Annotation Properties 注釈のプロパティ Text テキスト Link リンク External Link 外部リンク External Web-Link 外部ウェブリンク &Type: タイプ(&T): Destination 出力先 C&hange... 変更(&H)... &Page: ページ(&P): pt pt &X-Pos 位置&X &Y-Pos: 位置&Y: Open 開く %1;;All Files (*) %1;;全てのファイル (*) Export absolute Filename 完全なファイル名でエクスポート ApplyMasterPageDialog Apply Master Page マスターページに適用 &Master Page: マスターページ(&M): Alt+P Alt+P Alt+E Alt+E Alt+D Alt+D Alt+A Alt+A Alt+W Alt+W Alt+O Alt+O Alt+C Alt+C Apply the selected master page to even, odd or all pages within the following range 選択されたマスターページを、以下の範囲内の偶数、奇数、全てのページに適用します to から Possible Hyphenation 利用可能なハイフネーション Apply to Current &Page &Even Pages O&dd Pages &All Pages 全てのページ(&A) &Within Range AspellPlugin Spell-checking support スペルチェックのサポート Adds support for spell-checking via aspell. Languages can be chosen from among the installed aspell dictionaries, and spell-checking can be done on the fly, or on selected text. 0.1 0.1 Spell Checker スペルチェッカー Aspell Plugin Error Aspellプラグインエラー AspellPluginBase Spell Check スペルチェック Replacement: 置換: &Add Word 単語を追加(&A) &Change 変更(&C) Not in Dictionary: 辞書にない: Word that was not found in the active dictionary アクティブな辞書中で見つからない単語 Replacement text for the current word that was not found in the dictionary 辞書にない現在の単語の置換テキスト Active Dictionary: アクティブな辞書: The currently active dictionary. Scribus uses aspell for dictionary support.<br />If you require updated or more dictionaries, you should install them via your system's installation system or package manager. Ignore the current text not found in the active dictionary アクティブな辞書にない現在のテキストを無視 &Ignore 無視(&I) Ignore all occurrences of the current text not found in the active dictionary I&gnore All 全て無視(&G) Add the current word to the your personal spelling dictionary for future use 将来使用するために個人的なスペル辞書に現在の単語を追加する Change the current word that was not found to that shown in the replacement entry field Change all occurrences of the current word in the text that was not found to that shown in the replacement entry field Change A&ll 全て変更(&L) Close 閉じる AspellPluginImpl Loaded 読み込み default デフォルト aspell dictionary. aspell辞書. aspellplugin (AspellPluginImpl::AspellPluginImpl): Error in aspell speller configuration. aspellplugin (AspellPluginImpl::AspellPluginImpl): Error in creating aspell speller. AspellPluginImpl::on_fskipAllBtn_clicked(): Unable to skip all instances of " by adding it to the session list. AspellPluginImpl::on_faddWordBtn_clicked(): Unable to add word to personal list. Spelling check complete スペルチェックが完了しました Spell Checker スペルチェッカー No available Aspell dictionaries found. Install some, please. Do you want start from the beginning of the selection with new language selected? AutoformButtonGroup Arrows 矢印 Flow Chart フローチャート Jigsaw ジグソー Specials 特別 Default Shapes デフォルト形状 Barcode &Barcode... バーコード(&B)... Scribus frontend for Pure PostScript Barcode Writer ピュアPostScriptバーコードライタ向けのScribusフロントエンド BarcodeGenerator 12 or 13 digits 12もしくは13桁 8 digits 8桁 11 or 12 digits 11もしくは12桁 7 or 8 digits 7もしくは8桁 5 digits 5桁 2 digits 2桁 12 or 13 digits with dashes. The legacy ISBN-10 format accepts 9 or 10 digits with dashes, but this standard was depreciated for public use after 1st January 2007. (Note: To convert an old ISBN-10 to a new ISBN-13, prefix 978- to the first 9 digits, e.g. 1-56592-479-7 -> 978-1-56592-479. The final check-digit will be calculated automatically.) Variable number of characters, digits and any of the symbols -. *$/+%. 可変の文字、数字と、いずれかのシンボル -. *$/+% Variable number of ASCII characters and special function symbols, starting with the appropriate start character for the initial character set. UCC/EAN-128s must have a mandatory FNC 1 symbol immediately following the start character. Variable number of digits and any of the symbols -$:/.+ABCD. 可変の数といずれかのシンボル -$:/.+ABCD Variable number of digits 可変の数 Variable number of digits. An ITF-14 is 14 characters and does not have a check digit Variable number of digits and capital letters 可変の数と大文字 Variable number of hexadecimal characters 可変の16進文字 Select Type タイプを選択 Select Barcode Type バーコードタイプを選択 Error opening file: %1 ファイルを開く際のエラー: %1 Barcode incomplete バーコードが不完全です BarcodeGeneratorBase &Type: タイプ(&T): Co&de: コード(&D): Select one of the available barcode type here 利用可能なバーコードの種類を選択してください The numeric representation of the code itself. See the help message below コードそのものを表す数字です。以下のヘルプメッセージを参照してください。 Reset the barcode samples バーコードのサンプルをリセット Alt+I Alt+I If checked, there will be numbers in the barcode too チェックすると、バーコードに数字も追加します Alt+G Alt+G Draw arrows to be sure of space next the code 次のコードとのスペースを保つために矢印を表示します Alt+N Alt+N Generate and include a checksum in barcode バーコードにチェックサムを含めて生成する Alt+U Alt+U Include the checksum digit in the barcode text バーコードテキストにチェックデジットを含める Colors &Background 背景(&B) Alt+B Alt+B Background color - under the code lines 背景色 - コードの線の背景 &Lines 線(&L) Alt+L Alt+L Color of the lines in barcode バーコードの線の色 &Text テキスト(&T) Alt+T Alt+T Color of the text and numbers テキストと数字の色 Hints and help is shown here ヒントとヘルプがここに表示されます Preview of the result. 72dpi sample. 結果のプレビュー. 72dpiのサンプル Insert Barcode バーコードを挿入 Format フォーマット Incl&ude Checksum Digit I&nclude Checksum &Guard Whitespace &Include Text in Barcode Biblio Rename 名前を変更 Delete 削除 Scrapbook スクラップブック Name "%1" is not unique. Please choose another. 名前 "%1" はすでに存在します。 他のものを選択してください。 Object オブジェクト &Name: 名前(&N): New Entry 新規エントリ Choose a Scrapbook Directory スクラップブックのディレクトリを選択 Choose a scrapbook file to import インポートするスクラップブックファイルを選択 Choose a Directory ディレクトリを選択 Create a new scrapbook page 新規スクラップブックページを作成 Load an existing scrapbook 既存のスクラップブックを読み込む Save the selected scrapbook 選択されたスクラップブックを保存 Import an scrapbook file from Scribus <=1.3.2 Scribus 1.3.2以下からスクラップブックファイルをインポート Close the selected scrapbook 選択されたスクラップブックを閉じる Copy To: コピー: Move To: 移動: Main メイン Copied Items コピーされたアイテム New Name 新しい名前: Scrapbook (*.scs *.SCS) スクラップブック (*.scs *.SCS) Paste to Page ページに貼り付け Save as... 名前を付けて保存... Close 閉じる Delete Contents 内容を削除 Do you really want to delete all entries? 本当に全てのエントリを削除しますか? BookPalette Bookmarks ブックマーク ButtonIcon Icon Placement アイコンの位置ずれ Layout: レイアウト: Caption only キャプションのみ Icon only アイコンのみ Caption below Icon アイコンの下にキャプション Caption above Icon アイコンの上にキャプション Caption right to Icon アイコンの右にキャプション Caption left to Icon アイコンの左にキャプション Scale: 倍率: Always 常に When Icon is too small アイコンが小さすぎるとき When Icon is too big アイコンが大きすぎるとき Never しない Scale How: 倍率の大きさ: Proportional プロポーショナル Non Proportional 非プロポーショナル Icon アイコン OK OK Cancel キャンセル Reset リセット Caption overlays Icon アイコンにオーバーレイでキャプション CMSPrefs Perceptual 知覚 Relative Colorimetric 相対的な色彩 Saturation 彩度 Absolute Colorimetric 絶対的な色彩 CMSPrefsBase Form フォーム &Activate Color Management カラーマネージメントを有効に(&A) System Profiles システムプロファイル &RGB Images: RGB画像(&R): Default color profile for imported RGB images インポートしたRGB画像の標準カラープロファイル &CMYK Images: CMYK画像(&C): Default color profile for imported CMYK images インポートしたCMYK画像の標準カラープロファイル &RGB Solid Colors: RGB単色(&R): Default color profile for solid RGB colors on the page ページのRGB単色の標準カラープロファイル &CMYK Solid Colors: CMYK単色(&C): Default color profile for solid CMYK colors on the page ページのCMYK単色の標準カラープロファイル &Monitor: モニタ(&M): Color profile that you have generated or received from the manufacturer. This profile should be specific to your monitor and not a generic profile (i.e. sRGB). 自分で作成したか、メーカから受け取ったカラープロファイルです。 このプロファイルはモニタ特有のものであり、一般的なプロファイル(例 sRGB)ではありません。 P&rinter: プリンタ(&R): Color profile for your printer model from the manufacturer. This profile should be specific to your printer and not a generic profile (i.e. sRGB). メーカから出されている、プリンタモデル向けのカラープロファイルです。 このプロファイルはプリンタ特有のものであり、一般的なプロファイル(例 sRGB)ではありません。 Rendering Intents レンダリングインテント Images: 画像: Default rendering intent for images. Unless you know why to change it, Relative Colorimetric or Perceptual should be chosen. 画像のレンダリングインテントです。変更する理由が分からなければ、 相対的な色彩もしくは知覚を選択してください。 Sol&id Colors: 単色(&I): Default rendering intent for solid colors. Unless you know why to change it, Relative Colorimetric or Perceptual should be chosen. 単色の標準レンダリングインテントです。変更する理由が分からなければ、 相対的な色彩もしくは知覚を選択してください。 Enable 'soft proofing' of how your document colors will print, based on the chosen printer profile. 選択されたプリンタプロファイルに基づいて、ドキュメントカラーがどのように印刷されるかという'soft-proofing'を有効にします。 Sim&ulate Printer on the Screen 画面上でプリンタをシミュレートする(&U) Simulate a full color managed environment : all colors, rgb or cmyk, are converted to printer color space. フルカラー管理環境のシミュレート: rgbもしくはcmykの全ての色は、プリンタ色空間に変換されます。 Convert all colors to printer space 全ての色をプリンタ空間に変換する Method of showing colors on the screen which may not print properly. This requires very accurate profiles and serves only as a warning. 画面上での色の表示方法であり、正しく印刷されない可能性があります。 これは非常に正確なプロファイルが必要で、警告としてのみ有効です。 Mark Colors out of &Gamut 範囲外の色をマークする Black Point Compensation is a method of improving contrast in photos. It is recommended that you enable this if you have photos in your document. 黒点補正は写真のコントラストを改善する手法です。 ドキュメント中に写真がある場合は、これを有効にすることを推奨します。 Use &Blackpoint Compensation 黒点補正を使用(&B) CMYKChoose Edit Color 色を編集 &Name: 名前(&N): Color &Model カラーモデル(&M) CMYK CMYK RGB RGB Web Safe RGB Webセーフ RGB Is Spot Color スポットカラー New 新規 Old 前の色 C: C: % % M: M: Y: Y: K: K: Dynamic Color Bars ダイナミックカラーバー Static Color Bars スタティックカラーバー R: R: G: G: B: B: You cannot create a color named "%1". It is a reserved name for transparent color "%1"という名前の色を作成できません。 透明色の名前として予約されています。 The name of the color already exists, please choose another one. その色の名前は既に存在します、 他のものを選択してください。 Choosing this will make this color a spot color, thus creating another spot when creating plates or separations. This is used most often when a logo or other color needs exact representation or cannot be replicated with CMYK inks. Metallic and fluorescent inks are good examples which cannot be easily replicated with CMYK inks. If color management is enabled, a triangle warning indicator is a warning that the color maybe outside of the color gamut of the current printer profile selected. What this means is the color may not print exactly as indicated on screen. More hints about gamut warnings are in the online help under Color Management. You cannot create a color without a name Please give it a name 名前を付けずに色を作成することはできません。 名前を付けてください。 HSV Color Map HSVカラーマップ CWDialog Color Wheel カラーホイール Click the wheel to get the base color. Its color model depends on the chosen tab. べースカラーを取得するためにホイールをクリックしてください。カラーモデルは選択されたタブに依存します。 Result Colors 出力色 CMYK CMYK RGB RGB HSV HSV Colors of your chosen color scheme. 選択したカラースキームの色 Color Scheme Method カラースキームメソッド Angle: 角度: Difference between the selected value and the counted ones. Refer to documentation for more information. 選択された値と他のものの間の差です。詳細はドキュメントを参照してください。 Select one of the methods to create a color scheme. Refer to documentation for more information. カラースキームを作成するメソッドを選択してください。詳細な情報はドキュメントを参照してください。 Merge created colors into the document colors 作成された色をドキュメントカラーにマージする &Merge マージ(&M) Alt+M Alt+M Replace created colors in the document colors ドキュメントカラー中で作成された色を置換する &Replace 置換(&R) Alt+R Alt+R Leave colors untouched 色を触らないでおく &Cancel キャンセル(&C) Alt+C Alt+C Preview: プレビュー: Sample color scheme. サンプルカラースキーム Simulate common vision defects here. Select type of the defect. ここで一般的な色覚異常をシミュレートします。色覚異常の型を選択してください。 Vision Defect Type: 視覚異常のタイプ: C: C: % % M: M: Y: Y: K: K: RGB: RGB: HSV: HSV: R: R: G: G: B: B: CMYK: CMYK: H: H: S: S: V: V: Document ドキュメント Merging colors 色をマージ中 Error: エラー: Color %1 exists already! 色 %1 はすでに存在しています! Color %1 appended. 色 %1 が追加されました Now opening the color manager. カラー管理を開いています Color Merging 色をマージ中 Unable to find the requested color. You have probably selected black, gray or white. There is no way to process this color. 要求された色が見つかりませんでした。黒、グレーもしくは白を選択したものだと思われます。この色を処理しようがありません。 Canvas X: %1 Y: %2 X: %1 Y: %2 X: %1 X: %1 Y: %1 Y: %1 Length: %1 Angle: %2 長さ: %1 角度: %2 Width: %1 Height: %2 幅: %1 高さ: %2 CanvasMode_EyeDropper The selected color does not exist in the document's color set. Please enter a name for this new color. 選択された色はドキュメントのカラーセットの中に存在しません。この新しい色の名前を入力してください。 Color Not Found 色が見つかりません The name you have selected already exists. Please enter a different name for this new color. 選択された名前はすでに使用されています。この新しい色に別の名前を入力してください。 CanvasMode_Normal All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット Open 開く CharSelect Character Palette 文字パレット Hide/Show Enhanced Palette 拡張パレットを隠す/表示 Scribus Char Palette (*.ucp);;All Files (*) Scribus文字パレット (*.ucp);;全てのファイル (*) Choose a filename to open 開くファイル名を選択 Error エラー Error reading file %1 - file is corrupted propably. ファイル %1 の読み込み中にエラー - おそらくファイルが破損しています。 Save Quick Character Palette クイック文字パレットを保存 Cannot write file %1 ファイル %1 を書き込めません Empty the Palette? パレットを空にしますか? You will remove all characters from this palette. Are you sure? このパレットからすべての文字を削除します。本当に行いますか? CharSelectEnhanced Full Character Set 全キャラクタセット Basic Latin 基本ラテン Latin-1 Supplement ラテン-1補助 Latin Extended-A ラテン拡張A Latin Extended-B ラテン拡張B General Punctuation 一般句読点 Super- and Subscripts 上-下付き文字 Currency Symbols 通貨シンボル Letterlike Symbols 文字様記号 Number Forms 数字の形 Arrows 矢印 Mathematical Operators 数学記号 Box Drawing 罫線素片 Block Elements ブロック要素 Geometric Shapes 幾何学形状 Miscellaneous Symbols その他の記号 Dingbats 装飾記号 Small Form Variants Ligatures リガチャ Specials 特別 Greek ギリシャ語 Greek Extended ギリシャ拡張 Cyrillic キリル Cyrillic Supplement キリル補助 Arabic アラビア Arabic Extended A アラビア拡張A Arabic Extended B アラビア拡張B Hebrew ヘブライ Enhanced Character Palette 拡張文字パレット &Font: フォント(&F): C&haracter Class: 文字クラス(&H): You can see a thumbnail if you press and hold down the right mouse button. The Insert key inserts a Glyph into the Selection below and the Delete key removes the last inserted one Insert &Code: コードを挿入(&C): Glyphs to Insert 挿入するグリフ Insert the characters at the cursor in the text テキスト中のカーソルの文字を挿入 &Insert 挿入(&I) Delete the current selection(s). 現在選択しているものを削除 C&lear クリア(&L) Type in a four digit Unicode value directly here ここに直接4桁のUnicode値を入力してください CharStyleComboBox No Style スタイルなし CharTableView Delete 削除 CheckDocument Glyphs missing グリフが見つかりません Text overflow テキストがあふれています Object is not on a Page オブジェクトはページ上にありません Missing Image 画像が見つかりません Object has transparency オブジェクトは透明です Object is a PDF Annotation or Field オブジェクトはPDF注釈もしくはフィールドです Object is a placed PDF オブジェクトは配置されたPDFです Document ドキュメント No Problems found 問題は見つかりませんでした Page ページ Free Objects フリーオブジェクト Preflight Verifier プリフライト検証 Items アイテム Problems 問題 Current Profile: 現在のプロファイル: &Ignore Errors エラーを無視(&I) Check again 再チェック Image is GIF GIF画像です OK OK Transparency used 透明度が使用されています Blendmode used 合成モードが使用されています Layer "%1" レイヤー "%1" Annotation uses a non TrueType font 注釈でTrueTypeフォントでないものが使用されています Preflight profile to base the report generation on. Options can be set in Document Setup or Preferences Ignore found errors and continue to export or print. Be sure to understand the errors you are ignoring before continuing. Rerun the document scan to check corrections you may have made Empty Image Frame 画像フレームを空に Layers レイヤー Issue(s): %1 Master Pages マスターページ Layer Image resolution below %1 DPI, currently %2 x %3 DPI Image resolution above %1 DPI, currently %2 x %3 DPI CollectForOutput Choose a Directory ディレクトリを選択 Collecting... まとめ中... Cannot collect the file: %1 ファイルをまとめることができません: %1 Cannot collect all files for output for file: %1 全てのファイルを出力ファイルにまとめることができません: %1 ColorManager Colors &Import インポート(&I) &New 新規(&N) &Edit 編集(&E) D&uplicate 複製(&U) &Delete 削除(&D) &Remove Unused 使用しないものを削除(&R) Color Sets カラーセット Current Color Set: 現在のカラーセット: &Save Color Set カラーセットを保存(&S) Choose a color set to load 読み込むカラーセットを選択 Save the current color set 現在のカラーセットを保存 Remove unused colors from current document's color set 現在のドキュメントのカラーセットから使用されていない色を削除します Import colors to the current set from an existing document 既存のドキュメントから現在のセットに色をインポート Create a new color within the current set 現在のセット中に新しい色を作成します Edit the currently selected color 現在選択されている色を編集 Make a copy of the currently selected color 現在選択されている色のコピーを作成 Delete the currently selected color 現在選択されている色を削除 Make the current colorset the default color set 現在の色をデフォルトのカラーセットに設定する &Name: 名前(&N): Choose a Name 名前を選択 Copy of %1 %1のコピー New Color 新しい色 Information 情報 The file %1 does not contain colors which can be imported. If the file was a PostScript-based, try to import it with File -&gt; Import. Not all files have DSC conformant comments where the color descriptions are located. This prevents importing colors from some files. See the Edit Colors section of the documentation for more details. If color management is enabled, a triangle warning indicator is a warning that the color maybe outside of the color gamut of the current printer profile selected. What this means is the color may not print exactly as indicated on screen. Spot colors are indicated by a red circle. More hints about gamut warnings are in the online help under Color Management. Registration colors will have a registration mark next to the color. Use Registration only for printers marks and crop marks. All Supported Formats (%1);;Documents (%2);;Other Files (%3);;All Files (*) 全てのサポートしているファイル (%1);;ドキュメント (%2);;他のファイル (%3);;全てのファイル (*) Import Colors 色をインポート ColorWheel Monochromatic 単色 Analogous 類似色 Complementary 補色 Split Complementary 分裂補色 Triadic トライアド配色 Tetradic (Double Complementary) テトラード配色 (二重補色) Base Color 基調色 Monochromatic Light 明るい単色 Monochromatic Dark 暗い単色 1st. Analogous 第1類似色 2nd. Analogous 第2類似色 1st. Split 第1分裂色 2nd. Split 第2分裂色 3rd. Split 第3分裂色 4th. Split 第4分裂色 1st. Triadic 第1トライアド 2nd. Triadic 第2トライアド 1st. Tetradic (base opposite) 第1テトラード(反対基調) 2nd. Tetradic (angle) 第2テトラード(角度) 3rd. Tetradic (angle opposite) 第3テトラード(反対角度) ColorWheelPlugin &Color Wheel... カラーホイール(&C)... Color setting helper 色設定ヘルパー Color selector with color theory included. カラー理論を含んだカラーセレクタ CommonStrings &Apply 適用(&A) &Cancel キャンセル(&C) None なし &OK OK(&O) &Save 保存(&S) Warning 警告 None color name なし Custom CommonStrings, custom page size カスタム Single Page 単一ページ Double Sided 両面 3-Fold 三つ折り 4-Fold 四つ折り Monday 月曜日 Tuesday 火曜日 Wednesday 水曜日 Thursday 木曜日 Friday 金曜日 Saturday 土曜日 Sunday 日曜日 January 1月 February 2月 March 3月 April 4月 May 5月 June 6月 July 6月 August 8月 September 9月 October 10月 November 11月 December 12月 Yes はい No いいえ &Yes はい(&Y) &No いいえ(&N) Left Page Left page location 左ページ Middle Middle page location 中央ページ Middle Left Middle Left page location 中央左ページ Middle Right Middle Right page location 中央右ページ Right Page Right page location 右ページ Normal Default single master page 標準 Normal Left Default left master page 標準 左 Normal Middle Default middle master page 標準 中央ページ Normal Right Default right master page 標準 右 Normal Vision Color Blindness - Normal Vision 正常視力 Protanopia (Red) Color Blindness - Red Color Blind 赤色覚異常 Deuteranopia (Green) Color Blindness - Greed Color Blind 緑色覚異常 Tritanopia (Blue) Color Blindness - Blue Color Blind 青黄色覚異常 Full Color Blindness Color Blindness - Full Color Blindness 全色覚異常 Custom: Custom Tab Fill Option カスタム: Solid Line 実線 Dashed Line 破線 Dotted Line 点線 Dash Dot Line 破点線 Dash Dot Dot Line 破点点線 None Optical Margin Setting なし Left Protruding Optical Margin Setting 左に突出 Right Protruding Optical Margin Setting 右に突出 Default Optical Margin Setting デフォルト Min. Word Tracking 最小のワードトラッキング Max. Word Tracking 最大のワードトラッキング Min. Glyph Extension 最小のグリフ拡張 Max. Glyph Extension 最大のグリフ拡張 RGB Colorspace RGB CMYK Colorspace CMYK Grayscale Colorspace グレースケール Duotone Colorspace 2色網版 Unknown Colorspace (Unknown) 不明 PostScript PostScript Text Frame テキストフレーム Image Frame 画像フレーム Line Polygon 多角形 Polyline ポリライン Text on a Path パス上のテキスト PDF Push Button PDFプッシュボタン PDF Text Field PDFテキストフィールド PDF Check Box PDFチェックボックス PDF Combo Box PDFコンボボックス PDF List Box PDFリストボックス PDF Text Annotation PDFテキスト注釈 PDF Link Annotation PDFリンク注釈 PostScript Level 1 PostScript レベル1 PostScript Level 2 PostScript レベル2 PostScript Level 3 PostScript レベル3 Windows GDI Windows GDI Render Frame フレームを描画 Default Paragraph Style 標準段落スタイル Default Character Style 標準文字スタイル Default Line Style 標準線スタイル Multiple Multiple frame types 複数 Left Hanging Punctuation Optical Margin Setting 左に句読点のぶら下げ Right Hanging Punctuation Optical Margin Setting 右に句読点のぶら下げ ContextMenu Preview Settings プレビュー設定 Paste File... ファイルを貼り付け... Delete Page ページを削除 Paste Image from Clipboard クリップボードから画像を貼り付け CopyPageToMasterPageBase Convert Page to Master Page ページをマスターページに変換 Name: 名前: Copy Applied Master Page Items マスタページに適用されたアイテムをコピー CopyPageToMasterPageDialog New Master Page %1 新規マスターページ %1 Cpalette pt pt % % Shade: 色の濃さ: Opacity: 不透明度: Move Vector ベクトルを移動 Normal 標準 Horizontal Gradient 水平グラディエント Vertical Gradient 垂直グラディエント Diagonal Gradient 対角グラディエント Cross Diagonal Gradient クロス対角グラディエント Radial Gradient 放射グラディエント Free linear Gradient 自由直線グラディエント Free radial Gradient 自由放射グラディエント Edit Line Color Properties 線の色のプロパティを編集 Edit Fill Color Properties 塗りつぶし色のプロパティを編集 Saturation of color 色の彩度 Normal or gradient fill method 標準もしくはグラディエントの塗りつぶし方 Set the transparency for the color selected 選択した色の透明度を設定してください Move the start of the gradient vector with the left mouse button pressed and move the end of the gradient vector with the right mouse button pressed Transparency Settings 透明度の設定 Blend Mode: 合成モード: Darken 暗くする Lighten 明るくする Multiply 乗算 Screen スクリーン Overlay オーバーレイ Hard Light ハードライト Soft Light ソフトライト Difference 差の絶対値 Color Dodge 覆い焼きカラー Color Burn 焼き込み Hue 色合い Saturation 彩度 Color Luminosity 輝度 Offsets オフセット X: X: Y: Y: Scaling 倍率 Rotation 回転 Angle 角度 Pattern パターン Exclusion 除外 X-Scale: 倍率X: Y-Scale: 倍率Y: Display only used Colors 使用中の色のみ表示 Display all colors from the document color list, or only the already used colors ドキュメントカラーリストの全ての色か、すでに使用されている色のみ表示 CreateRange Create Range 範囲を作成 Number of Pages in Document: ドキュメント中のページ数: Doc Page Range ドキュメントページの範囲 Basic Range Selection 基本的な範囲選択 Range of Pages ページ範囲 De&lete 削除(&L) Alt+L Alt+L Move &Down 下に移動(&D) Alt+D Alt+D Move &Up 上に移動(&U) Alt+U Alt+U Add a Range of Pages 指定範囲を追加 Consecutive Pages 連続ページ Even Pages 偶数ページ From: From: To: To: &Add To Range 範囲に追加(&A) Alt+A Alt+A Odd Pages 奇数ページ Comma Separated List カンマ区切りのリスト Advanced Reordering 詳細な並べ替え Page Order ページオーダー Sample Page Order: サンプルページ順: Page Group Size: ページグループサイズ: &OK OK(&O) Alt+O Alt+O &Cancel キャンセル(&C) Alt+C Alt+C CsvDialog CSV Importer Options CSVインポータオプション Field delimiter: フィールド区切り: (TAB) (TAB) Value delimiter: 値の区切り: First row is a header 最初の行をヘッダにする OK OK Cancel キャンセル None delimiter なし CupsOptions Printer Options プリンタオプション Page Set ページセット All Pages 全てのページ Even Pages only 偶数ページのみ Odd Pages only 奇数ページのみ Orientation 方向 Portrait 縦方向 Landscape 横方向 N-Up Printing 集約印刷 Page per Sheet シートあたりのページ数 Pages per Sheet シートあたりのページ数 Option オプション Value This panel displays various CUPS options when printing. The exact parameters available will depend on your printer driver. You can confirm CUPS support by selecting Help > About. Look for the listings: C-C-T These equate to C=CUPS C=littlecms T=TIFF support. Missing library support is indicated by a * このパネルでは印刷時の各種CUPSオプションを表示します。利用可能な正確なパラメータは、プリンタドライバに依存します。CUPSがサポートされているか ヘルプ > Scribusについて を選択して確認してください。リストを参照してください: C-C-T はC=CUPS C=littlecms T=TIFF サポートと同等です。ライブラリのサポートがない場合は * で表示されます。 Mirror ミラー CurveWidget Open 開く Curve Files (*.scu);;All Files (*) 曲線ファイル (*.scu);;全てのファイル (*) Save as 名前を付けて保存 Cannot write the file: %1 ファイルを書き込めません: %1 Inverts the curve 曲線を反転 Resets the curve 曲線をリセット Switches between linear and cubic interpolation of the curve 曲線の直線補間と3次補間を切り替えます Loads a curve 曲線を読み込み Saves this curve この曲線を保存 CustomFDialog &Compress File ファイルを圧縮(&C) &Include Fonts フォントを含める(&I) Encoding: エンコーディング: Show Preview プレビューを表示 &Include Color Profiles カラープロファイルを含む(&I) Show a preview and information for the selected file 選択したファイルのプレビューと情報を表示 Compress the Scribus document on save 保存時にScribusドキュメントを圧縮 Include fonts when collecting files for the document. Be sure to know and understand licensing information for any fonts you collect and possibly redistribute. Include color profiles when collecting files for the document DashEditor Value: 値: Offset: オフセット: DeferredTask Cancelled by user ユーザによってキャンセルされました DelColor Delete Color 色を削除 Delete Color: 色を削除: Replace With: 以下で置換: DelPages Delete Pages ページを削除 Delete From: 削除: to: to: DocIm Importing failed インポートに失敗しました Importing Word document failed %1 Wordドキュメントのインポートに失敗しました %1 DocInfos Document Information ドキュメント情報 &Title: タイトル(&T): &Author: 作者(&A): &Keywords: キーワード(&K): Descri&ption: 詳細(&P): P&ublisher: 発行者(&U): &Contributors: 寄稿者(&C): Dat&e: 日付(&E): T&ype: タイプ(&Y): F&ormat: フォーマット(&O): Identi&fier: 識別子(&F): &Source: ソース(&S): &Language: 言語(&L): &Relation: 関連(&R): Co&verage: 範囲(&V): Ri&ghts: 権利(&G): Documen&t ドキュメント(&T) Further &Information 詳細情報(&I) The person or organisation primarily responsible for making the content of the document. This field can be embedded in the Scribus document for reference, as well as in the metadata of a PDF A name given to the document. This field can be embedded in the Scribus document for reference, as well as in the metadata of a PDF An account of the content of the document. This field is for a brief description or abstract of the document. It is embedded in the PDF on export The topic of the content of the document. This field is for document keywords you wish to embed in a PDF, to assist searches and indexing of PDF files A person or organisation responsible for making the document available A person or organisation responsible for making contributions to the content of the document A date associated with an event in the life cycle of the document, in YYYY-MM-DD format, as per ISO 8601 The nature or genre of the content of the document, eg. categories, functions, genres, etc The physical or digital manifestation of the document. Media type and dimensions would be worth noting. RFC2045,RFC2046 for MIME types are also useful here An unambiguous reference to the document within a given context such as ISBN or URI A reference to a document from which the present document is derived, eg. ISBN or URI The language in which the content of the document is written, usually a ISO-639 language code optionally suffixed with a hypen and an ISO-3166 country code, eg. en-GB, fr-CH A reference to a related document, possibly using a formal identifier such as a ISBN or URI The extent or scope of the content of the document, possibly including location, time and jurisdiction ranges Information about rights held in and over the document, eg. copyright, patent or trademark DocSections Document Sections ドキュメントセクション &Add 追加(&A) Alt+A Alt+A &Delete 削除(&D) Alt+D Alt+D Name 名前 Shown 表示 From From To To Style スタイル Start 開始 Add a page numbering section to the document. The new section will be added after the currently selected section. Delete the currently selected section. 現在選択されているセクションを削除 <b>Name:</b> Optional name for section eg. Index<br/><b>Shown:</b> Select to show the page numbers in this section if there is one or more text frames setup to do so.<br/><b>From:</b> The page index for this section to start at.<br/><b>To:</b> The page index for this section to stop at.<br/><b>Style:</b> Select the page number style to be used.<br/><b>Start:</b> The index within the Style's range to star at. Eg. If Start=2 and Style=a,b,c, ..., the numbers will begin at b. For the first section in the document this replaces the older First Page Number in the new file window. 1, 2, 3, ... 1, 2, 3, ... i, ii, iii, ... i, ii, iii, ... I, II, III, ... I, II, III, ... a, b, c, ... a, b, c, ... A, B, C, ... A, B, C, ... Page Number Out Of Bounds ページ番号が区域を越えています The value you have entered is outside the range of page numbers in the current document (%1-%2). DocumentItemAttributes Document Item Attributes ドキュメントアイテム属性 &Add 追加(&A) Alt+A Alt+A &Copy コピー(&C) Alt+C Alt+C &Delete 削除(&D) Alt+D Alt+D C&lear クリア(&L) Alt+L Alt+L Name 名前 Type タイプ Value Parameter パラメータ Relationship 関連 Relationship To 関連先 Auto Add To 自動追加先 Relates To 関連している Is Parent Of 以下の親 Is Child Of 以下の子 Text Frames テキストフレーム Image Frames 画像フレーム Boolean ブール値 Integer 整数 Real Number 実数 String 文字列 None relationship なし None auto add なし None types なし EPSPlug Importing File: %1 failed! ファイルのインポート: %1 に失敗しました! Fatal Error 致命的なエラー Analyzing PostScript: PostScriptを解析: Generating Items アイテムを生成 Converting of %1 images failed! %1 画像の変換に失敗しました! Error エラー Group%1 グループ%1 Importing: %1 インポート中: %1 EditToolBar Edit 編集 Editor Editor エディタ &New 新規(&N) &Open... 開く(&O)... Save &As... 名前を付けて保存(&A)... &Save and Exit 保存して終了(&S) &Exit without Saving 保存せずに終了(&E) &Undo 元に戻す(&U) &Redo やり直し(&R) Cu&t 切り取り(&T) &Copy コピー(&C) &Paste 貼り付け(&P) C&lear クリア(&L) &Get Field Names フィールド名を取得(&G) &File ファイル(&F) &Edit 編集(&E) JavaScripts (*.js);;All Files (*) JavaScript (*.js);;全てのファイル (*) Ctrl+N Ctrl+N Ctrl+Z Ctrl+Z Ctrl+X Ctrl+X Ctrl+C Ctrl+C Ctrl-V Ctrl-V EffectsDialog Image Effects 画像のエフェクト Options: オプション: Color: 色: Shade: 色の濃さ: Brightness: 輝度: Contrast: コントラスト: Radius: 半径: Value: 値: Posterize: ポスタライズ: Available Effects 利用可能なエフェクト Blur ブラー Brightness 輝度 Colorize 色を付ける Contrast コントラスト Grayscale グレースケール Invert 反転 Posterize ポスタライズ >> >> << << Effects in use エフェクトは使用中です OK OK Cancel キャンセル Sharpen 強調 Color 1: 色 1: Color 2: 色 2: Color 3: 色3: Color 4: 色4: Duotone 2色網版 Tritone 3色網版 Quadtone 4トーン Curves 曲線 ExportBitmap File exists. Overwrite? ファイルは存在します。上書きしますか? exists already. Overwrite? すでに存在します。上書きしますか? Save as Image 画像として保存 Insufficient memory for this image size. この画像サイズを扱うにはメモリが不足しています。 Error writing the output file(s). 出力ファイルの書き込み中にエラー ExportForm Choose a Export Directory エクスポートするディレクトリを選択 Export as Image(s) 画像としてエクスポート &Export to Directory: エクスポートするディレクトリ(&E): C&hange... 変更(&H)... Options オプション Image &Type: 画像タイプ(&T): &Quality: 品質(&Q): &Resolution: 解像度(&R): &Size: サイズ(&S): % % dpi dpi Range 範囲 &Current page 現在のページ(&C) &All pages 全てのページ(&A) &Range 範囲(&R) Export a range of pages 指定範囲をエクスポート Insert a comma separated list of tokens where a token can be * for all the pages, 1-5 for a range of pages or a single page number. カンマで区切られたトークンのリストを入力してください。 トークンは*で全てのページを、1-5のようにしてページ範囲を、 もしくは単一のページ番号が利用できます。 Export all pages 全てのページをエクスポート Export only the current page 現在のページのみエクスポート Resolution of the Images Use 72 dpi for Images intended for the Screen 画像の解像度 画面向けの画像には72 dpiを使用してください Size of the images. 100% for no changes, 200% for two times larger etc. 画像のサイズ。100%では変化せず、200%では2倍大きくなります。 Available export formats エクスポート可能なフォーマット The output directory - the place to store your images. Name of the export file will be 'documentname-pagenumber.filetype' 出力ディレクトリ - 画像を保存する場所です。 出力ファイル名は 'ドキュメント名-ページ番号.ファイルタイプ' になります。 Change the output directory 出力ディレクトリを変更 Image size in Pixels ピクセルでの画像サイズ TextLabel TextLabel The compression ratio of your images - 100% is no compression, 0% highest compression. If in doubt, use 'Automatic' Automatic 自動 ExtImageProps Extended Image Properties 拡張画像のプロパティ Normal 標準 Darken 暗くする Lighten 明るくする Hue 色合い Saturation 彩度 Color Luminosity 輝度 Multiply 乗算 Screen スクリーン Dissolve ディソルブ Overlay オーバーレイ Hard Light ハードライト Soft Light ソフトライト Difference 差の絶対値 Exclusion 除外 Color Dodge 覆い焼きカラー Color Burn 焼き込み Blend Mode: 合成モード: Opacity: 不透明度: % % Name 名前 Layers レイヤー Don't use any Path どのパスも使用しない Paths パス Live Preview ライブプレビュー FDialogPreview Size: サイズ: Resolution: 解像度: DPI DPI Unknown 不明 Colorspace: 色空間: Title: タイトル: No Title タイトルなし Author: 作者: Scribus Document Scribusドキュメント File Format: ファイルフォーマット: FileLoader Some fonts used by this document have been substituted: このドキュメントで使用されているいくつかのフォントは置換されました: was replaced by: は以下で置換されます: FileToolBar File ファイル FontComboH Face: フェース: Style: スタイル: FontListModel Font Name フォント名 Use Font フォントの使用 Family ファミリー Style スタイル Variant バリアント Type タイプ Format フォーマット Embed in PostScript PostScriptに埋め込む Subset サブセット Access アクセス Used in Doc ドキュメントで使用 Path to Font File フォントファイルのパス Unknown font type 不明 Unknown font format 不明 User font preview ユーザ System font preview システム Click to change the value クリックして値を変更してください FontPrefs Available Fonts 利用可能なフォント Font Substitutions フォント置換 Additional Paths 追加パス &Available Fonts 利用可能なフォント(&A) Font Name フォント名 Replacement 代替フォント &Delete 削除(&D) Font &Substitutions フォント置換(&S) C&hange... 変更(&H)... A&dd... 追加(&D)... &Remove 削除(&R) Additional &Paths 追加パス(&P) Choose a Directory ディレクトリを選択 Font search paths can only be set in File > Preferences, and only when there is no document currently open. Close any open documents, then use File > Preferences > Fonts to change the font search path. FontPreview Fonts Preview フォントプレビュー &Quick Search: クイックサーチ(&Q): &Font Size: フォントサイズ(&F): Text テキスト Sample text to display 表示するサンプルテキスト Se&t 設定(&T) Alt+T Alt+T Reset the text テキストをリセット &Close 閉じる(&C) Alt+C Alt+C &Default デフォルト(&D) Woven silk pyjamas exchanged for blue quartz font preview Woven silk pyjamas exchanged for blue quartz Leave preview font preview プレビューを終了 Typing the text here provides quick searching in the font names. Searching is case insensitive. The given text is taken as substring. Size of the selected font 選択されたフォントのサイズ Show Extended Font Information 詳細なフォント情報を表示 Set the preview text プレビューテキストを設定します FontPreviewPlugin &Font Preview... フォントプレビュー(&F)... Font Preview dialog フォントプレビューダイアログ Sorting, searching and browsing available fonts. 利用可能なフォントをソート、検索、ブラウズしています FontReplaceDialog Font Substitution フォント置換 This document contains some fonts that are not installed on your system, please choose a suitable replacement for them. Cancel will stop the document from loading. このドキュメントはシステムにインストールされていないフォントを含んでいるので、適切な代替フォントを選択してください。キャンセルすると、ドキュメントの読み込みを中止します。 Original Font 元のフォント Substitution Font 代替フォント Make these substitutions permanent これらの置換を常に行う Cancels these font substitutions and stops loading the document. これらのフォント代替をキャンセルしてドキュメントの読み込みを止めます。 Enabling this tells Scribus to use these replacements for missing fonts permanently in all future layouts. This can be reverted or changed in Edit > Preferences > Fonts. If you select OK, then save, these substitutions are made permanent in the document. OKを選択すると保存され、これらの置換はドキュメントで今後ずっと使用されます。 GradientEditor Position: 位置: % % Add, change or remove color stops here ここにカラーストップを追加/変更/削除します GradientVectorDialog Gradient Vector グラディエントベクトル GuideManager &Add 追加(&A) D&elete 削除(&E) A&dd 追加(&D) De&lete 削除(&L) &Page ページ(&P) &Lock Guides ガイドをロック(&L) &Single シングル(&S) Horizontals 水平線 Alt+A Alt+A Alt+E Alt+E Verticals 垂直線 Alt+D Alt+D Alt+L Alt+L Appl&y to All Pages 全てのページに適用(&Y) Alt+Y Alt+Y &Column/Row 行/列(&C) &Number: 番号(&N): U&se Gap: ギャップを使用(&S): Alt+S Alt+S Alt+P Alt+P M&argins マージン(&A) S&election 選択(&E): Nu&mber: 番号(&M): Use &Gap: ギャップを使用(&G): Alt+G Alt+G &Misc その他(&M) Delete all guides from the current page 現在のページから全てのガイドを削除 Delete Guides from Current &Page 現在のページからガイドを削除(&P) Delete all guides from the current document 現在のドキュメントから全てのガイドを削除 Delete Guides from &All Pages 全てのページからガイドを削除(&A) Guide Manager ガイドマネージャ Add a new horizontal guide 新規水平ガイドを追加 Delete the selected horizontal guide 選択された水平ガイドを削除 Add a new vertical guide 新規垂直ガイドを追加 Delete the selected vertical guide 選択された垂直ガイドを削除 Lock the guides ガイドをロック Apply to all pages 全てのページに適用 Number of horizontal guides to create 作成する水平ガイドの数 Number of vertical guides to create 作成する垂直ガイドの数 Create rows with guides, with an additional gap between the rows Create columns with guides, with an additional gap between the columns Create the selected number of horizontal guides relative to the current page Create the selected number of horizontal guides relative to the current page's margins Create the selected number of horizontal guides relative to the current selection of items Create the selected number of vertical guides relative to the current page Create the selected number of vertical guides relative to the current page's margins Create the selected number of vertical guides relative to the current selection of items Apply the shown guides to all pages in the document 表示されているガイドをドキュメント中の全てのページに適用 Delete all guides shown on the current page 現在のページに表示されている全てのガイドを削除 Delete all guides from all pages 全てのページの全てのガイドを削除 Refer to HelpBrowser &Contents 目次(&C) &Search 検索(&S) Se&arch 検索(&A) &New 新規(&N) &Delete 削除(&D) Book&marks ブックマーク(&M) &Print... 印刷(&P)... &Find... 検索(&F)... D&elete All 全て削除(&E) Scribus Help Scribusヘルプ Searching is case insensitive 大文字小文字を区別して検索 1 1 &Exit 終了(&E) Find &Next... 次を検索(&N)... Find &Previous... 前を検索(&P)... &Add 追加(&A) Scribus Online Help Scribus オンラインヘルプ &File ファイル(&F) &Edit 編集(&E) &Bookmarks ブックマーク(&B) &Quit 終了(&Q) Find &Next 次を検索(&N) Find &Previous 前を検索(&P) &Add Bookmark ブックマークに追加(&A) Find 検索 Search Term: 検索語: New Bookmark 新規ブックマーク New Bookmark's Title: 新規ブックマークのタイトル: <h2><p>Sorry, no manual is installed!</p><p>Please see:</p><ul><li>http://docs.scribus.net for updated documentation</li><li>http://www.scribus.net for downloads</li></ul></h2> HTML message for no documentation available to show <h2><p>すみません。マニュアルがインストールされていません!</p><p>以下を参照してください:</p><ul><li>http://docs.scribus.net 最新のドキュメント</li><li>http://www.scribus.net ダウンロード</li></ul></h2> HyAsk Possible Hyphenation 利用可能なハイフネーション Accept 許可 Skip スキップ Cancel キャンセル Add to the Exception List 例外リストに追加 Add to the Ignore List 無視リストに追加 HySettings Ignore List 無視リスト Add a new Entry 新規エントリを追加 Edit Entry エントリを編集 Exception List 例外リスト ImageInfoDialog Image Info 画像情報 General Info 全般情報 Date / Time: 日付 / 時刻: Has Embedded Profile: 埋め込みプロファイルあり: Profile Name: プロファイル名: Has Embedded Paths: 埋め込みパスあり: Has Layers: レイヤーあり: EXIF Info EXIF情報 Artist: アーティスト: Comment: コメント: User Comment: ユーザコメント: Camera Model: カメラモデル: Camera Manufacturer: カメラ製造者: Description: 詳細: Copyright: 著作権: Scanner Model: スキャナモデル: Scanner Manufacturer: スキャナ製造者: Exposure time 露光時間 Aperture: 鮮明に見える範囲: ISO equiv.: ISO感度: ImportAIPlugin Import AI... AIのインポート... Imports Illustrator Files Illustratorファイルのインポート Imports most Illustrator files into the current document, converting their vector data into Scribus objects. 現在のドキュメントに大部分のIllustratorファイルをインポートし、 ベクトルデータをScribusオブジェクトに変換します。 The file could not be imported ファイルがインポートできません ImportPSPlugin Import PostScript... PostScriptのインポート... Imports PostScript Files PostScriptファイルのインポート Imports most PostScript files into the current document, converting their vector data into Scribus objects. 現在のドキュメントに大部分のPostScriptファイルをインポートし、 ベクトルデータをScribusオブジェクトに変換します。 ImportXfigPlugin Import Xfig... Xfigのインポート... Imports Xfig Files Xfigファイルのインポート Imports most Xfig files into the current document, converting their vector data into Scribus objects. 現在のドキュメントに大部分のXfigファイルをインポートし、 ベクトルデータをScribusオブジェクトに変換します。 All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット Imposition Portrait 縦方向 Landscape 横方向 ImpositionBase Imposition 面付け Gri&d グリッド(&D) Copies Do&uble sided 両面(&U) Alt+U Alt+U Front side 正面 Back side 裏面 &Booklet ブックレット(&B) Pages per sheet シートあたりのページ数 4 4 8 8 16 16 Pages ページ <html><head><meta name="qrichtext" content="1" /><style type="text/css"> p, li { white-space: pre-wrap; } </style></head><body style=" font-family:'Sans Serif'; font-size:9pt; font-weight:400; font-style:normal;"> <p style=" margin-top:0px; margin-bottom:0px; margin-left:0px; margin-right:0px; -qt-block-indent:0; text-indent:0px;">Separate pages with a comma, ranges with a hyphen, e.g. 1,4,9-11 to get pages 1,4,9,10,11.</p></body></html> Fold 折りたたみ Front page from 正面ページの開始 Double sided 両面 Back page from 背面ページの開始 Destination page 目的ページ Size サイズ Orientation 方向 Width Height 高さ Preview プレビュー Refresh preview プレビューを更新 &OK OK(&O) Alt+G Alt+G &Cancel キャンセル(&C) Alt+C Alt+C ImpositionPlugin &Imposition... 面付け(&I)... Imposition dialog 面付けダイアログ Imposition on grids, booklets and folds グリッド、パンフレット、折り目の面付け InsPage Insert Page ページを挿入 &Insert 挿入(&I) Page(s) ページ before Page ページの前に after Page ページの後に at End 最後に Master Pages マスターページ &Master Page: マスターページ(&M): Page Size ページサイズ &Size: サイズ(&S): Orie&ntation: 方向(&N): Portrait 縦方向 Landscape 横方向 &Width: 幅(&W): &Height: 高さ(&H): Move Objects with their Page ページとともにオブジェクトを移動 InsertAFrame Insert A Frame フレームを挿入 T&ype 型(&Y) &Text Frame テキストフレーム(&T) &Image Frame 画像フレーム(&I) &Location 場所(&L) Page Placement ページ配置 Current Page 現在のページ All Pages 全てのページ ... ... Position of Frame フレームの位置 Top Left of Margins マージンの左上 Top Left of Page ページの左上 Top Left of Bleed 断ち切りの左上 X: X: Y: Y: &Size サイズ(&S) Same as the Page Margins ページマージンと同じ Same as the Page ページと同じ Same as the Bleed 断ち切りと同じ Same as the Imported Image インポートされた画像と同じ Height: 高さ: Width: 幅: &Options オプション(&O) Source Image: ソースイメージ: There are no options for this type of frame この種類のフレームにはオプションがありません Columns: 列: Gap: ギャップ: Source Document: ソースドキュメント: Range of Pages ページ範囲 Custom Position カスタム位置 Custom Size カスタムサイズ Link to Existing Frame 既存のフレームへのリンク <b>Insert a text frame</b><br/>A text frame allows you to enter any text in a defined position with the formatting you choose. You may select a text file on the Options tab if you want to immediately import a document into the frame. Scribus supports a wide variety of importable formats from plain text to OpenOffice.org.<br/>Your text may be edited and formatted on the page directly or in the Story Editor. <b>Insert an image frame</b><br/>An image frame allows you to place an image onto your page. Various image effects may be applied or combined including transparencies, brightness, and posterisation that allow retouching or the creation of interesting visual results. Image scaling and shaping is performed with the Properties Palette. Open 開く Insert one or more text frames 1つ以上のテキストフレームを挿入 Insert one or more image frames 1つ以上の画像フレームを挿入 Place the new frames on the current page, on all pages or on a selected range 現在のページまたは全てのページまたは選択範囲に新規フレームを配置 Insert the frame on the current page only 現在のページにのみフレームを挿入 Insert one frame for each existing page 既存のページごとにフレームを1つ挿入 Insert frames on a range of pages 特定の範囲のページにフレームを挿入 Range of pages to insert frames on フレームを挿入するページの範囲 Position the new frame in relation to the page ページに関する新規フレームの位置 Insert the frame at the top left of the page margins ページマージンの左上にフレームを挿入 Insert the frame at the top left of the page ページの左上にフレームを挿入 Insert the frame at the top left of the page bleed ページ断ち切りの左上にフレームを挿入 Insert the frame at a custom position on the page ページ上のカスタム位置にフレームを挿入 Top position of the inserted frame 挿入されたフレームの上の位置 Left position of the inserted frame 挿入されたフレームの左の位置 Insert the new frame with the same dimensions as the page margins ページマージンとして同じ寸法で新規フレームを挿入 Insert the new frame with the same dimensions as the page Insert the new frame with the same dimensions as the bleed area outside the boundary of the page itself Insert the new frame with the same dimensions as the image that will be imported Insert the new frame with a custom size カスタムサイズで新規フレームを挿入 Width of the inserted frame 挿入したフレームの幅 Height of the inserted frame 挿入したフレームの高さ Number of columns for the inserted text frame 挿入したテキストフレームの行数 Distance between the columns in the text frame テキストフレーム中の行間の距離 Link the inserted text frames together to form a chain of frames Link Inserted Frames 挿入されたフレームをリンク Link the first inserted frame to a preexisting text frame 最初に挿入したフレームを既存のテキストフレームにリンクする Name of existing text frame to link to リンクする既存のテキストフレームの名前 Source document to load into the text frame テキストフレームに読み込むソースドキュメント Source image to load into the inserted image frame 挿入された画像フレームに読み込むソース画像 InsertTable Insert Table テーブルを挿入 Number of rows: 行数: Number of columns: 列数: JavaDocs Edit JavaScripts JavaScriptを編集 &Edit... 編集(&E)... &Add... 追加(&A)... &Delete 削除(&D) &Close 閉じる(&C) Adds a new Script, predefines a function with the same name. If you want to use this script as an "Open Action" script be sure not to change the name of the function. &New Script: 新規スクリプト(&N): New Script 新規スクリプト Do you really want to delete this script? 本当にこのスクリプトを削除しますか? LatexEditor Enter Code: コード入力: Update 更新 Revert 戻る Program Messages: プログラムメッセージ: Status: Unknown ステータス: 不明 Kill Program プログラムを強制停止する Options オプション Resolution: 解像度: Automatic 自動 DPI DPI Program: プログラム: Use Preamble プリアンブルを使用 Editor エディタ Information 情報 An editor for this frame is already running! このフレームのエディタは既に起動しています! Editor running! エディタが実行中です! Please specify an editor in the preferences! 設定でエディタを指定してください! Error エラー Could not create a temporary file to run the external editor! 外部エディタ実行のための一時ファイルを作成できませんでした! Run External Editor... 外部エディタを実行... Running the editor failed with exitcode %d! エディタは終了コード %d で実行に失敗しました! Running the editor "%1" failed! エディタ "\%1" の実行に失敗しました! Status: ステータス: Finished 終了 Running 実行中 No item selected! アイテムが選択されていません! Insert symbol シンボルを挿入 Run external editor... 外部エディタを実行... LayerPalette Delete Layer レイヤーを削除 Do you want to delete all objects on this layer too? このレイヤー上の全てのオブジェクトも削除しますか? Layers レイヤー Name 名前 Opacity: 不透明度: % % Blend Mode: 合成モード: Normal 標準 Darken 暗くする Lighten 明るくする Multiply 乗算 Screen スクリーン Overlay オーバーレイ Hard Light ハードライト Soft Light ソフトライト Difference 差の絶対値 Color Dodge 覆い焼きカラー Color Burn 焼き込み Exclusion 除外 Hue 色合い Saturation 彩度 Color Luminosity 輝度 Color of the Layer Indicator - Each layer has a color assigned to display on the canvas when layer indicators are enabled. You can double click to edit the color. Make Layer Visible - Uncheck to hide the layer from the display レイヤーを常に表示 - チェック解除するとレイヤーの表示を隠します Print Layer - Uncheck to disable printing. レイヤーを印刷 - チェック解除すると印刷を無効にします Lock or Unlock Layer - Unchecked is unlocked レイヤーをロック/ロック解除- チェック解除するとロック解除します Text flows around objects in lower Layers - Enabling this forces text frames to flow around other objects, even in layers below Outline Mode - Toggles the 'wireframe' display of objects to speed the display of very complex objects. アウトラインモード - 非常に複雑なオブジェクトの表示を速くするために'ワイヤフレーム'表示を切替えます。 Selects the Blendmode, works only in PDF 1.4 PDF 1.4でのみ有効なブレンドモードの選択 Layer Transparency, works only in PDF 1.4 and SVG PDF 1.4とSVGでのみ有効なレイヤの透明度 Add a New Layer Duplicate the Current Layer Raise Layer Lower Layer Name of the Layer - Double click on the name of a layer to edit the name LegacyMode Open 開く All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット LensDialogBase Optical Lens 光学レンズ + + - - Lens Parameters レンズパラメータ Add a new lens 新しいレンズを追加 &Add Lens レンズを追加(&A) Remove selected lens 選択されたレンズを削除 &Remove Lens レンズを削除(&R) Zoom In ズームイン Zoom Out ズームアウト &X Pos: 位置&X: Horizontal position of the lens レンズの水平位置 &Y Pos: 位置&Y: Vertical position of the lens レンズの垂直位置 The selected lens acts like a magnification lens 選択されたレンズは拡大レンズのように働きます &Magnification Lens 拡大レンズ(&M) The selected lens acts like a fish eye lens 選択されたレンズは魚眼レンズのように働きます &Fish Eye Lens 魚眼レンズ(&F) Ra&dius: 半径(&D): Radius of the lens レンズ半径 &Strength: 強さ(&S): Strength of the lens レンズの強さ LensEffectsPlugin Lens Effects... レンズ効果... Path Tools パスツール Lens Effects レンズ効果 Apply fancy lens effects 面白いレンズ効果を適用 LoadSavePlugin All Files (*) 全てのファイル (*) No File Loader Plugins Found ファイル読み込みプラグインが見つかりませんでした LoremManager Select Lorem Ipsum Lorem Ipsumを選択 Author: 作者: Get More: さらに取得: XML File: XMLファイル: Lorem Ipsum Lorem Ipsum Paragraphs: 段落: Alt+O Alt+O Alt+C Alt+C Standard Lorem Ipsum 標準のLorem Ipsum Random Paragraphs ランダムな段落 Number of paragraphs of selected sample text to insert 選択したサンプルテキストに挿入する段落数 List of languages available to insert sample text in サンプルテキストに挿入可能な言語のリスト MarginDialog Manage Page Properties ページプロパティを管理 Page Size ページサイズ &Size: サイズ(&S): Orie&ntation: 方向(&N): Portrait 縦方向 Landscape 横方向 &Width: 幅(&W): &Height: 高さ(&H): Move Objects with their Page ページとともにオブジェクトを移動 Type: タイプ: Margin Guides マージンガイド Other Settings 他の設定 Master Page: マスターページ: Size of the inserted pages, either a standard or custom size. 挿入されたページサイズ:標準またはカスタムサイズ。 Orientation of the page(s) to be inserted 挿入するページ方向 Width of the page(s) to be inserted 挿入するページ幅 Height of the page(s) to be inserted 挿入するページ高さ When inserting a new page between others, move objects with their current pages. This is the default action. MarginWidget Preset Layouts: プリセットレイアウト: &Bottom: 下(&B): &Top: 上(&T): &Right: 右(&R): &Left: 左(&L): Apply the margin changes to all existing pages in the document ドキュメント中の全てのマスタページにマージンの変更を適用する Distance between the top margin guide and the edge of the page 上のマージンガイドとページの端の間隔 Distance between the bottom margin guide and the edge of the page 下のマージンガイドとページの端の間隔 &Inside: 内側(&I): O&utside: 外側(&U): Printer Margins... プリンタマージン... Import the margins for the selected page size from the available printers. 利用可能なプリンタから、選択されたページサイズに合ったマージンを読み込みます Apply settings to: 設定を適用: All Document Pages 全てのドキュメントページ All Master Pages 全てのマスターページ Apply the margin changes to all existing master pages in the document ドキュメント中の全てのマスタページにマージンの変更を適用します Margin Guides マージンガイド Top: 上: Bottom: 下: Distance for bleed from the top of the physical page 物理ページの上から断ち切りまでの間隔 Distance for bleed from the bottom of the physical page 物理ページの下から断ち切りまでの間隔 Distance for bleed from the left of the physical page 物理ページの左から断ち切りまでの間隔 Distance for bleed from the right of the physical page 物理ページの右から断ち切りまでの間隔 Bleeds 断ち切り Inside: 内側: Outside: 外側: Left: 左: Right: 右: Distance between the left margin guide and the edge of the page. If a double-sided, 3 or 4-fold layout is selected, this margin space can be used to achieve the correct margins for binding 左のマージンガイドとページの端の間隔。もし、両面、三つ折り、四つ折りを選択した場合、このマージンスペースは、結合の際に正しいマージンを実現するのに利用できます。 Distance between the right margin guide and the edge of the page. If a double-sided, 3 or 4-fold layout is selected, this margin space can be used to achieve the correct margins for binding 右のマージンガイドとページの端の間隔。もし、両面、三つ折り、四つ折りを選択した場合、このマージンスペースは、結合の際に正しいマージンを実現するのに利用できます。 MasterPagesPalette Edit Master Pages マスターページを編集 Duplicate the selected master page 選択されたマスターページを複製する Delete the selected master page 選択されたマスターページを削除する Add a new master page 新規マスターページを追加 Import master pages from another document 他のドキュメントからマスターページをインポート &Name: 名前(&N): New Master Page 新規マスターページ Name: 名前: New MasterPage 新規マスターページ New Master Page %1 新規マスターページ %1 Copy #%1 of #%1のコピー Unable to Rename Master Page マスターページの名前を変更できません The Normal page is not allowed to be renamed. 通常のページは名前を変更することができません。 Rename Master Page マスターページの名前を変更 New Name: 新しい名前: Copy #%1 of %2 %1を%2にコピー This master page is used at least once in the document. このマスターページはドキュメント中で少なくとも1つは使用されています。 Do you really want to delete master page "%1"? Measurements ° ° ° MeasurementsBase Distances 距離 X1: X1: 10000.0000 10000.0000 Y1: Y1: X2: X2: Y2: Y2: Length: 長さ: DX: 距離X: DY: 距離Y: Angle: 角度: Unit: 単位: MergeDoc Import Master Page マスターページをインポート Import Page(s) ページをインポート &From Document: ドキュメントから(&F): &Import Page(s): ページをインポート(&I): &Import Master Page マスターページをインポート(&I) Insert a comma separated list of tokens import where a token can be * for all the pages, 1-5 for a range of pages or a single page number. カンマで区切られたトークンのリストを入力してください。 トークンは*で全てのページを、1-5のようにしてページ範囲を、 もしくは単一のページ番号が利用できます。 from 0 0 から Create Page(s) ページを作成 Before Page ページの前に After Page ページの後に At End 最後に &Import インポート(&I) Open 開く Documents (*.sla *.sla.gz *.scd *.scd.gz);;All Files (*) ドキュメント (*.sla *.sla.gz *.scd *.scd.gz);;全てのファイル (*) from %1 %1 から &Select... 選択(&S)... MeshDistortionDialog + + - - Mesh Distortion メッシュ歪み Drag the red handles with the mouse to distort the mesh Zoom In ズームイン Zoom Out ズームアウト Resets the selected handles to their initial position. If no handle is selected all handles will be reset. &Reset リセット(&R) MeshDistortionPlugin Mesh Distortion... メッシュ歪み... Path Tools パスツール Mesh Distortion of Polygons ポリゴンのメッシュ歪み MissingFont Missing Font 不明なフォント The Font %1 is not installed. フォント %1 はインストールされていません Use 使用 instead 代替として ModeToolBar Tools ツール Properties... プロパティ... MovePages Move Pages ページを移動 Copy Page ページをコピー Move Page(s) ページを移動 To: To: Before Page ページの前に After Page ページの後に At End 最後に Move Page(s): ページを移動: Number of Copies: MultiProgressDialog Progress 進捗 Overall Progress: 全体の進捗: &Cancel キャンセル(&C) %v of %m %v of %m MultipleDuplicate &Horizontal Shift: 水平移動(&H): &Vertical Shift: 垂直移動(&V): Multiple Duplicate 複数コピー &By Number of Copies 部数で(&B) &Number of Copies: 部数(&N): &Shift Created Items By 作成されたアイテムを移動(&S) Alt+S Alt+S Create &Gap Between Items Of アイテム間のギャップを作成(&G) Alt+G Alt+G Rotation: 回転: By &Rows && Columns 行列で(&R) Vertical Gap: 垂直間隔: Horizontal Gap: 水平間隔: Number of Rows: 行数: Number of Columns: 列数: &OK OK(&O) &Cancel キャンセル(&C) &Horizontal Gap: 水平ギャップ(&H): &Vertical Gap: 垂直ギャップ(&V): MyPlugin My &Plugin 自作プラグイン(&P) MyPluginImpl Scribus - My Plugin Scribus - 自作プラグイン The plugin worked! プラグインを実行しました! NewDoc New Document 新規ドキュメント &New Document 新規ドキュメント(&N) Open &Existing Document 既存のドキュメントを開く(&E) Open Recent &Document 最近のドキュメントを開く(&D) Do not show this dialog again 次回このダイアログを表示しない Document page size, either a standard size or a custom size ドキュメントのページサイズ。標準サイズとカスタムサイズの両方 Orientation of the document's pages デフォルトのドキュメントページの方向 Width of the document's pages, editable if you have chosen a custom page size ドキュメントのページ幅。カスタムページサイズを選べば編集が可能です Height of the document's pages, editable if you have chosen a custom page size ドキュメントのページの高さ。カスタムページサイズを選べば編集が可能です Initial number of pages of the document ドキュメントの初期のページ数 Default unit of measurement for document editing ドキュメントを編集する際のデフォルトの計測単位 Create text frames automatically when new pages are added 新規ページが追加された際にテキストフレームを自動的に作成します Number of columns to create in automatically created text frames 自動的に生成されたテキストフレーム中に作成する列の数 Distance between automatically created columns 自動的に生成された列の間隔 &Size: サイズ(&S): Orie&ntation: 方向(&N): Portrait 縦方向 Landscape 横方向 &Width: 幅(&W): &Height: 高さ(&H): Margin Guides マージンガイド Options オプション N&umber of Pages: 総ページ数(&U): &Default Unit: デフォルトの単位(&D): &Automatic Text Frames 自動テキストフレーム(&A) &Gap: ギャップ(&G): Colu&mns: 列数(&M): Open 開く First Page is: 最初のページ: Show Document Settings After Creation 作成後にドキュメント設定を表示 Document Layout ドキュメントレイアウト New &from Template NewFromTemplatePlugin New &from Template... テンプレートから新規作成(&F)... Load documents with predefined layout あらかじめ定義されたレイアウトでドキュメントを読み込む Start a document from a template made by other users or yourself (f.e. for documents you have a constant style). NodePalette Nodes ノード % % &Absolute Coordinates 絶対座標(&A) &X-Pos: 位置&X: &Y-Pos: 位置&Y: Edit &Contour Line 等高線を編集(&C) &Reset Contour Line 等高線をリセット(&R) &End Editing 編集を終了(&E) Move Nodes ノードを移動 Move Control Points コントロールポイントを移動 Add Nodes ノードを追加 Delete Nodes ノードを削除 Move Control Points Independently コントロールポイントを無関係に移動 Move Control Points Symmetrical コントロールポイントを対称的に移動 Reset Control Points コントロールポイントをリセット Reset this Control Point このコントロールポイントをリセット Open a Polygon or Cuts a Bezier Curve 多角形を開くかベジエ曲線を切る Close this Bezier Curve このベジエ曲線を閉じる Mirror the Path Horizontally パスを水平方向にコピーする Mirror the Path Vertically パスを垂直方向にコピーする Shear the Path Horizontally to the Right パスを水平に右にずらす Shear the Path Horizontally to the Left パスを水平に左にずらす Shear the Path Vertically Up パスを垂直に上にずらす Shear the Path Vertically Down パスを垂直に下にずらす Rotate the Path Counter-Clockwise パスを反時計回りに回転 Rotate the Path Clockwise パスを時計回りに回転 Enlarge the Size of the Path by shown % 表示された%だけパスのサイズを大きくする Angle of Rotation 回転角 Activate Contour Line Editing Mode 等高線編集モードを有効に Reset the Contour Line to the Original Shape of the Frame フレームの本来の形状に等高線をリセット When checked use coordinates relative to the page, otherwise coordinates are relative to the Object. チェックするとページに相対する座標を使用します。 そうでなければ、オブジェクトに相対する座標を使用します。 Shrink the Size of the Path by shown % 表示された%だけパスのサイズを小さくする Reduce the Size of the Path by the shown value 表示された値だけパスのサイズを小さくする Enlarge the Size of the Path by the shown value 表示された値だけパスのサイズを大きくする % to Enlarge or Shrink By 拡大または縮小する% Value to Enlarge or Shrink By 拡大または縮小する値 Set Contour to Image Clip 画像クリップに等高線を設定 Reset the Contour Line to the Clipping Path of the Image 画像のクリッピングパスの等高線をリセット to Canvas キャンバスへ to Page ページへ Set Shape to Image Clip Set the Shape to the Clipping Path of the Image OODPlug This document does not seem to be an OpenOffice Draw file. このドキュメントはOpenOffice Drawファイルではないようです。 Group%1 グループ%1 OODrawImportPlugin Import &OpenOffice.org Draw... OpenOffice.org Drawをインポート(&O)... Imports OpenOffice.org Draw Files OpenOffice.org Drawファイルをインポート Imports most OpenOffice.org Draw files into the current document, converting their vector data into Scribus objects. 現在のドキュメントに、ベクトルデータをScribusオブジェクトに変換して、ほとんどのOpenOffice.org Drawファイルをインポートします。 OpenDocument 1.0 Draw Import/export format name OpenDocument 1.0 Draw OpenOffice.org 1.x Draw Import/export format name OpenOffice.org 1.x Draw This file contains some unsupported features このファイルはサポートされていない機能を含んでいます The file could not be imported ファイルがインポートできません OdtDialog OpenDocument Importer Options OpenDocument インポータオプション Overwrite Paragraph Styles 段落スタイルを上書き Enabling this will overwrite existing styles in the current Scribus document これを有効にすると、現在のScribusドキュメント中の既存のスタイルを上書きします Merge Paragraph Styles 段落スタイルをマージ Merge paragraph styles by attributes. This will result in fewer similar paragraph styles, will retain style attributes, even if the original document's styles are named differently. Use document name as a prefix for paragraph styles 段落スタイルをドキュメント名のプレフィックスとして使用する Prepend the document name to the paragraph style name in Scribus. 段落スタイル名の先頭にドキュメント名を追加します。 Do not ask again 次回はたずねない Make these settings the default and do not prompt again when importing an OASIS OpenDocument. これらの設定をデフォルトにして、OASISオープンドキュメントをインポートする際に再度たずねません。 OK OK Cancel キャンセル OldScribusFormat Scribus Document Scribusドキュメント Scribus 1.2.x Document Scribus 1.2.x ドキュメント OneClick Origin 始点 Size サイズ Width: 幅: Length: 長さ: Height: 高さ: Angle: 角度: Remember Values 値を記憶する OutlinePalette Element 要素 Name "%1" isn't unique.<br/>Please choose another. 名前 "%1" はすでに存在します。<br/>他の名前を選んでください。 Group グループ Page ページ Free Objects フリーオブジェクト Outline アウトライン Enter a keyword or regular expression to filter the outline. アウトラインをフィルタするためのキーワードまたは正規表現を入力します。 Filter: フィルタ: Ctrl+F Filter the Outline using a keyword Ctrl+F OutlineValues % % Linewidth 線幅 PDFExportDialog Save as PDF PDF形式で保存 O&utput to File: ファイルに出力(&U): Cha&nge... 変更(&N)... Output one file for eac&h page 複数ページを一つのファイルに出力(&H) &Save 保存(&S) This enables exporting one individually named PDF file for each page in the document. Page numbers are added automatically. This is most useful for imposing PDF for commercial printing. これを有効にすると、ドキュメント中のページごとにそれぞれ名前のついたPDFファイルを出力します。ページ番号が自動的に追加されます。これは、商業印刷でPDFを印象的にするのに最も有効です。 PDF Files (*.pdf);;All Files (*) PDFファイル (*.pdf);;全てのファイル (*) The save button will be disabled if you are trying to export PDF/X-3 and the info string is missing from the PDF/X-3 tab. PDF/X-3タブから、PDF/X-3をエクスポートする際に情報が見つからない場合、保存ボタンが無効になります。 %1 does not exists and will be created, continue? %1 は存在しないので作成されます。続けますか? Cannot create directory: %1 ディレクトリを作成できません: %1 Save As 名前を付けて保存 PDFLibCore Saving PDF PDFを保存中 Exporting Master Page: マスターページをエクスポート中: Exporting Page: ページをエクスポート中: Exporting Items on Current Page: 現在のページのアイテムをエクスポート中: Page: ページ: Date: 日付: Failed to load an image : %1 画像の読み込みに失敗しました : %1 Failed to write an image : %1 画像の書き込みに失敗しました : %1 Failed to load an image mask : %1 画像マスクの読み込みに失敗しました : %1 Insufficient memory for processing an image 画像の処理に必要なメモリが足りません A write error occured, please check available disk space 書き込みエラーが発生しました。利用可能なディスク容量をチェックしてください。 A write error occurred, please check available disk space PDFToolBar PDF Tools PDFツール PPreview Print Preview 印刷プレビュー Display Trans&parency 透明度を表示(&P) &Under Color Removal 下色除去(&U) &Display CMYK CMYKを表示(&D) &C &C &M &M &Y &Y &K &K Separation Name 分解名 Cyan シアン Magenta マゼンダ Yellow イエロー Black ブラック Scaling: 倍率: Close 閉じる Print... 印刷... Shows transparency and transparent items in your document. Requires Ghostscript 7.07 or later ドキュメント中で透明度や透明アイテムを表示します。Ghostscript 7.07もしくはそれ以降が必要です Gives a print preview using simulations of generic CMYK inks, instead of RGB colors RGBカラーの代わりにCMYKインクのシミュレーションで印刷プレビューする A way of switching off some of the gray shades which are composed of cyan, yellow and magenta and using black instead. UCR most affects parts of images which are neutral and/or dark tones which are close to the gray. Use of this may improve printing some images and some experimentation and testing is need on a case by case basis. UCR reduces the possibility of over saturation with CMY inks. Resize the scale of the page. ページの倍率をサイズ変更する Enable/disable the C (Cyan) ink plate C(シアン)インクの有効/無効 Enable/disable the M (Magenta) ink plate M(マゼンダ)インクの有効/無効 Enable/disable the Y (Yellow) ink plate Y(イエロー)インクの有効/無効 Enable/disable the K (Black) ink plate K(ブラック)インクの有効/無効 All 全て File ファイル Enable &Antialiasing アンチエイリアスを有効に(&A) Fit to Width 幅に合わせる Fit to Height 高さに合わせる Fit to Page ページに合わせる Provides a more pleasant view of Type 1 fonts, TrueType Fonts, OpenType Fonts, EPS, PDF and vector graphics in the preview, at the expense of a slight slowdown in previewing プレビューが少し遅くなりますが、プレビュー中でType1フォント、TrueTypeフォント、OpenTypeフォント、EPS、PDF、ベクトルグラフィックを使った、より見やすいビューになります。 Display Settings 表示設定 Print Settings 印刷の設定 Mirror Page(s) Horizontal ページを水平方向に反転 Mirror Page(s) Vertical ページを垂直方向に反転 Print in Grayscale グレースケールで印刷 Convert Spot Colors スポットカラーを変換 Enables Spot Colors to be converted to composite colors. Unless you are planning to print spot colors at a commercial printer, this is probably best left enabled. スポットカラーが合成色に変換されるのを有効にします。商業プリンタでスポットカラーを印刷するつもりでなければ、おそらく有効のままにしておくのが最適でしょう。 Apply Color Profiles カラープロファイルを適用 Allows you to embed color profiles in the print stream when color management is enabled カラーマネージメントが有効の場合は、印刷ストリームにICCプロファイルを埋め込むようにする Clip to Printer Margins プリンタマージンでクリップ Display Ink Coverage Threshold: % % None なし PSLib Processing Master Page: マスタページを処理中: Exporting Page: ページをエクスポート中: Failed to write data for an image 画像のデータ書き込みに失敗しました Failed to load an image : %1 画像の読み込みに失敗しました : %1 Failed to load an image mask : %1 画像マスクの読み込みに失敗しました : %1 Insufficient memory for processing an image 画像の処理に必要なメモリが足りません PageItem Image 画像 Text テキスト Line Polygon 多角形 Polyline ポリライン PathText パステキスト Copy of コピー PageItemAttributes &Add 追加(&A) Alt+A Alt+A &Copy コピー(&C) Alt+C Alt+C &Delete 削除(&D) Alt+D Alt+D C&lear クリア(&L) Alt+L Alt+L &OK OK(&O) &Cancel キャンセル(&C) Name 名前 Type タイプ Value Parameter パラメータ Relationship 関連 Relationship To 関連先 Attributes 属性 Relates To 関連している Is Parent Of 以下の親 Is Child Of 以下の子 None relationship なし PageItem_ImageFrame Image 画像 Embedded Image 埋め込み画像 File: ファイル: Original PPI: オリジナルPPI: Actual PPI: 実PPI: Size: サイズ: Colorspace: 色空間: Unknown 不明 Page: ページ: Pages: ページ: Embedded Image missing 埋め込み画像が見つかりません missing 見つかりません No Image Loaded 画像が読み込まれていません PageItem_LatexFrame Error エラー Running the external application failed! 外部アプリケーションの実行に失敗しました! Could not create a temporary file to run the application! アプリケーションを実行するのに必要な一時ファイルが、作成できませんでした。 Running the application "%1" failed! アプリケーション "%1" の実行に失敗しました! Running 実行中 The application "%1" failed to start! アプリケーション "%1" は起動に失敗しました! The application "%1" crashed! アプリケーション "%1" はクラッシュしました! Application アプリケーション DPI DPI State 状態 Finished 終了 Render 描画 The config file didn't specify a executable path! 設定ファイルが実行パスで特定できません! Render Frame フレームを描画 No configuration defined to run the application! アプリケーションを実行するための設定が定義されていません! No application defined アプリケーションが見つかりません Rendering... レンダリング中... Render Error レンダリングエラー PageItem_PathText Paragraphs: 段落数: Lines: 行数: Words: 単語数: Chars: 文字数: PageItem_TextFrame Linked Text リンクされたテキスト Text Frame テキストフレーム Paragraphs: 段落数: Lines: 行数: Words: 単語数: Chars: 文字数: PageLayouts First Page is: 最初のページ: Document Layout ドキュメントレイアウト Number of pages to show side-by-side on the canvas Often used for allowing items to be placed across page spreads キャンバスに並んで表示されるページ数。 しばしば、アイテムをページをまたいで広げて配置するために使用されます。 Location on the canvas where the first page of the document is placed ドキュメントの最初のページを配置するキャンバス位置 PagePalette Arrange Pages ページの配置 Available Master Pages: 利用できるマスターページ: Document Pages: ドキュメントページ: List of normal pages in the document, shown with the document layout. Pages may be dragged to rearrange or delete them. Drag pages or master pages onto the trash to delete them List of master pages in the document. Master page names may be dragged onto the page view below to apply master pages, or onto the empty space between pages to create new pages. This master page is used at least once in the document. このマスターページはドキュメント中で少なくとも1つは使用されています。 Do you really want to delete this master page? 本当にこのマスターページを削除しますか? PageSelector %1 of %2 %1 of %2 Go to the first page Go to the previous page Go to the next page Go to the last page Select the current page of %1 number of pages in document ParaStyleComboBox No Style スタイルなし PathAlongPathPlugin Path Along Path... パスに沿ったパス... Path Tools パスツール Bends a Polygon along a Polyline ポリラインに沿って多角形を曲げる This plugin bends a Polygon with the help of a Polyline. このプラグインはポリラインの補助によって多角形を曲げます。 PathConnectDialogBase Connect Paths パスを接続 Starting Point 始点 End Point 終点 a straight Line 直線 Points moving 点の移動 Preview on Canvas キャンバスでプレビュー Connect First Line with Second Line by using: PathConnectPlugin Connect Paths パスを接続 Path Tools パスツール Connect 2 Polylines. 2つのポリラインを接続 PathCutPlugin Cut Polygon 多角形をカット Path Tools パスツール Cuts a Polygon by a Polyline ポリラインに沿って多角形をカット Qt Version too old Qtバージョンが古すぎます This plugin requires at least version 4.3.3 of the Qt library このプラグインはQtライブラリのバージョン4.3.3以上が必要です Error エラー The cutting line must cross the polygon and both end points must lie outside of the polygon PathDialogBase Path along Path パスに沿ったパス Effect Type エフェクトの種類 Single シングル Single, stretched Repeated 繰り返し Repeated, stretched Horizontal Offset 水平オフセット Vertical Offset 垂直オフセット Gap between Objects オブジェクト間のギャップ Preview on Canvas キャンバスでプレビュー Rotate Objects by: オブジェクトを回転: 90° 90° 180° 180° 270° 270° 90° 180° 270° PathFinderBase Boolean Path Operations + + = = Operation 操作 ... ... Swap Shapes 形状を交換 First source shape. 最初のソース形状 Second source shape. 2番目のソース形状 The resulting shape. 最終的な形状 Unites the shapes 形状を統合 Intersection of the shapes Result is the area where the two shapes do not intersect Break apart, The result is a combination of "Intersection" and "Exclusion" Custom Colors カスタムカラー Stroke: 輪郭: Fill: 塗りつぶし: Keep a copy of the original item after applying the operation 操作を適用した後に元のアイテムのコピーを取っておきます Keep 保持 Subtracts the second shape from the first shape 最初の形状から2番目の形状を取り除きます Exchange the Source Shapes ソース形状を交換 The resulting shape uses the color of the first source shape First Shape 最初の形状 The resulting shape uses the color of the second source shape Second Shape 2番目の形状 The resulting shape uses the colors listed below Stroke Color 輪郭色 Fill Color 塗りつぶし色 Result Takes Color from: PathFinderDialog Result gets Color of: Intersection gets Color of: PathFinderPlugin Path Operations... パス操作... Path Tools パスツール Path Operations パス操作 Apply fancy boolean operations to paths. Qt Version too old Qtバージョンが古すぎます This plugin requires at least version 4.3.3 of the Qt library このプラグインはQtライブラリのバージョン4.3.3以上が必要です PathStrokerPlugin Create Path from Stroke ストロークからパスを生成 Path Tools パスツール Converts the stroke of a Path to a filled Path. PatternDialog Patterns パターン Load 読み込み Load Set セットの読み込み Remove 削除 Remove All 全て削除 OK OK Cancel キャンセル Rename 名前を変更 &Name: 名前(&N): Rename Entry エントリ名を変更 Choose a Directory ディレクトリを選択 Loading Patterns パターンを読み込み中 All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット All Files (*) 全てのファイル (*) Open 開く PicSearch Result 結果 Search Results for: 検索結果: Cancel キャンセル &Preview プレビュー(&P) Alt+P Alt+P &Select 選択(&S) Alt+S Alt+S Size: サイズ: Resolution: 解像度: DPI DPI Unknown 不明 Colorspace: 色空間: PicSearchOptions Start Search 検索を開始 Search Images 画像検索 Search for: 以下で検索: Start at: 以下で始まる: Change... 変更... Searching 検索中 Case insensitive search 大文字小文字を区別しないで検索 Search recursively 再帰的に検索 The filesystem will be searched for case insensitive file names when you check this on. Remember it is not default on most operating systems except MS Windows Cancel Search 検索をキャンセル Select a base directory for search 検索で使うベースディレクトリを選択 Scribus - Image Search Scribus - 画像検索 Base directory for search does not exist. Please choose another one. 検索するベースディレクトリが見つかりません。 他のディレクトリを選んでください。 The search failed: %1 検索に失敗しました: %1 PicStatus Close 閉じる Information 情報 Path: パス: Search... 検索... Name: 名前: Image 画像 DPI: DPI: Format: フォーマット: Colorspace: 色空間: Size サイズ Pixels: ピクセル: Scale: 倍率: Printed: 印刷: Layout レイアウト: On Page: ページ上: Select 選択 Image Tools 画像ツール Image Visible 画像を表示 Image Effects... 画像のエフェクト... Edit Image... 画像を編集... Extended Image Properties... 拡張画像のプロパティ... Manage Images 画像を管理 Go to 移動 Sort by Name 名前でソート Sort by Page ページでソート Not on a Page ページ上にありません JPG JPG TIFF TIFF PSD PSD EPS/PS EPS/PS PDF PDF JPG2000 JPG2000 emb. PSD PSD埋め込み Unknown 不明 n/a 非適用 Scribus - Image Search Scribus - 画像検索 No images named "%1" were found. 画像 "%1" は見つかりませんでした Name of the image file 画像ファイル名 Location where the image file is stored 画像ファイルが保管されている場所 Search for a missing image 見つからない画像を検索 Type of the image 画像の種類 The colorspace of the image 画像の色空間 Colorspace used within the image, eg RGB or CMYK RGBやCMYKのように画像内で使われている色空間 Native resolution of the image, in dots per inch 画像の本来の解像度(DPI) Height and width of the image 画像の高さと幅 Horizontal and vertical scaling applied to the image 画像に適用される水平垂直方向の倍率 Size of the image when printed 印刷時の画像サイズ Page that the image is displayed on 画像が表示されるページ Page Item: ページアイテム: Name of the page item that contains the image 画像に含まれているページアイテム名 Effective DPI: 有効なDPI: Effective resolution of the image after scaling 変形後の画像で有効な解像度 Move to the page that the image is on 画像のあるページに移動 Move to the page that the item is on and select it アイテムがあり選択されているページに移動 Enable or disable exporting of the item アイテムのエクスポートを有効/無効に Export/Print Image 画像のエクスポート/印刷 Set format specfic properties of certain image types, like clipping paths Edit the image in the default editor デフォルトのエディタで画像を編集 Make the image visible or invisible 画像を表示/非表示にする Apply non destructive effects to the image in its frame Embedded Image 埋め込み画像 PixmapExportPlugin Save as &Image... 画像として保存(&I)... Export As Image 画像としてエクスポート Exports selected pages as bitmap images. 選択されたページをビットマップ画像としてエクスポート Export successful エクスポートに成功 Save as Image 画像として保存 The target location %1 must be an existing directory The target location %1 must be writable PluginManager Cannot find plugin plugin manager プラグインが見つかりません unknown error plugin manager 未知のエラー Cannot find symbol (%1) plugin manager シンボル (%1) が見つかりません Plugin: loading %1 plugin manager プラグイン: %1 を読み込み中 init failed plugin load error 初期化に失敗しました unknown plugin type plugin load error 未知のプラグインタイプ Plugin: %1 loaded plugin manager プラグイン: %1 読み込み完了 Plugin: %1 failed to load: %2 plugin manager プラグイン: %1 読み込みに失敗: %2 Plugin: %1 initialized ok plugin manager プラグイン: %1 初期化OK Plugin: %1 failed post initialization plugin manager プラグイン: %1 初期化後の処理に失敗 There is a problem loading %1 of %2 plugins. %3 This is probably caused by some kind of dependency issue or old plugins existing in your install directory. If you clean out your install directory and reinstall and this still occurs, please report it on bugs.scribus.net. PluginManagerPrefsGui Plugin Manager プラグインマネージャ Plugin プラグイン How to run 実行方法 Type タイプ Load it? 読み込むか Plugin ID プラグイン ID File ファイル You need to restart the application to apply the changes. 変更を適用するにはアプリケーションの再起動が必要です Form フォーム PolygonProps Polygon Properties 多角形のプロパティ PolygonWidgetBase Form フォーム Corn&ers: 角(&E): Number of corners for polygons 多角形の角の数 &Rotation: 回転(&R): Degrees of rotation for polygons 多角形の回転の度数 Sample Polygon サンプルの多角形 Apply Convex/Concave Factor to change shape of Polygons 多角形の形状を変更するのに凹凸の因数を適用する Apply &Factor 因数を適用(&F) &Factor: 因数(&F): A negative value will make the polygon concave (or star shaped), a positive value will make it convex 負の値だと多角形は凸になり(もしくは星の形)、 正の値だと凹になります % % C&urvature: 曲率(&U): Preferences Preferences 設定 General 全般 Document ドキュメント Guides ガイド Typography タイポグラフィ Tools ツール Hyphenator ハイフン Fonts フォント Preflight Verifier プリフライト検証 Color Management カラーマネージメント PDF Export PDF出力 Document Item Attributes ドキュメントアイテム属性 Table of Contents and Indexes 目次とインデックス Keyboard Shortcuts キーボードショートカット Scrapbook スクラップブック Display 表示 External Tools 外部ツール Miscellaneous その他 Plugins プラグイン Printer プリンタ PrefsDialogBase &Defaults 標準設定(&D) Save Preferences 設定を保存 Export... エクスポート... &Apply 適用(&A) All preferences can be reset here 全ての設定をリセットできます Apply all changes without closing the dialog ダイアログを閉じずに全ての変更を適用する Export current preferences into file 現在の設定をファイルに出力 PrefsManager PostScript PostScript Migrate Old Scribus Settings? 古いScribusの設定を移行しますか? Scribus has detected existing Scribus 1.2 preferences files. Do you want to migrate them to the new Scribus version? Scribusは既存のScribus 1.2設定ファイルを発見しました。 新しいScribusのバージョンにこの設定を移行しますか? Could not open preferences file "%1" for writing: %2 書き込みの際に設定ファイル"%1"を開けませんでした: %2 Writing to preferences file "%1" failed: QIODevice status code %2 設定ファイル"%1"の書き込みに失敗しました: QIOデバイスステータスコード %2 Failed to open prefs file "%1": %2 設定ファイル"%1"を開くのに失敗しました: %2 Failed to read prefs XML from "%1": %2 at line %3, col %4 "%1"からの設定XMLの読み込みに失敗しました: %2 行 %3 列 %4 Postscript Postscript Error Writing Preferences 設定の書き込みエラー Scribus was not able to save its preferences:<br>%1<br>Please check file and directory permissions and available disk space. scribus app error Scribusは設定を保存できませんでした:<br>%1<br>ファイルとディレクトリのパーミッションならびに空きディスク容量をチェックしてください。 Error Loading Preferences 設定の読み込みエラー Scribus was not able to load its preferences:<br>%1<br>Default settings will be loaded. Scribusは設定を読み込めませんでした:<br>%1<br>デフォルト設定を読み込みます。 No valid renderframe config found. Using defaults! PresetLayout Gutenberg グーテンベルク Magazine 雑誌 Fibonacci フィボナッチ Golden Mean 黄金分割 Nine Parts 九分割 None layout type なし When you have selected a Document Layout other than Single Page, you can select a predefined page layout here. 'None' leaves margins as is, Gutenberg sets margins classically. 'Magazine' sets all margins to the same value. Leading is Left/Inside value. PrintDialog File ファイル Print Current Pa&ge 現在のページを印刷(&G) Print Normal 標準で印刷 All 全て Cyan シアン Magenta マゼンダ Yellow イエロー Black ブラック Failed to retrieve printer settings プリンタ設定の取得に失敗しました PostScript Files (*.ps);;All Files (*) PostScriptファイル (*.ps);;全てのファイル (*) Inside: 内側: Outside: 外側: Save As 名前を付けて保存 PrintDialogBase Setup Printer プリンタ設定 Print Destination 印刷先 &Options... オプション(&O)... &File: ファイル(&F): C&hange... 変更(&H)... Use an alternative print manager, such as kprinter or gtklp, to utilize additional printing options 追加印刷オプションを利用するために、kprinterやgtklpといった代わりのプリンタマネージャを使用します。 A&lternative Printer Command 代わりのプリンタコマンド(&L) Co&mmand: コマンド(&M): Range 範囲 Print &All 全て印刷(&A) N&umber of Copies: 部数(&U): Print Current Pa&ge 現在のページを印刷(&G) Print &Range 指定された範囲を印刷(&R) Insert a comma separated list of tokens where a token can be * for all the pages, 1-5 for a range of pages or a single page number. カンマで区切られたトークンのリストを入力してください。 トークンは*で全てのページを、1-5のようにしてページ範囲を、 もしくは単ページ番号が利用できます。 Options オプション Print Normal 標準で印刷 Print Separations 色分解して印刷 Print in Color if Available 可能ならカラーで印刷 Print in Grayscale グレースケールで印刷 Sets the PostScript Level. Setting to Level 1 or 2 can create huge files PostScriptレベルを設定します。 レベル1もしくは2に設定すると、巨大なファイルが作成される可能性があります。 Advanced Options 詳細オプション Page ページ Mirror Page(s) Horizontal ページを水平方向に反転 Mirror Page(s) Vertical ページを垂直方向に反転 Set Media Size メディアサイズを設定 Color Apply Under Color Removal 下色除去を適用 Enables Spot Colors to be converted to composite colors. Unless you are planning to print spot colors at a commercial printer, this is probably best left enabled. スポットカラーが合成色に変換されるのを有効にします。商業プリンタでスポットカラーを印刷するつもりでなければ、おそらく有効のままにしておくのが最適でしょう。 Convert Spot Colors to Process Colors スポットカラーをプロセスカラーに変換する Allows you to embed color profiles in the print stream when color management is enabled カラーマネージメントが有効の場合は、印刷ストリームにICCプロファイルを埋め込むようにする Apply Color Profiles カラープロファイルを適用 Marks マーク This creates crop marks in the PDF indicating where the paper should be cut or trimmed after printing 印刷後に紙を切断したり切り取ったりする目安となる切り取りマークをPDF中に作成します。 Crop Marks 切り取りマーク Add registration marks which are added to each separation それぞれの版に追加される登録マークを追加します。 Registration Marks 登録マーク This creates bleed marks which are indicated by _ . _ and show the bleed limit これは _ . _ で表される断ち切りマークを作成し、断ち切りの境界を表示します。 Bleed Marks 断ち切りマーク Add color calibration bars カラーキャリブレーションバーを追加 Color Bars カラーバー Offset: オフセット: Indicate the distance offset for the registration marks 登録マークへのオフセット距離を表示します Bleeds 断ち切り Top: 上: Distance for bleed from the top of the physical page 物理ページの上から断ち切りまでの間隔 Left: 左: Distance for bleed from the right of the physical page 物理ページの右から断ち切りまでの間隔 Bottom: 下: Distance for bleed from the bottom of the physical page 物理ページの下から断ち切りまでの間隔 Right: 右: Distance for bleed from the left of the physical page 物理ページの左から断ち切りまでの間隔 Use the existing bleed settings from the document preferences ドキュメントの設定にある既存の断ち切り設定を使用します Use Document Bleeds ドキュメントの断ち切りを使う Preview... プレビュー... &Print 印刷(&P) Cancel キャンセル Include PDF Annotations and Links into the output. Note: PDF Forms will not be exported. 出力中にPDF注釈とリンクを含めます。 注意: PDFフォームは出力されません。 Include PDF Annotations and Links PDF注釈とリンクを含める This enables you to explicitly set the media size of the PostScript file. Not recommended unless requested by your printer. ここで、PostScriptファイルのメディアサイズを明確に設定することができます。プリンタから要求されない場合は推奨されません。 Clip to Printer Margins プリンタマージンでクリップ A way of switching off some of the gray shades which are composed of cyan, yellow and magenta and using black instead. UCR most affects parts of images which are neutral and/or dark tones which are close to the gray. Use of this may improve printing some images and some experimentation and testing is need on a case by case basis. UCR reduces the possibility of over saturation with CMY inks. PropertiesPalette Fixed Linespacing 固定した行間隔 Automatic Linespacing 自動行間隔 Align to Baseline Grid ベースライングリッドに合わせる &X1: &X1: X&2: X&2: Y&1: Y&1: &Y2: &Y2: &X-Pos: 位置&X: &Width: 幅(&W): &Y-Pos: 位置&Y: &Height: 高さ(&H): Distance between columns 列の間隔 Column width 列幅 No Style スタイルなし Name "%1" isn't unique.<br/>Please choose another. 名前 "%1" はすでに存在します。<br/>他の名前を選んでください。 Properties プロパティ X, Y, &Z X, Y, &Z &Text テキスト(&T) &Image 画像(&I) &Shape 形状(&S) &Line 線(&L) &Colors 色(&C) Name 名前 Geometry ジオメトリ &Rotation: 回転(&R): Basepoint: ベースポイント: Level レベル Shape: 形状: R&ound Corners: 角を丸める(&O): Colu&mns: 列数(&M): To&p: 上(&P): &Bottom: 下(&B): &Left: 左(&L): &Right: 右(&R): T&abulators... タブ(&A)... Path Text Properties パステキストのプロパティ Show Curve 曲線を表示 Start Offset: オフセットを開始: Distance from Curve: 曲線からの距離: Use &Bounding Box バウンディングボックスを使用(&B) &Use Contour Line 等高線を使用(&U) &Free Scaling 自由倍率(&F) Actual X-DPI: 実X-DPI: Actual Y-DPI: 実Y-DPI: X-Sc&ale: 比率X (&A): Y-Scal&e: 比率Y (&E): Scale &To Frame Size フレームサイズに合わせる(&T) P&roportional プロポーショナル(&R) Input Profile: プロファイルを入力: Rendering Intent: レンダリングインテント: Perceptual 知覚 Relative Colorimetric 相対的な色彩 Saturation 彩度 Absolute Colorimetric 絶対的な色彩 Left Point 左点 End Points 終点 &Basepoint: ベースポイント(&B): T&ype of Line: 線の種類(&Y): Start Arrow: 始点矢印: End Arrow: 終端矢印: Line &Width: 線幅(&W): Ed&ges: 先端(&G): Miter Join マイタージョイン Bevel Join ベベルジョイン Round Join ラウンドジョイン Flat Cap フラットキャップ Square Cap スクェアキャップ Round Cap ラウンドキャップ &Endings: 終端(&E): Cell Lines セルの線 Line at Top 上の線 Line at the Left 左の線 Line at the Right 右の線 Line at Bottom 下の線 % % pt pt Name of selected object 選択されたオブジェクトの名前 Horizontal position of current basepoint 現在のベースポイントの水平位置 Vertical position of current basepoint 現在のベースポイントの垂直位置 Width Height 高さ Rotation of object at current basepoint 現在のベースポイントのオブジェクトの回転 Point from which measurements or rotation angles are referenced 計測や回転角で参照されるポイント Flip Horizontal 水平方向に反転 Flip Vertical 垂直方向に反転 Move one level up 1つ上に移動 Move one level down 1つ下に移動 Move to front 前面に移動 Move to back 背面に移動 Indicates the level the object is on, 0 means the object is at the bottom オブジェクトのあるレベルを示します。0はオブジェクトが一番下にあることを意味します。 Lock or unlock the object オブジェクトをロック/ロック解除 Lock or unlock the size of the object オブジェクトのサイズをロック/ロック解除 Font of selected text or object 選択されたテキストまたはオブジェクトのフォント Font Size フォントサイズ Offset to baseline of characters 文字のベースラインに対するオフセット Scaling width of characters 文字幅の倍率 Scaling height of characters 文字高さの倍率 Saturation of color of text stroke テキストの輪郭色の彩度 Saturation of color of text fill テキストの塗りつぶし色の彩度 Right to Left Writing 右から左の書式 Manual Tracking 手動トラッキング Line Spacing 行間隔 Change settings for left or end points 左点もしくは終点の設定を変更 Pattern of line 線のパターン Thickness of line 線の太さ Type of line joins 線の結合の種類 Type of line end 線の端の種類 Line style of current object 現在のオブジェクトの線スタイル Choose the shape of frame... フレームの形状を選択... Edit shape of the frame... フレームの形状を編集... Set radius of corner rounding 角の丸みの半径を設定 Number of columns in text frame テキストフレーム中の列数 Switches between Gap or Column width ギャップもしくは列幅に切替えます Distance of text from top of frame フレームの上部からのテキストの距離 Distance of text from bottom of frame フレームの下部からのテキストの距離 Distance of text from left of frame フレームの左からのテキストの距離 Distance of text from right of frame フレームの右からのテキストの距離 Edit tab settings of text frame... テキストフレームのタブ設定を編集... Allow the image to be a different size to the frame 画像がフレームのサイズと異なるのを許可 Horizontal offset of image within frame フレーム内の画像の水平オフセット Vertical offset of image within frame フレーム内の画像の垂直オフセット Resize the image horizontally 画像を水平方向にサイズ変更する Resize the image vertically 画像を垂直方向にサイズ変更する Keep the X and Y scaling the same XY方向の倍率が同じになるようにする Keep the aspect ratio アスペクト比を保持 Make the image fit within the size of the frame 画像をフレームのサイズ内に合わせる Use image proportions rather than those of the frame フレームの比率より画像の比率を使用する Source profile of the image 画像のソースプロファイル Rendering intent for the image 画像のレンダリングインテント Fill Rule 塗りつぶしルール Even-Odd 奇偶 Non Zero 0以外 Overprinting 重ね刷り Knockout ノックアウト Overprint 重ね刷り Color of text stroke and/or drop shadow, depending which is chosen.If both are chosen, then they share the same color. テキストの輪郭色 と/または 両方を選択した場合は、同じ色を共有します。 Color of selected text. If Outline text decoration is enabled, this color will be the fill color. If Drop Shadow Text is enabled, then this will be the top most color. 選択されたテキストの色。アウトラインテキストの装飾が有効な場合、この色は塗りつぶし色になります。ドロップシャドウテキストが有効な場合、最も上の色になります。 Gap: ギャップ: Width: 幅: Text &Flow Around Frame フレーム周りのテキストの回り込み(&F) Disabled 無効 Use Frame &Shape フレームの形状を使用(&S) Image Effects 画像のエフェクト Extended Image Properties 拡張画像のプロパティ Disable text flow from lower frames around object オブジェクト周辺で下フレームからのテキストの回り込みを無効にします。 Use the frame shape for text flow of text frames below the object. オブジェクトより下のテキストフレームのテキストの回り込みにフレーム形状を使用します。 Use the bounding box, which is always rectangular, instead of the frame's shape for text flow of text frames below the object. オブジェクトより下のテキストフレームで、テキストの回り込みにフレーム形状を使用する代わりに、常に長方形のバウンディングボックスを使用します。 Transparency Settings 透明度の設定 &Group グループ化(&G) Opacity: 不透明度: Blend Mode: 合成モード: Normal 標準 Darken 暗くする Lighten 明るくする Multiply 乗算 Screen スクリーン Overlay オーバーレイ Hard Light ハードライト Soft Light ソフトライト Difference 差の絶対値 Exclusion 除外 Color Dodge 覆い焼きカラー Color Burn 焼き込み Hue 色合い Color Group the selected objects 選択されたオブジェクトをグループ化 Auto 自動 When chosen, the contour line can be edited with the Edit Shape Tool on the palette further above. When edited via the shape palette, this becomes a second separate line originally based on the frame's shape for text flow of text frames below the object. T Default デフォルト Stair Step 階段 Skew 歪曲 Flip Text テキストを反転 Type: タイプ: Use Image Clip Path 画像クリップパスを使用 Paragraph St&yle: 段落スタイル(&Y): Character St&yle: 文字スタイル(&Y): Word Tracking ワードトラッキング Min: 最小: Norm: 普通: Glyph Extension グリフ拡張 Max: 最大: Use the clipping path of the image 画像のクリッピングパスを使用します。 Paragraph style of currently selected text or paragraph 現在選択されているテキストまたは段落の段落スタイル Character style of currently selected text or paragraph 現在選択されているテキストまたは段落の文字スタイル Remove Direct Paragraph Formatting 段落フォーマットを削除 Remove Direct Character Formatting 文字フォーマットを削除 Minimal width of spaces between words 単語間の最小スペース幅 Normal width of spaces between words 単語間の通常スペース幅 Minimal shrinkage of glyphs for justification Maximal extension of glyphs for justification Enable or disable exporting of the object オブジェクトのエクスポートの有効/無効 Custom カスタム &Edit... 編集(&E)... First Line Offset 先頭行のオフセット Maximum Ascent 最大アセント Font Ascent フォントのアセント Color & Effects 色と効果 Advanced Settings 詳細設定 Style Settings 透明度の設定 Ungroup the selected group 選択されたグループを解除 Baseline ベースライン Select the line spacing mode. 行間隔モードを選択 Set the height of the first line of the text frame to use the tallest height of the included characters Set the height of the first line of text frame to use the full ascent of the font(s) in use Set the height of the first line of the text frame to the specified line height &Page Number: ページ番号(&P): Columns & Text Distances カラムとテキストの距離 Reset リセット Optical Margins オリジナルのマージン Hairline ヘアライン None optical margins なし Both Sides optical margins 両側 Left Only optical margins 左のみ Right Only optical margins 右のみ PythonConsole &Open... 開く(&O)... &Save 保存(&S) Save &As... 名前を付けて保存(&A)... &File ファイル(&F) &Run 実行(&R) Run As &Console コンソールで実行(&C) &Save Output... 出力を保存(&S)... &Script スクリプト(&S) Script Console スクリプトコンソール &Quit 終了(&Q) Col: %1 Row: %2/%3 行: %1 列: %2/%3 Ctrl+O Ctrl+O Ctrl+S Ctrl+S Scribus Python Console Scribus Pythonコンソール This is a standard Python console with some known limitations. Please consult the Scribus Scripter documentation for futher information. いくつか制限のある標準のPythonコンソールです。 詳細な情報は、Scribusスクリプタドキュメントを 参照してください。 Write your commands here. A selection is processed as script ここにコマンドを記述してください。選択したものはスクリプトとして処理されます。 Output of your script スクリプトの出力 Open Python Script File Pythonスクリプトファイルを開く Python Scripts (*.py *.PY) Pythonスクリプト (*.py *.PY) Save the Python Commands in File Pythonコマンドをファイルに保存 Save Current Output 現在の出力を保存 Text Files (*.txt) テキストファイル (*.txt) QColorDialog Hu&e: 色相(&E): &Sat: 彩度(&S): &Val: 明度(&V): &Red: 赤(&R): &Green: 緑(&G): Bl&ue: 青(&U): A&lpha channel: アルファチャンネル(&L): &Basic colors 基本色(&B) &Custom colors カスタムカラー(&C) &Define Custom Colors >> カスタムカラーを定義(&D) >> OK OK Cancel キャンセル &Add to Custom Colors カスタムカラーに追加(&A) Select color 色を選択 QFileDialog Copy or Move a File ファイルをコピーもしくは移動 Read: %1 読み込み: %1 Write: %1 書き込み: %1 File &name: ファイル名(&N): File &type: ファイルタイプ(&T): One directory up 一つ上のディレクトリへ Cancel キャンセル All Files (*) 全てのファイル (*) Name 名前 Size サイズ Type タイプ Date 日付 Attributes 属性 OK OK Back 戻る Create New Folder 新規フォルダを作成 List View リストビュー Detail View 詳細ビュー Preview File Info ファイル情報をプレビュー Preview File Contents ファイル内容をプレビュー Read-write 読み書き Read-only 読み込み専用 Write-only 書き込み専用 Inaccessible アクセス不能 Symlink to File ファイルへのシンボリックリンク Symlink to Directory ディレクトリへのシンボリックリンク Symlink to Special 特殊ファイルへのシンボリックリンク File ファイル Dir ディレクトリ Special スペシャル Open 開く Save As 名前を付けて保存 &Open 開く(&O) &Save 保存(&S) &Rename 名前変更(&R) &Delete 削除(&D) R&eload リロード(&E) Sort by &Name 名前でソート(&N) Sort by &Size サイズでソート(&S) Sort by &Date 日付でソート(&D) &Unsorted ソートしない(&U) Sort ソート Show &hidden files 隠しファイルを表示(&H) the file ファイル the directory ディレクトリ the symlink シンボリックリンク Delete %1 %1 を削除 <qt>Are you sure you wish to delete %1 "%2"?</qt> <qt>本当に%1 "%2"を削除しますか ?</qt> New Folder 1 新規フォルダ 1 New Folder 新規フォルダ New Folder %1 新規フォルダ %1 Find Directory ディレクトリを検索 Directories ディレクトリ Save 保存 Error エラー %1 File not found. Check path and filename. %1 ファイルが見つかりません。 パスとファイル名を確認してください。 All Files (*.*) 全てのファイル (*.*) Select a Directory ディレクトリを選択 Directory: ディレクトリ: Look &in: 参照(&I): QFontDialog &Font フォント(&F) Font st&yle フォントスタイル(&Y) &Size サイズ(&S) Effects エフェクト Stri&keout 取り消し線(&K) &Underline 下線(&U) &Color 色(&C) Sample サンプル Scr&ipt スクリプト(&I) OK OK Apply 適用 Cancel キャンセル Close 閉じる Select Font フォントを選択 QLineEdit Clear クリア Select All 全て選択 &Undo 元に戻す(&U) &Redo やり直し(&R) Cu&t 切り取り(&T) &Copy コピー(&C) &Paste 貼り付け(&P) QMainWindow Line up 整列 Customize... カスタマイズ... QMessageBox <h3>About Qt</h3><p>This program uses Qt version %1.</p><p>Qt is a C++ toolkit for multiplatform GUI &amp; application development.</p><p>Qt provides single-source portability across MS&nbsp;Windows, Mac&nbsp;OS&nbsp;X, Linux, and all major commercial Unix variants.<br>Qt is also available for embedded devices.</p><p>Qt is a Trolltech product. See <tt>http://www.trolltech.com/qt/</tt> for more information.</p> <h3>Qt について</h3><p>このプログラムは Qt バージョン %1 を使用しています。</p><p> QtはクロスプラットフォームのC++ GUI &amp; アプリケーション開発ツールキットです。</p><p> Qtにより、MS&nbsp;Windows, Mac&nbsp;OS&nbsp;X, Linux, 商用のUnix派生版でソースの移植性があります。<br> Qtは組込みデバイスでも利用可能です。</p><p>QtはTrolltechの製品です。詳細は<tt>http://www.trolltech.com/qt/< /tt>を参照してください。</p> QObject Copy #%1 of #%1のコピー Background 背景 Importing text テキストをインポート中 All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット All Files (*) 全てのファイル (*) Afrikaans アフリカーンス語 Albanian アルバニア語 Basque バスク語 Bulgarian ブルガリア語 Catalan カタロニア語 Chinese 中国語 Croatian クロアチア語 Czech チェコ語 Danish デンマーク語 Dutch オランダ語 English 英語 English (British) 英語 (イギリス) Esperanto エスペラント語 German ドイツ語 German (Trad.) ドイツ語 (Trad.) Finnish フィンランド語 French フランス語 Galician ガリシア語 Greek ギリシャ語 Hungarian ハンガリー語 Indonesian インドネシア語 Italian イタリア語 Korean 韓国語 Lithuanian リトアニア語 Norwegian (Nnyorsk) ノルウェー語 (ニーノシュク) Norwegian ノルウェー語 Polish ポーランド語 Portuguese ポルトガル語 Portuguese (BR) ポルトガル語(BR) Russian ロシア語 Swedish スウェーデン語 Spanish スペイン語 Spanish (Latin) スペイン語(ラテン) Slovak スロバキア語 Slovenian スロベニア語 Serbian セルビア語 Thai タイ語 Turkish トルコ語 Ukranian ウクライナ語 Welsh ウェールズ語 Scribus Crash Scribusはクラッシュしました Scribus crashes due to Signal #%1 Scribusはシグナル #%1 でクラッシュしました &OK OK(&O) Scribus crashes due to the following exception : %1 Scribusは以下の例外によりクラッシュしました : %1 Page ページ Master Page マスターページ 4A0 4A0 2A0 2A0 Comm10E Comm10E DLE DLE Could not open output file %1 出力ファイル %1 を開けませんでした Output stream not writeable 出力ストリームは書き込み可能ではありません Verification of settings failed: %1 設定の検証に失敗しました: %1 Could not open input file %1 入力ファイル %1 を開けませんでした Unable to read settings XML: 設定XMLを読み込めません: %1 (line %2 col %3) Load PDF settings %1 (行 %2 列 %3) Unable to read settings XML: %1 設定XMLを読み込めません: %1 null root node Load PDF settings nullルートノード <pdfVersion> invalid Load PDF settings <pdfVersion> 無効 found %1 <%2> nodes, need 1. Load PDF settings 発見 %1 <%2> ノード, 必要 1 unexpected null <%2> node Load PDF settings 予期せぬ null <%2> ノード node <%1> not an element Load PDF settings ノード <%1> は要素ではありません element <%1> lacks `value' attribute Load PDF settings 要素 <%1> に `value' 属性が足りません element <%1> value must be `true' or `false' Load PDF settings 要素 <%1> の値は `true' もしくは `false' である必要があります element <lpiSettingsEntry> lacks `name' attribute Load PDF settings 要素 <lpiSettingsEntry> に `name' 属性が足りません All 全て Exporting PostScript File PostScriptファイルをエクスポート中 Printing File ファイルを印刷中 Black ブラック Cyan シアン Magenta マゼンダ Yellow イエロー Freetype2 library not available Freetype2ライブラリが利用可能ではありません Font %1 is broken (read stream), no embedding フォント %1 は破損しているので(読み込みストリーム)、埋め込まれません Font %1 is broken (no Face), discarding it フォント %1 は破損しているので(フェースなし)、破棄されます Font %1 has broken glyph %2 (charcode %3) フォント %1 は破損したグリフです %2 (文字コード %3) Font %1 cannot be read, no embedding フォント %1 が読み込めないので、埋め込まれません Font %1 is broken, discarding it フォント %1 は壊れているので破棄されます Creating Font Cache フォントキャッシュを作成中 Failed to load font %1 - font type unknown フォント %1 の読み込みに失敗しました - フォントタイプ不明 New Font found, checking... 新しいフォントが見つかりました。チェック中... Modified Font found, checking... 変更されたフォントを発見、チェック中... Font %1 loaded from %2(%3) フォント %1 は %2(%3) から読み込まれました Font %1(%2) is duplicate of %3 フォント %1(%2)は %3 のコピーです Loading font %1 (found using fontconfig) フォントをロード中 %1 (fontconfigを使用して検索) Failed to load a font - freetype2 couldn't find the font file フォントの読み込みに失敗しました - freetype2はフォントファイルを見つけられませんでした Reading Font Cache フォントキャッシュを読み込み中 Writing updated Font Cache 更新されたフォントキャッシュを書き込み中 Searching for Fonts フォントを検索中 extracting face %1 from font %2 (offset=%3, nTables=%4) フォント %2 からフェース %1 を抽出しています (offset=%3, nTables=%4) memcpy header: %1 %2 %3 memcpyヘッダ: %1 %2 %3 table '%1' テーブル '%1' memcpy table: %1 %2 %3 memcpyテーブル: %1 %2 %3 memcpy offset: %1 %2 %3 memcpyオフセット: %1 %2 %3 Initializing... 初期化中... Scribus Development Version Scribus 開発バージョン <p>You are trying to import more pages than there are available in the current document counting from the active page.</p>Choose one of the following:<br><ul><li><b>Create</b> missing pages</li><li><b>Import</b> pages until the last page</li><li><b>Cancel</b></li></ul> C&reate 作成(&R) &Import インポート(&I) The changes to your document have not been saved and you have requested to revert them. Do you wish to continue? ドキュメントの変更点が保存されておらず、取り消しを求められました。続けますか? Save as 名前を付けて保存 pt pt mm mm in in p p cm cm c c Points (pt) ポイント (pt) Millimeters (mm) ミリメートル(mm) Inches (in) インチ (in) Picas (p) パイカ (p) Centimeters (cm) センチメートル(cm) Cicero (c) シセロ (c) File exists ファイルは存在します A file named '%1' already exists.<br/>Do you want to replace it with the file you are saving? ファイル名 '%1' は既に存在します。<br/>保存しようとしているファイルで置き換えますか? page page export ページ Color Wheel カラーホイール Font Preview フォントプレビュー My Plugin 自作プラグイン New From Template テンプレートから新規作成 Document Template: ドキュメントテンプレート: Newsletters ニュースレター Brochures パンフレット Catalogs カタログ Flyers チラシ Signs 看板 Cards カード Letterheads レターヘッド Envelopes 封筒 Business Cards 名刺 Calendars カレンダー Advertisements 広告 Labels ラベル Menus メニュー Programs プログラム PDF Forms PDFフォーム PDF Presentations PDFプレゼンテーション Magazines 雑誌 Posters ポスター Announcements アナウンス Text Documents テキストドキュメント Folds 折り目 Media Cases メディアケース Own Templates 自作のテンプレート Open 開く Save As Template テンプレートに名前を付けて保存 Cannot get a color with an empty name. python error 名前をつけずに色を取得することはできません Color not found. python error 色が見つかりません Cannot change a color with an empty name. python error 名前をつけずに色を変更することはできません Color not found in document. python error ドキュメント中に色が見つかりません Color not found in default colors. python error デフォルト色の中に色が見つかりません Cannot create a color with an empty name. python error 名前をつけずに色を作成することはできません Cannot delete a color with an empty name. python error 名前をつけずに色を削除することはできません Cannot replace a color with an empty name. python error 名前をつけずに色を置き換えることはできません firstPageOrder is bigger than allowed. python error firstPageOrderが限度より大きな値です Failed to open document. python error ドキュメントを開くのに失敗しました Failed to save document. python error ドキュメントの保存に失敗しました Unit out of range. Use one of the scribus.UNIT_* constants. python error 単位が範囲を越えています。scribus.UNIT_*定数のうち一つを使用してください。 Color not found - python error python error 色が見つかりません - pythonエラー Argument must be page item name, or PyCObject instance 引数はページアイテム名かPyCObjectインスタンスである必要があります。 Property not found プロパティが見つかりません Couldn't convert result type '%1'. 結果タイプ '%1' は変換できません Property type '%1' not supported プロパティタイプ '%1' はサポートされていません Couldn't convert '%1' to property type '%2' '%1' からプロパティタイプ '%2' に変換できません Types matched, but setting property failed. タイプは合っていますが、プロパティの設定に失敗しました。 Target is not an image frame. python error ターゲットは画像フレームではありません Specified item not an image frame. python error 指定されたアイテムは画像フレームではありません Cannot group less than two items python error アイテムが2個以下ではグループ化できません Need selection or argument list of items to group python error グループ化するにはアイテムの選択か引数リストが必要です Cannot scale by 0%. python error スケールは0%にできません Font not found. python error フォントが見つかりません Cannot render an empty sample. python error サンプルなしでは描画できません Unable to save pixmap scripter error ピックスマップを保存できません Cannot have an empty layer name. python error レイヤー名なしにすることはできません Layer not found. python error レイヤーが見つかりません Cannot remove the last layer. python error 最後のレイヤーは削除できません Cannot create layer without a name. python error 名前のないレイヤーを作成することはできません Object not found. python error オブジェクトが見つかりません Style not found. python error スタイルが見つかりません Cannot set style on a non-text frame. python error 非テキストフレームのスタイルを設定できません Failed to save EPS. python error EPSの保存に失敗しました Page number out of range. python error ページ番号が範囲を越えています argument is not list: must be list of float values. python error 引数がリストではありません: 浮動少数の値のリストでなければなりません argument contains non-numeric values: must be list of float values. python error 引数に数値以外の値が含まれています: 浮動少数の値のリストでなければなりません argument contains no-numeric values: must be list of float values. python error 引数に数値以外の値が含まれています: 浮動少数の値のリストでなければなりません Line width out of bounds, must be 0 <= line_width <= 12. python error 線幅が範囲を越えています。0<=線幅<=12でなければなりません。 Line shade out of bounds, must be 0 <= shade <= 100. python error 線の濃さが範囲を越えています。0<=濃さ<=100でなければなりません。 Fill shade out of bounds, must be 0 <= shade <= 100. python error 塗りつぶし色の濃さが範囲を越えています。0<=濃さ<=100でなければなりません。 Corner radius must be a positive number. python error コーナーの角度は正数でなければなりません Line style not found. python error 線スタイルが見つかりません Cannot get font size of non-text frame. python error 非テキストフレームのフォントサイズを取得できません Cannot get font of non-text frame. python error 非テキストフレームのフォントを取得できません Cannot get text size of non-text frame. python error 非テキストフレームのテキストサイズを取得できません Cannot get column count of non-text frame. python error 非テキストフレームの列数を取得できません Cannot get line space of non-text frame. python error 非テキストフレームの行間隔を取得できません Cannot get column gap of non-text frame. python error 非テキストフレームの列のギャップを取得できません Cannot get text of non-text frame. python error 非テキストフレームのテキストを取得できません Cannot set text of non-text frame. python error 非テキストフレームのテキストを設定できません Cannot insert text into non-text frame. python error 非テキストフレームにテキストを挿入できません Insert index out of bounds. python error 挿入されたインデックスが範囲を越えています Alignment out of range. Use one of the scribus.ALIGN* constants. python error 配置が範囲を越えています。scribus.ALIGN*定数のうち一つを使用してください。 Cannot set text alignment on a non-text frame. python error 非テキストフレームにテキスト配置を設定できません Font size out of bounds - must be 1 <= size <= 512. python error フォントサイズが範囲を越えています。 1<=サイズ<=512でなければなりません。 Cannot set font size on a non-text frame. python error 非テキストフレームのフォントサイズを設定できません Cannot set font on a non-text frame. python error 非テキストフレームのフォントを設定できません Line space out of bounds, must be >= 0.1. python error 行間隔が範囲を越えています。0.1以上にしてください。 Cannot set line spacing on a non-text frame. python error 非テキストフレームに行間隔を設定できません Column gap out of bounds, must be positive. python error 列のギャップが範囲を越えています。正の値でなければなりません。 Cannot set column gap on a non-text frame. python error 非テキストフレームの列のギャップを設定できません Column count out of bounds, must be > 1. python error 列数が範囲を越えています。1以上でなければなりません。 Cannot set number of columns on a non-text frame. python error 非テキストフレームに行数を設定できません Selection index out of bounds python error 選択されたインデックスが範囲を越えています Cannot select text in a non-text frame python error 非テキストフレームでテキストを選択できません Cannot delete text from a non-text frame. python error 非テキストフレームからテキストを削除できません。 Cannot set text fill on a non-text frame. python error 非テキストフレームにテキストの塗りつぶしを設定できません Cannot set text stroke on a non-text frame. python error テキストの輪郭は非テキストフレームには設定できません Cannot set text shade on a non-text frame. python error テキストの濃さは非テキストフレームには設定できません Can only link text frames. python error テキストフレームのみにリンクできます Target frame links to another frame. python error ターゲットフレームは他のフレームにリンクしています Target frame is linked to by another frame. python error ターゲットフレームは他のフレームによってリンクされています Source and target are the same object. python error ソースとターゲットが同じオブジェクトです Cannot unlink a non-text frame. python error 非テキストフレームのリンクを解除できません Object is not a linked text frame, can't unlink. python error オブジェクトはテキストフレームにリンクされておらず、リンク解除できません Cannot convert a non-text frame to outlines. python error 非テキストフレームをアウトラインに変換できません Only text frames can be checked for overflowing python error テキストフレームのみオーバーフローのチェックを行います Can't set bookmark on a non-text frame python error 非テキストフレームにブックマークを設定できません Can't get info from a non-text frame python error 非テキストフレームから情報を取得できません The filename must be a string. python error ファイル名は文字列でなければなりません The filename should not be empty string. python error ファイル名は空文字列ではいけません Cannot delete image type settings. python error 画像タイプ設定を削除できません The image type must be a string. python error 画像タイプは文字列でなければなりません 'allTypes' attribute is READ-ONLY python error '全てのタイプ'の属性は読み込み専用です Failed to export image python error 画像のエクスポートに失敗しました &Execute Script... スクリプトを実行(&E)... Show &Console コンソールを表示(&C) &About Script... スクリプトについて(&A)... &Script スクリプト(&S) &Scribus Scripts Scribusスクリプト(&S) &Recent Scripts 最近開いたスクリプト(&R) About Script スクリプトについて Scripter スクリプタ Scribus Python interface module This module is the Python interface for Scribus. It provides functions to control scribus and to manipulate objects on the canvas. Each function is documented individually below. A few things are common across most of the interface. Most functions operate on frames. Frames are identified by their name, a string - they are not real Python objects. Many functions take an optional (non-keyword) parameter, a frame name. Many exceptions are also common across most functions. These are not currently documented in the docstring for each function. - Many functions will raise a NoDocOpenError if you try to use them without a document to operate on. - If you do not pass a frame name to a function that requires one, the function will use the currently selected frame, if any, or raise a NoValidObjectError if it can't find anything to operate on. - Many functions will raise WrongFrameTypeError if you try to use them on a frame type that they do not make sense with. For example, setting the text color on a graphics frame doesn't make sense, and will result in this exception being raised. - Errors resulting from calls to the underlying Python API will be passed through unaltered. As such, the list of exceptions thrown by any function as provided here and in its docstring is incomplete. Details of what exceptions each function may throw are provided on the function's documentation, though as with most Python code this list is not exhaustive due to exceptions from called functions. Custom (optional) configuration: short words plugin カスタム(オプション)設定: Standard configuration: short words plugin 標準設定: Short Words ショートワード Short Words processing. Wait please... short words plugin ショートワードを処理しています。お待ちください... Short Words processing. Done. short words plugin ショートワードを処理しています。完了。 SVG Export SVGエクスポート SVG Import SVGインポート Old .sla format support 旧.slaフォーマットのサポート OpenOffice.org Draw Importer OpenOffice.org Drawインポータ Comma Separated Value Files カンマ区切りの値のファイル CSV_data CSV_data CSV_header CSV_header HTML Files HTMLファイル html html External Links 外部リンク OpenDocument Text Documents OpenDocument テキストドキュメント OpenOffice.org Writer Documents OpenOffice.org Writerドキュメント Text Filters テキストフィルタ Text Files テキストファイル Japanese 日本語 Luxembourgish ルクセンブルグ語 Font %1(%2) is broken フォント %1(%2) は壊れています Barcode Generator バーコード生成 Given master page name does not match any existing. python error 指定されたマスターページは既存のものにマッチしません OpenOffice.org Draw (*.sxd *.odg);;All Files (*) OpenOffice.org Draw (*.sxd *.odg);;全てのファイル (*) Word Documents Wordドキュメント Palm PDB Documents PDB Importer Palm PDBドキュメント PDB Import PDB Importer PDBインポート Could not open file %1 PDB Importer ファイル%1を開けません Arabic アラビア Dzongkha ゾンカー語 Estonian エストニア語 font %1 フォント %1 size %1 サイズ %1 +style +スタイル  +color +色 +underline +下線 -underline -下線 +strikeout +打ち消し線 -strikeout -打ち消し線 +shadow +シャドゥ -shadow -シャドゥ +outline +アウトライン -outline -アウトライン -tracking -トラッキング +stretch +ストレッチ parent= %1 親 = %1 Latin ラテン語 Icelandic アイスランド語 Romanian ルーマニア語 Quarto クアトロ Foolscap フールスキャップ Letter レター Govt. Letter 行政レター Legal リーガル Ledger レジャー Executive エグゼクティブ Post ポスト Crown クラウン Large Post ラージポスト Demy ドゥミ Medium Royal ロイヤル Elephant エレファント Double Demy ダブルドゥミ Quad Demy クワドドゥミ STMT STMT A A B B C C D D E E %1 may be corrupted : missing resolution tags %1 はおそらく破損しています : 不明な解像度タグ Font %1 has broken glyph %2 フォント %1 に壊れたグリフ %2 が含まれています Transparency out of bounds, must be 0 <= transparency <= 1. python error 透明度が範囲を越えています。0 <= 透明度 <= 1である必要があります。 Blendmode out of bounds, must be 0 <= blendmode <= 15. python error 合成モードが範囲を越えています。0 <= 合成モード <= 15である必要があります。 Scribus 1.2.x Support Scribus 1.2.x サポート Cannot get number of lines of non-text frame. python error テキストフレーム以外では行数を取得できません。 You are running a development version of Scribus 1.3.x. The document you are working with was created in Scribus 1.2.x. Saving the current file under 1.3.x renders it unable to be edited in Scribus 1.2.x versions. To preserve the ability to edit in 1.2.x, save this file under a different name and further edit the newly named file and the original will be untouched. Are you sure you wish to proceed with this operation? +tracking %1 +トラッキング %1 +baseline %1 +ベースライン %1 Breton ブリタニー語 English (American) 英語 (米国) %1 may be corrupted : missing or wrong resolution tags %1 はおそらく破損しています : 不明もしくは不正な解像度タグ English (Australian) 英語 (オーストラリア) German (Swiss) ドイツ語 (スイス) Hebrew ヘブライ Font %1 has broken metrics in file %2, ignoring metrics ファイル %2 に含まれるフォント %1 はメトリックスが壊れているので、メトリックスを無視します Chinese (Trad.) 中国語 (繁体字) Scribus 1.3.0->1.3.3.x Support Scribus 1.3.0->1.3.3.x サポート Copy of %1 (%2) %1のコピー (%2) % % Khmer Khmer Lao Lao Vietnamese Vietnamese An error occurred while initializing icc transforms icc変換の初期化の際にエラーが発生しました Output profile is not supported 出力プロファイルはサポートされていません。 WMF Import WMFインポート New Layer 新規レイヤー Adobe Illustrator Importer Adobe Illustratorインポータ Imposition 面付け PostScript Importer PostScriptインポータ %1;;All Files (*) %1;;全てのファイル (*) Do you really want to overwrite the file: %1 ? 本当にファイルを上書きしますか: %1 ? Encapsulated PostScript Encapsulated PostScript GIF GIF JPEG JPEG Pattern Files パターンファイル PDF Document PDFドキュメント PNG PNG PostScript PostScript Adobe Photoshop Adobe Photoshop TIFF TIFF XPM XPM Windows Meta File Windowsメタファイル Scalable Vector Graphics スケーラブルベクトルグラフィックス Adobe Illustrator Adobe Illustrator Valid metrics were found for font %1, using metrics in file %2 ファイル %2 中で、メトリックスを使用しているフォント %1 に合った有効なメトリックスが見つかりました No metrics found for font %1, ignoring font フォント %1 にメトリックスが見つかりません。フォントを無視します。 Error エラー second argument is not tuple: must be tuple of int values. python error second argument contains non-numeric values: must be list of int values. python error 第2引数に数値でない値を含んでいます: 整数値のリストの必要があります。 Lens Effects レンズ効果 PathCutter PathCutter PathFinder PathFinder PathStroker PathStroker Spell check (aspell) スペルチェック (aspell) Subdivide 再分割 Xfig Importer Xfigインポータ Xfig File Xfigファイル Parsing the configfile %1 failed! Depending on the type of the error render frames might not work correctly! %2 MeshDistortion MeshDistortion PathAlongPath PathAlongPath Transform Effect 変形効果 ° degrees, unicode 0xB0 ° Configfile %1 not found or the file is not readable 設定ファイル %1 が見つからないかファイルが読めません Bengali ベンガル語 Sanskrit サンスクリット語 Scribus 1.3.4+ Support Scribus 1.3.4+ サポート PathConnect PathConnect The Font(s): %1 are not embedded or available for Scribus. They might be replaced by "Courier", depending how your Ghostscript is configured. Therefore the image may be not correct フォント: %1 は埋め込まれていないかScribusで利用できません。 Ghostscriptの設定によって、これらのフォントは "Courier" で置換されていることがあります。 そのため、画像が正確でない可能性があります。 Save As 名前を付けて保存 Printing... 印刷中... Norwegian (Bokmål) ノルウェー語 (ブークモール) Color name cannot be an empty string. python error 色の名前は空文字列にできません。 Point list must contain at least two points (four values). python error 点リストは少なくとも2つの点を含んでいる必要があります(4つの値)。 Point list must contain an even number of values. python error 点リストは偶数個の点である必要があります。 Point list must contain at least three points (six values). python error 点リストは少なくとも3つの点を含んでいる必要があります(6つの値)。 Point list must contain at least four points (eight values). python error 点リストは少なくとも4つの点を含んでいる必要があります(8つの値)。 Point list must have a multiple of six values. python error 点リストは6つの複数の値である必要があります。 Stop shade out of bounds, must be 0 <= shade <= 100. python error Ramp point out of bounds, must be 0 <= rampPoint <= 1. python error Opacity out of bounds, must be 0 <= transparency <= 1. python error Cannot have an empty paragraph style name. python error 段落スタイル名を空にできません。 hasdropcap has to be 0 or 1. python error hasdropcapは0か1である必要があります。 Cannot have an empty char style name. python error 文字スタイル名を空にできません。 Cannot get text distances of non-text frame. python error 非テキストフレームのテキストの距離を取得できません。 Text distances out of bounds, must be positive. python error テキストの距離が範囲を超えています。正数である必要があります。 Cannot set text distances on a non-text frame. python error 非テキストフレーム上のテキストの距離を設定できません。 Can only hyphenate text frame python error テキストフレームのハイフン処理のみ行えます Can only dehyphenate text frame python error テキストフレームのハイフン解除のみ行えます This file is not recognized as a PDB document. Please, report this as a bug if you are sure it is one. PDB Importer このファイルはPDBドキュメントとして認識できませんでした。もし間違いなくPDBなのであれば、これをバグとして報告してください。 Norwegian (Bokmål) Character scaling out of bounds, must be >= 10 python error Cannot set character scaling on a non-text frame. python error QTextEdit Clear クリア Select All 全て選択 &Undo 元に戻す(&U) &Redo やり直し(&R) Cu&t 切り取り(&T) &Copy コピー(&C) &Paste 貼り付け(&P) QTitleBar System Menu システムメニュー Shade シェード Unshade シェードを解除 Normalize 正規化 Minimize 最小化 Maximize 最大化 Close 閉じる QWorkspace &Restore 修復(&R) &Move 移動(&M) &Size サイズ(&S) Mi&nimize 最小化(&N) Ma&ximize 最大化(&X) &Close 閉じる(&C) Stay on &Top 最前面に置く(&T) Minimize 最小化 Restore Down 元のサイズに戻す Close 閉じる Sh&ade シェード(&A) %1 - [%2] %1 - [%2] &Unshade 非シェード(&U) ReformDoc Document Setup ドキュメントセットアップ Document ドキュメント Document Information ドキュメント情報 Guides ガイド Display 表示 Typography タイポグラフィ Tools ツール Hyphenator ハイフン Fonts フォント Preflight Verifier プリフライト検証 PDF Export PDF出力 Document Item Attributes ドキュメントアイテム属性 Table of Contents and Indexes 目次とインデックス Sections セクション Color Management カラーマネージメント Adjusting Colors 色を調整中 RulerMover Reset Rulers 定規をリセット Move on current Page 現在のページに移動 Origin at Top Left 左上を始点とする Origin at Top Right 右上を始点とする Origin at Bottom Left 左下を始点とする Origin at Bottom Right 右下を始点とする Origin at Center 中央を始点とする RunScriptDialog Dialog ダイアログ Run as Extension Script 拡張スクリプトとして実行 Python Scripts (*.py *.PY);; All Files (*) Pythonスクリプト (*.py *.PY);; 全てのファイル (*) Run Script SMAlignSelect P P as in Parent P Use parent style's alignment instead of overriding it 上書きする代わりに親の整列スタイルを使用 SMCStyleWidget Based On: ベース: Language: 言語: Basic Formatting 基本的なフォーマット % % Advanced Formatting 詳細なフォーマット TextLabel TextLabel Colors Parent Style 親のスタイル Font Face フォントフェイス Font Size フォントサイズ Tracking トラッキング Baseline Offset ベースラインオフセット Horizontal Scaling 水平方向の倍率 Vertical Scaling 垂直方向の倍率 Language 言語 Fill Color 塗りつぶし色 Fill Shade 塗りつぶし色の濃さ Stroke Color 輪郭色 Stroke Shade 輪郭色の濃さ Shade 色の濃さ A default style cannot be assigned a parent style デフォルトスタイルは親スタイルに割り当てることができません Default width for space 空白のデフォルト幅 SMCharacterStyle Properties プロパティ Character Styles 文字スタイル Character Style 文字スタイル New Style 新規スタイル Clone of %1 %1のコピー %1 (%2) This for unique name when creating a new character style. %1 will be the name of the style and %2 will be a number forming a style name like: New Style (2) %1 (%2) Setting that style as parent would create an infinite loop. そのスタイルを親として設定すると無限ループに陥ります。 SMColorCombo Use Parent Value 親の値を使用 SMFontComboH Use Parent Font 親のフォントを使用 SMLineStyle Properties プロパティ Line Styles 線スタイル Line Style 線スタイル New Style 新規スタイル Clone of %1 %1のコピー %1 (%2) This for unique name when creating a new character style. %1 will be the name of the style and %2 will be a number forming a style name like: New Style (2) %1 (%2) pt pt Solid Line 実線 Dashed Line 破線 Dotted Line 点線 Dash Dot Line 破点線 Dash Dot Dot Line 破点点線 pt pt SMLineStyleWidget % % Line Width: 線幅: Flat Cap フラットキャップ Square Cap スクェアキャップ Round Cap ラウンドキャップ Miter Join マイタージョイン Bevel Join ベベルジョイン Round Join ラウンドジョイン Add a new line 新しい線を追加 Remove a line 線を削除 Line style 線スタイル Line width 線の幅 End style 終端スタイル Join style スタイルを結合 Line color 線の色 Line shade 線の濃さ pt pt SMPStyleWidget Distances and Alignment 距離と配置 Drop Caps ドロップキャップ Tabulators and Indentation タブとインデント Properties プロパティ &Lines: 行数(&L): Distance from Text: テキストからの距離: Based On: ベース: TextLabel TextLabel Ch&aracter Style 文字スタイル(&A) Fixed Linespacing 固定した行間隔 Automatic Linespacing 自動行間隔 Align to Baseline Grid ベースライングリッドに合わせる Parent Style 親のスタイル Line Spacing Mode 行間隔モード Line Spacing 行間隔 Space Above 上のスペース Space Below 下のスペース Drop Cap Lines ドロップキャップ線 Drop Cap Offset ドロップキャップオフセット Alignment 配置 First Line Indent 最初の行のインデント Left Indent 左インデント Right Indent 右インデント Character Style 文字スタイル Maximum white space compression allowed. Expressed as a percentage of the current white space value. Maximum compression of glyphs 最大のグリフ圧縮 Maximum extension of glyphs 最大のグリフ拡張 Optical Margins 光学マージン A default style cannot be assigned a parent style デフォルトスタイルは親スタイルに割り当てることができません Min. Space Width: 最小のスペース幅: Use Parent Value 親の値を使用 Reset to Default デフォルトにリセット Advanced Settings 詳細設定 None なし Both Sides 両側 Left Only 左のみ Right Only 右のみ Glyph Extension グリフ拡張 Min: Glyph Extension 最小: Max: Glyph Extension 最大: SMParagraphStyle Paragraph Styles 段落スタイル Paragraph Style 段落スタイル New Style 新規スタイル Clone of %1 %1のコピー %1 (%2) This for unique name when creating a new character style. %1 will be the name of the style and %2 will be a number forming a style name like: New Style (2) %1 (%2) Setting that style as parent would create an infinite loop. そのスタイルを親として設定すると無限ループに陥ります。 SMReplaceDia Delete Styles スタイルを削除 &OK OK(&O) Ca&ncel キャンセル(&N) Alt+N Alt+N Remove 削除 Replace with 置換文字列 SMRowWidget No Style スタイルなし SMScComboBox Use Parent Value 親の値を使用 SMShadeButton Use Parent Value 親の値を使用 SMStyleImport Choose Styles スタイルを選択 Available Styles 利用可能なスタイル &Rename Imported Style インポートされたスタイルの名前を変更(&R) R&eplace Existing Style 既存のスタイルを置換(&E) Character Styles 文字スタイル Paragraph Styles 段落スタイル Line Styles 線スタイル Select or Unselect All 全て選択または選択解除 In case of a name clash 名前が衝突した場合 SMStyleSelect P P as in Parent P Use parent style's effects instead of overriding them 上書きする代わりに親のスタイル効果を使用 SMTabruler Parent Tabs 親タブ SToolBAlign Style Settings スタイル設定 Style of current paragraph 現在の段落のスタイル SToolBColorF Fill Color Settings 塗りつぶし色の設定 Color of text fill テキストの塗りつぶし色 Saturation of color of text fill テキストの塗りつぶし色の彩度 SToolBColorS Stroke Color Settings 輪郭色の設定 Color of text stroke テキストの輪郭色 Saturation of color of text stroke テキストの輪郭色の彩度 SToolBFont Font Settings フォント設定 Font of selected text 選択されたテキストのフォント Font Size フォントサイズ Scaling width of characters 文字幅の倍率 Scaling height of characters 文字高さの倍率 SToolBStyle Character Settings 文字設定 Manual Tracking 手動トラッキング SVGExportPlugin Exports SVG Files SVGファイルをエクスポート Exports the current page into an SVG file. 現在のページをSVGファイルにエクスポート Save as &SVG... SVGとして保存(&S)... Compress File 圧縮ファイル Save Images inline 画像をインラインで保存 Adds all Images on the Page inline to the SVG. Caution: this will increase the file size! Export Page background ページを背景に出力 Adds the Page itself as background to the SVG. SVGの背景としてページ自体を追加 SVGImportPlugin Import &SVG... SVGをインポート(&S)... Imports SVG Files SVGファイルをインポート Imports most SVG files into the current document, converting their vector data into Scribus objects. 現在のドキュメントに、ベクトルデータをScribusオブジェクトに変換して、ほとんどのSVGファイルをインポートします。 SVG file contains some unsupported features SVGファイルはサポートされていない機能を含んでいます The file could not be imported ファイルがインポートできません SVGPlug Group%1 グループ%1 SWDialog Short Words short words plugin ショートワード Apply unbreakable space on: short words plugin 改行なしスペースを以下に適用: &Selected frames short words plugin 選択されたフレーム(&S) Active &page short words plugin アクティブなページ(&P) &All items short words plugin 全てのアイテム(&A) Only selected frames processed. short words plugin 選択されたフレームのみ処理しました Only actual page processed. short words plugin 実際のページのみ処理しました All items in document processed. short words plugin ドキュメント中の全てのアイテムを処理しました Short Words ショートワード &Languages: 言語(&L): Apply Unbreakable Space On: 改行なしスペースを以下に適用: &Selected Frames 選択されたフレーム(&S) Active &Page アクティブなページ(&P) &All Items 全てのアイテム(&A) Language Settings 言語設定 &Use Language from Style Definition スタイル定義を元に言語を使用(&U) SWPrefsGui User settings ユーザ設定 System wide configuration システム全般の設定 &Save 保存(&S) &Reset リセット(&R) Save user configuration ユーザ設定を保存 Reload system wide configuration and remove user defined one システム全般の設定を再読み込みしてユーザ定義の設定を削除する Edit custom configuration. If you save it, it will be used over system wide configuration カスタム設定を編集します。保存すると、システム全体での設定として使用されます。 Short Words ショートワード Cannot write file %1. ファイル %1 の書き込みができません User settings saved ユーザ設定を保存しました System wide configuration reloaded システム全般の設定を再読み込みしました Cannot open file %1 ファイル %1 が開けません User configuration exists already. Do you really want to overwrite it? ユーザ設定がすでに存在します。本当に上書きしますか? SaveAsTemplatePlugin Save as &Template... テンプレートとして保存(&T)... Save a document as a template ドキュメントをテンプレートとして保存 Save a document as a template. Good way to ease the initial work for documents with a constant look ドキュメントをテンプレートとして保存します。決まった見栄えのドキュメントの初期作業を簡単にする良い方法です。 ScGTFileDialog Select a file to import インポートするファイルを選択 Append 追加 Show options オプションを表示 ScInputDialog Input Dialog ダイアログに入力 InputDialog 入力ダイアログ &OK OK(&O) &Cancel キャンセル(&C) ScPlugin Load/Save/Import/Export 読み込み/保存/インポート/エクスポート Persistent plugin manager plugin type 保護 Action plugin manager plugin type アクション Unknown 不明 ScProgressBar %1 of %2 %1 of %2 Scribus12Format Scribus 1.2.x Document Scribus 1.2.x ドキュメント Copy #%1 of #%1のコピー Scribus 1.2.x File Format Support Scribus 1.2.x ファイルフォーマットサポート Allows Scribus to read Scribus 1.2.x formatted files. Scribus 1.2.x フォーマットファイルの読み込みを許可 You have opened a file produced by Scribus 1.2.x. If you save it in this version, it will no longer be readable by older Scribus versions. Scribus134Format Copy #%1 of #%1のコピー Scribus 1.3.4+ File Format Support Scribus 1.3.4+ ファイルフォーマットサポート Allows Scribus to read Scribus 1.3.4 and higher formatted files. Scribus 1.3.4またはそれ以上のフォーマットファイルの読み込みを許可 Scribus 1.3.4+ Document Scribus 1.3.4+ ドキュメント Scribus13Format Copy #%1 of #%1のコピー Scribus 1.3.0->1.3.3.7 Document Scribus 1.3.0->1.3.3.7 ドキュメント Scribus 1.3.x File Format Support Scribus 1.3.x ファイルフォーマットサポート Allows Scribus to read Scribus 1.3.0->1.3.3.x formatted files. Scribus 1.3.0->1.3.3.x フォーマットファイルの読み込みを許可 You have opened a file produced by Scribus 1.3.3.x. If you save it in this version, it will no longer be readable by older Scribus versions. ScribusCore Initializing Plugins プラグインを初期化中 Initializing Keyboard Shortcuts キーボードショートカットを初期化中 Reading Preferences 設定を読み込み中 Searching for Fonts フォントを検索中 There are no fonts found on your system. システム上にフォントがありません Exiting now. 終了しています Fatal Error 致命的なエラー Font System Initialized フォントシステムを初期化 Reading Color Profiles カラープロファイルを読み込み中 ScribusDoc Document ドキュメント Background 背景 Do you really want to clear all your text? 本当に全てのテキストを消去しますか? Cannot Delete In-Use Item 使用中のアイテムは削除できません The item %1 is currently being edited by Story Editor. The delete operation will be cancelled アイテム %1 は、現在ストーリエディタで編集されています。削除はキャンセルされました。 Some objects are locked. オブジェクトがロックされています &Unlock All 全てロック解除(&U) &Skip locked objects ロックされたオブジェクトを飛ばす(&S) An error occurred while opening ICC profiles, color management is not enabled. ICCプロファイルを開く際にエラーが発生しました。カラーマネージメントは有効ではありません。 Number of copies: %1 Horizontal gap: %2 Vertical gap: %3 印刷部数: %1 水平ギャップ: %2 垂直ギャップ: %3 Adjusting Colors 色を調整中 remove direct paragraph formatting 段落フォーマットを削除 remove direct char formatting 文字フォーマットを削除 Number of copies: %1 Horizontal shift: %2 Vertical shift: %3 Rotation: %4 部数: %1 水平移動: %2 垂直移動: %3 回転: %4 Group%1 グループ%1 Copy_of_ 以下のコピー Imported Prefix of imported default style インポート済み ScribusMainWindow Initializing Story Editor ストーリエディタを初期化中 Initializing Hyphenator ハイフンを初期化中 Reading Scrapbook スクラップブックを読み込み中 Fatal Error 致命的なエラー Open &Recent 最近のファイルを開く(&R) &Import インポート(&I) &Export エクスポート(&E) Preview Settings プレビュー設定 Level レベル Send to La&yer レイヤーに送る(&Y) &PDF Options PDFオプション(&P) C&onvert To 変換(&O) Character 文字 Quote 引用符 Space 空白 &Alignment 配置(&A) Ready 準備完了 Open 開く Importing Pages... ページをインポート中... Import Page(s) ページをインポート Import done インポート完了 Found nothing to import インポートするものが見つかりません File %1 is not in an acceptable format ファイル %1 は受け入れ可能なフォーマットではありません Loading... 読み込み中... was replaced by: は以下で置換されます: (converted) (変換済み) All Supported Formats サポートされている全てのフォーマット Cannot write the file: %1 ファイルを書き込めません: %1 Save As 名前を付けて保存 Saving... 保存中... Scribus has detected some errors. Consider using the Preflight Verifier to correct them Scribusはいくつかのエラーを検知しました。修正するにはプリフライト検証の利用を考えてください。 Printing... 印刷中... Document ドキュメント Printing failed! 印刷に失敗しました! Cannot Cut In-Use Item 使用中のアイテムは切り取りできません The item %1 is currently being edited by Story Editor. The cut operation will be cancelled アイテム %1 は、現在ストーリエディタで編集されています。切り取りはキャンセルされました。 About Qt Qtについて Scribus Manual Scribusマニュアル Text Files (*.txt);;All Files(*) テキストファイル (*.txt);;全てのファイル(*) &Size: サイズ(&S): Size サイズ &Shade: 色の濃さ(&S): Shade 色の濃さ No Style スタイルなし The following programs are missing: 以下のプログラムが見つかりません: Ghostscript : You cannot use EPS images or Print Preview Ghostscript : EPS画像や印刷プレビューは使用できません Ghostscript : You cannot use EPS images or PostScript Print Preview Ghostscript : EPS画像やPostScript印刷プレビューは使用できません All 全て Scribus detected some errors. Consider using the Preflight Verifier to correct them. エラーを検知しました。 これらを訂正するためにプリフライト検証を使用することを考えてください。 Detected some errors. Consider using the Preflight Verifier to correct them エラーを検知しました。 これらを訂正するためにプリフライト検証を使用することを考えてください。 -Page%1 ページ%1 Some objects are locked. オブジェクトがロックされています &Lock All 全てロック(&L) &Unlock All 全てロック解除(&U) Information 情報 The program %1 is already running! プログラム %1 はすでに実行しています! The program %1 is missing! プログラム %1 が見つかりません! The selected color does not exist in the document's color set. Please enter a name for this new color. 選択された色はドキュメントのカラーセットの中に存在しません。この新しい色の名前を入力してください。 Color Not Found 色が見つかりません The name you have selected already exists. Please enter a different name for this new color. 選択された名前はすでに使用されています。この新しい色に別の名前を入力してください。 &Level レベル(&L) Send to Layer レイヤーに送る Previe&w Settings プレビュー設定(&W) X-Pos: 位置X: Y-Pos: 位置Y: Contents 目次 &Character 文字(&C) &Quote 引用符(&Q) S&paces && Breaks スペースと改行(&P) Liga&ture リガチャ(&T) Do you really want to replace your existing image? 本当に既存の画像を置き換えますか? Paste Recent 最近の貼り付け Documents (*.sla *.sla.gz);;All Files (*) ドキュメント (*.sla *.sla.gz);;全てのファイル (*) Do you really want to clear all your text? 本当に全てのテキストを消去しますか? Online &Tutorials オンラインチュートリアル(&T) Some color profiles used by this document are not installed: このドキュメントで使用されているいくつかのカラープロファイルはインストールされていません: %1;;All Files (*) %1;;全てのファイル (*) Applying User Shortcuts ユーザショートカットを適用しています Updating Images 画像をアップデート Your document was saved to a temporary file and could not be moved: %1 ドキュメントは一時ファイルに保存されていて移動できません: %1 Print engine initialization failed プリントエンジンの初期化に失敗しました。 &Name: 名前(&N): New Entry 新規エントリ Ghostscript is missing : PostScript Print Preview is not available Ghostscriptが見つかりません : Postscriptプリントプレビューが利用できません。 Scribus ScribusQApp Invalid argument: 無効な引数: File %1 does not exist, aborting. ファイル %1 が存在しないので中断します Usage: scribus [option ... ] [file] 使い方: scribus [オプション ... ] [ファイル] Options: オプション: Print help (this message) and exit ヘルプを表示(このメッセージ)して終了します Uses xx as shortcut for a language, eg `en' or `de' xxを言語のショートカットとして使用します。例 `en'もしくは`de' List the currently installed interface languages 現在インストールされている言語を一覧にします Show information on the console when fonts are being loaded フォントが読み込まれたときにコンソール上に情報を表示 Do not show the splashscreen on startup 起動時にスプラッシュスクリーンを表示しない Output version information and exit バージョン情報を出力して終了 Use right to left dialog button ordering (eg. Cancel/No/Yes instead of Yes/No/Cancel) 右から左の順序のダイアログボタンを使用します (例 はい/いいえ/キャンセル の代わりに キャンセル/いいえ/はい) filename ファイル名 Use filename as path for user given preferences ファイル名をユーザ指定の設定パスとして使用する Installed interface languages for Scribus are as follows: インストールされているScribusの言語は以下の通り: To override the default language choice: 標準の言語選択を上書き: scribus -l xx or scribus --lang xx, where xx is the language of choice. scribus -l xx または scribus --lang xx で xx は選択した言語です。 Scribus Version Scribusバージョン Scribus, Open Source Desktop Publishing Scribus, オープンソースデスクトップパブリッシング Homepage ホームページ Documentation ドキュメント Wiki Wiki Issues 発行 Stop the showing of the splashscreen on startup. Writes an empty file called .neversplash in ~/.scribus. 起動時にスプラッシュスクリーンを表示しません。~/.scribus中に.neversplashという空のファイルを書き込みます。 Download a file from the Scribus website and show the latest available version. Scribusウェブサイトからファイルをダウンロードして、利用可能な最新バージョンを表示します Display a console window コンソールウィンドウを表示 Show location ICC profile information on console while starting コンソールを開始する間にICCプロファイルの位置を表示 Invalid argument: %1 無効な引数: %1 ScribusView % % Copy Here ここにコピー Move Here ここに移動 Cancel キャンセル &Paste 貼り付け(&P) Print: 印刷: Enabled 有効 Disabled 無効 In&fo 情報(&F) &PDF Options PDFオプション(&P) Send to La&yer レイヤーに送る(&Y) Le&vel レベル(&V) Conve&rt to 変換(&R) Linking Text Frames テキストフレームを繋いでいます Page %1 to %2 ページ %1 から %2 Cannot Convert In-Use Item 使用中のアイテムは変換できません The item %1 is currently being edited by Story Editor. The convert to outlines operation for this item will be skipped アイテム %1 はストーリエディタで編集中です。このアイテムをアウトラインに変換する操作は、スキップします。 Contents 目次 Paste Recent 最近の貼り付け Group%1 グループ%1 Preview Mode プレビューモード CMS is active. Therefore the color display may not match the perception by visually impaired CMSが有効です。そのため、色表示が視覚障害者の認識と合わない可能性があります。 Enter Object Size オブジェクトのサイズを入力 You are trying to link a frame to itself. フレーム自身にリンクしようとしています。 You are trying to link a frame which is already linked. 既にリンクされているフレームにリンクしようとしています。 Enable/disable Color Management カラーマネージメントの有効/無効 Enable/disable the Preview Mode プレビューモードの有効/無効 Select the visual appearance of the display. You can choose between normal and several color blindness forms Configure CMS... CMSを設定... Zoom to 100% 100%にズーム Zoom out by the stepping value in Tools preferences ツールで設定されたステップ値でズームアウト Zoom in by the stepping value in Tools preferences ツールで設定されたステップ値でズームイン Current zoom level 現在のズームレベル Select the current layer 現在のレイヤを選択 Select the current unit 現在の単位を選択 High Normal 標準 Low Select the image preview quality 画像プレビューの品質を選択 ScribusWin Document: ドキュメント: has been changed since the last save. 最後に保存した時点から変更されています ScriptPlugin Embedded Python scripting support. 埋め込みPythonスクリプトサポート Scripter スクリプタ ScripterCore Script error スクリプトエラー If you are running an official script report it at <a href="http://bugs.scribus.net">bugs.scribus.net</a> please. もしオフィシャルのスクリプトを実行しているのであれば、 <a href="http://bugs.scribus.net">bugs.scribus.net</a> に報告してください。 This message is in your clipboard too. Use Ctrl+V to paste it into bug tracker. このメッセージはクリップボードにもあります。Ctrl+Vでバグトラックにペーストしてください。 There was an internal error while trying the command you entered. Details were printed to stderr. 入力されたコマンドの実行中に内部エラーが発生しました。詳細は標準エラーに出力されています。 Examine Script スクリプトを試す Setting up the Python plugin failed. Error details were printed to stderr. Pythonプラグインの設定に失敗しました。エラーの詳細は標準エラーに出力されています。 Documentation for: 以下のドキュメント: Script スクリプト doesn't contain any docstring! 何も文字列を含んでいません! Python Scripts (*.py *.PY);;All Files (*) Pythonスクリプト (*.py *.PY);;全てのファイル (*) ScripterPrefsGui Extensions 拡張 Console コンソール Enable Extension Scripts 拡張スクリプトを有効に Startup Script: 起動スクリプト: Change... 変更... Form フォーム Comments: コメント: Keywords: キーワード: Signs: 記号: Strings: 文字列: Numbers: 数字: Errors: エラー: Base Texts: ベーステキスト: Scripter Preferences スクリプタ設定 Locate Startup Script 起動スクリプトの位置 SeList Show Page Previews ページプレビューを表示 Delete Master Page? マスターページを削除しますか? Are you sure you want to delete this master page? 本当にこのマスタページを削除しますか? SeView Delete Page? ページを削除? Are you sure you want to delete this page? 本当にこのページを削除しますか? SearchReplace Search/Replace 検索/置換 Search for: 以下で検索: Text テキスト Font フォント Font Size フォントサイズ Font Effects フォントエフェクト Fill Color 塗りつぶし色 Fill Shade 塗りつぶし色の濃さ Stroke Color 輪郭色 Stroke Shade 輪郭色の濃さ Left Center 中央 Right Block ブロック Forced 強制 Replace with: 次で置換: &Whole Word 単語全体(&W) &Ignore Case 大文字小文字を区別しない(&I) &Search 検索(&S) &Replace 置換(&R) Replace &All 全て置換(&A) C&lear クリア(&L) &Close 閉じる(&C) Search finished 検索終了 Search finished, found %1 matches 検索終了。%1個マッチしました Alignment 配置 Search for text or formatting in the current text 現在のテキストにあるテキストやフォーマットを検索します Replace the searched for formatting with the replacement values 検索結果を置換する値の形式で置換します Replace all found instances 見つかったものをすべて置換 Clear all search and replace options すべての検索と置換オプションをクリア Close search and replace 検索と置換を閉じる SelectFields Select Fields フィールドを選択 Available Fields 利用可能なフィールド &>> &>> &<< &<< Selected Fields 選択されたフィールド ShadeButton Other... その他... &Shade: 色の濃さ(&S): Shade 色の濃さ ShadowValues % % X-Offset X オフセット Y-Offset Y オフセット ShortWordsPlugin Short &Words... short words plugin ショートワード(&W)... Short Words ショートワード Special plug-in for adding non-breaking spaces before or after so called short words. Available in the following languages: ShortcutWidget &No Key キーなし(&N) &User Defined Key ユーザ定義キー(&U) Set &Key キーを設定(&K) No shortcut for the style スタイルのショートカットがありません Style has user defined shortcut スタイルにユーザ定義のショートカットがあります Assign a shortcut for the style スタイルのショートカットを割り当て Alt Alt Ctrl Ctrl Shift Shift Meta Meta Meta+ Meta+ Shift+ Shift+ Alt+ Alt+ Ctrl+ Ctrl+ SideBar No Style スタイルなし Edit Styles... スタイルを編集... StoryEditor &Reload Text from Frame フレームからテキストを再読み込み(&R) &Save to File... ファイルに保存(&S)... &Load from File... ファイルから読み込み(&L)... Save &Document ドキュメントを保存(&D) &Update Text Frame and Exit テキストフレームを更新して終了(&U) &Exit Without Updating Text Frame テキストフレームを更新せずに終了(&E) Select &All 全て選択(&A) Cu&t 切り取り(&T) &Copy コピー(&C) &Paste 貼り付け(&P) C&lear クリア(&L) &Search/Replace... 検索/置換(&S)... &Insert Glyph... グリフを挿入(&I)... &Edit Styles... スタイルを編集(&E)... &Fonts Preview... フォントプレビュー(&F)... &Update Text Frame テキストフレームを更新(&U) &Background... 背景(&B)... &Display Font... フォントを表示(&D)... &Smart text selection スマートテキスト選択(&S) &File ファイル(&F) &Edit 編集(&E) &Settings 設定(&S) Story Editor ストーリエディタ File ファイル Clear All Text 全てのテキストをクリア Current Paragraph: 現在の段落: Words: 単語数: Chars: 文字数: Totals: 合計: Paragraphs: 段落数: Story Editor - %1 ストーリエディタ - %1 Do you want to save your changes? 変更点を保存しますか? Do you really want to lose all your changes? 本当に全ての変更点を破棄してもよろしいですか? Do you really want to clear all your text? 本当に全てのテキストを消去しますか? Open 開く Text Files (*.txt);;All Files(*) テキストファイル (*.txt);;全てのファイル(*) Save as 名前を付けて保存 &Insert 挿入(&I) Character 文字 Quote 引用符 Spaces && Breaks スペースと改行 Ligature リガチャ Space 空白 StrikeValues Auto 自動 % % Displacement 位置ずれ Linewidth 線幅 StyleManager Name: 名前: &Reset リセット(&R) &Apply 適用(&A) &New 新規(&N) &Import インポート(&I) &Clone コピー(&C) &Delete 削除(&D) Shortcut ショートカット Name 名前 Alt+N Alt+N Clone copies the style to make similar styles easily. 簡単に同じようなスタイルを作るためのスタイルのコピー Alt+C Alt+C Alt+I Alt+I Alt+D Alt+D Please select a unique name for the style スタイル名は重複しないものを選択してください << &Done << 完了(&D) Alt+A Alt+A Alt+R Alt+R Style Manager スタイルマネージャ Apply all changes and exit edit mode 全ての変更を適用して編集モードを終了する Edit styles スタイルを編集 Name of the selected style 選択されたスタイル名 Reset all changes 全ての変更をリセット Apply all changes 全ての変更を適用 Create a new style 新規スタイルを作成 Import styles from another document 他のドキュメントからスタイルをインポート Clone selected style 選択されたスタイルをコピー Delete selected styles 選択されたスタイルを削除 &Done 完了(&D) &Edit 編集(&E) New 新規 Import インポート Edit 編集 Clone コピー Send to Scrapbook スクラップブックに送る Delete 削除 Open 開く documents (*.sla *.sla.gz *.scd *.scd.gz);;All Files (*) ドキュメント (*.sla *.sla.gz *.scd *.scd.gz);;全てのファイル (*) New %1 新規 %1 This key sequence is already in use このキーシーケンスはすでに使用されています More than one style selected 一つ以上のスタイルが選択されました StyleSelect All Caps 全て大文字 Small Caps スモールキャピタル Subscript 下付き文字 Superscript 上付き文字 Underline Text. Hold down the button momentarily to set line width and displacement options. テキストに下線を引きます。線幅と位置ずれオプションを設定するために、ボタンをしばらく押したままにしてください。 Underline Words Only. Hold down the button momentarily to set line width and displacement options. 取り消し線。少しボタンを押したままにして、線幅と位置ずれオプションを設定してください。 Strike Out. Hold down the button momentarily to set line width and displacement options. 取り消し線。少しボタンを押したままにして、線幅と位置ずれオプションを設定してください。 Outline. Hold down the button momentarily to change the outline stroke width. Text Style Selector アウトライン。少しボタンを押したままにして、アウトラインの線幅を変更してください。 Shadowed Text. Hold down the button momentarily to enable the offset spacing. 影つきテキスト。少しボタンを押したままにして、オフセットスペースを有効にしてください。 SubdividePlugin Subdivide Path 再分割パス Path Tools パスツール Subdivide 再分割 Subdivide selected Path 選択されたパスの再分割 SxwDialog OpenOffice.org Writer Importer Options OpenOffice.org Writerインポータオプション Overwrite Paragraph Styles 段落スタイルを上書き Enabling this will overwrite existing styles in the current Scribus document これを有効にすると、現在のScribusドキュメント中の既存のスタイルを上書きします Merge Paragraph Styles 段落スタイルをマージ Merge paragraph styles by attributes. This will result in fewer similar paragraph styles, will retain style attributes, even if the original document's styles are named differently. Use document name as a prefix for paragraph styles ドキュメント名を段落スタイルのプレフィックスとして使用する Prepend the document name to the paragraph style name in Scribus. Scribusの段落スタイル名の先頭にドキュメント名を追加します。 Do not ask again 次回はたずねない Make these settings the default and do not prompt again when importing an OpenOffice.org 1.x document. これらの設定をデフォルトにし、OpenOffice.org 1.x のドキュメントをインポートする際に再度たずねません OK OK Cancel キャンセル TOCIndexPrefs Table of Contents and Indexes 目次とインデックス Table Of Contents 目次 &Add 追加(&A) Alt+A Alt+A &Delete 削除(&D) Alt+D Alt+D The frame the table of contents will be placed into 目次を配置するフレーム Item Attribute Name: アイテム属性名: The Item Attribute that will be set on frames used as a basis for creation of the entries エントリの作成時の基礎として使われるフレームに設定されるアイテム属性 Place page numbers of the entries at the beginning or the end of the line, or not at all エントリーのページ番号を、行の最初または最後に配置するか全く行いません List Non-Printing Entries 非印字エントリをリストにする Include frames that are set to not print as well 印刷なしに設定されるフレームも含む The paragraph style used for the entry lines 入力行に使用される段落スタイル Paragraph Style: 段落スタイル: Destination Frame: 出力先フレーム: Page Number Placement: ページ番号の配置: None なし Beginning 開始 End 終了 Not Shown 表示しない Table of Contents %1 目次 %1 TabCheckDoc Ignore all errors 全てのエラーを無視 Automatic check before printing or exporting 印刷または出力前に自動チェック Check for missing glyphs 見つからないグリフをチェック Check for overflow in text frames テキストフレームでのオーバーフローをチェック Check for missing images 見つからない画像をチェック Check image resolution 画像の解像度をチェック Lowest allowed resolution 許可する最低解像度 dpi dpi Check for placed PDF Files PDFファイルの配置をチェック Check for PDF Annotations and Fields PDF注釈とフィールドをチェック Add Profile プロファイルを追加 Remove Profile プロファイルを削除 Highest allowed resolution 利用できる最高解像度 Check for GIF images GIF画像をチェック Ignore non-printable Layers 印刷できないレイヤーを無視 Check for items not on a page ページ上にないアイテムをチェック Check for used transparencies 使用されている透明度をチェック TabDisplay TabDisplayBase TabDisplayBase General 全般 Adjust Display Size 表示サイズを調整 Scale% 倍率% To adjust the display drag the ruler below with the slider. 表示を調整するには下の定規をスライドバーで動かしてください Gaps Between Pages ページ間のギャップ Vertical: 垂直: Horizontal: 水平: Scratch Space スクラッチスペース &Bottom: 下(&B): &Top: 上(&T): &Right: 右(&R): &Left: 左(&L): Page Display ページ表示 Show Bleed Area 断ち切り領域を表示 Display &Unprintable Area in Margin Color 印刷できない範囲をマージンの色で表示(&U) Alt+U Alt+U Show Layer Indicators レイヤー目印を表示 Show Frames フレームを表示 Show Text Chains テキストチェーンを表示 Rulers Relative to Page ページに相対する定規 Show Text Control Characters テキストの制御文字を表示 Colors Pages: ページ: Selected Page Border: 選択されたページ枠: Fill Color: 塗りつぶし色: Frames フレーム Grouped: グループ化: Annotation: 注釈: Selected: 選択済: Linked: リンク済み: Locked: ロック化: Normal: 標準: Text: テキスト: Control Characters: 制御文字: Show Images 画像を表示 Resets the scale to the default dpi of your display ディスプレイのデフォルトDPIに合わせるのをリセット Color for paper 紙の色 Mask the area outside the margins in the margin color マージンの外側の領域をマージンの色でマスクする Enable or disable the display of linked frames. リンクされたテキストフレームの表示の有効/無効 Display non-printing characters such as paragraph markers in text frames テキストフレーム中の段落記号のような非印字文字を表示する Turns the display of frames on or off フレームの表示をON/OFFする Turns the display of layer indicators on or off レイヤー表示の表示をON/OFFする Turns the display of images on or off 画像の表示をON/OFFする Turns the page shadow on or off ページの影をON/OFFする Defines amount of space left of the document canvas available as a pasteboard for creating and modifying elements and dragging them onto the active page Defines amount of space right of the document canvas available as a pasteboard for creating and modifying elements and dragging them onto the active page Defines amount of space above the document canvas available as a pasteboard for creating and modifying elements and dragging them onto the active page Defines amount of space below the document canvas available as a pasteboard for creating and modifying elements and dragging them onto the active page Set the default zoom level 標準ズームレベルを設定 Place a ruler against your screen and drag the slider to set the zoom level so Scribus will display your pages and objects on them at the correct size Scribusがページやオブジェクトを正確なサイズで表示できるように、画面に定規をあてて、ズームレベルを設定するためにスライダーを動かしてください。 dpi dpi Show Page Shadow ページの影を表示 TabDocument Page Size ページサイズ &Size: サイズ(&S): Portrait 縦方向 Landscape 横方向 Orie&ntation: 方向(&N): Units: 単位: &Width: 幅(&W): &Height: 高さ(&H): Margin Guides マージンガイド Autosave 自動保存 min &Interval: 間隔(&I): Undo/Redo 元に戻す/やり直す Action history length アクション履歴の長さ Width of document pages, editable if you have chosen a custom page size ドキュメントのページ幅。カスタムページサイズを選べば編集が可能です Height of document pages, editable if you have chosen a custom page size ドキュメントのページの高さ。カスタムページサイズを選べば編集が可能です Default page size, either a standard size or a custom size デフォルトの標準サイズとカスタムサイズの両方のページサイズ Default orientation of document pages デフォルトのドキュメントページの方向 Default unit of measurement for document editing ドキュメントを編集する際のデフォルトの計測単位 When enabled, Scribus saves a backup copy of your file with the .bak extension each time the time period elapses 有効にすると、Scribusは一定時間たつごとに.bakという拡張子でファイルのバックアップコピーを保存します。 Time period between saving automatically 自動保存の間隔 Set the length of the action history in steps. If set to 0 infinite amount of actions will be stored. ステップ中のアクション履歴の長さを設定します。0に設定すれば、アクションは無限に保存されます。 Apply the page size changes to all existing pages in the document ドキュメント中の全てのページにページサイズの変更を適用する Apply settings to: 設定を適用: All Document Pages 全てのドキュメントページ All Master Pages 全てのマスターページ Apply the page size changes to all existing master pages in the document ドキュメント中の全てのマスタページにページサイズの変更を適用する TabExternalToolsWidget External Tools 外部ツール Web Browser to launch with links from the Help system ヘルプシステムのリンクから起動されるWebブラウザ Web Browser Webブラウザ &Change... 変更(&C)... Alt+C Alt+C <qt>File system location for your web browser. This is used for external links from the Help system.</qt> <qt>webブラウザのファイルシステムの位置。これはヘルプシステムから外部へのリンクに使用されます。</qt> Name of &Executable: 実行ファイル名(&E): Image Processing Tool 画像処理ツール <qt>File system location for graphics editor. If you use gimp and your distribution includes it, we recommend 'gimp-remote', as it allows you to edit the image in an already running instance of gimp.</qt> <qt>画像エディタのあるファイルシステムの位置です。gimpを使っており、ディストリビューションに含まれているのであれば、すでに実行されているgimpで画像を編集することができる 'gimp-remote' をお薦めします。</qt> PostScript Interpreter Postscriptインタプリタ Antialias text for EPS and PDF onscreen rendering EPSとPDFのテキストの画面でのレンダリングをアンチエイリアスにする Antialias &Text テキストのアンチエイリアス(&T) Alt+T Alt+T Antialias graphics for EPS and PDF onscreen rendering EPSとPDFの画像の画面でのレンダリングをアンチエイリアスにする Antialias &Graphics 画像のアンチエイリアス(&G) Alt+G Alt+G Resolution: 解像度: dpi dpi &Name of Executable: 実行ファイル名(&N): <qt>Add the path for the Ghostscript interpreter. On Windows, please note it is important to note you need to use the program named gswin32c.exe - NOT gswin32.exe. Otherwise, this maybe cause a hang when starting Scribus.</qt> Rescan for the external tools if they do not exist in the already specified location 指定された位置に存在しない場合は外部ツールを再スキャンする &Rescan 再スキャン(&R) Alt+R Alt+R Start with empty frame 空フレームで開始 Always use the configured DPI setting for calculating the size, even if the image file reports something different. 画像ファイルの情報が違っていても、サイズを計算するために決められたDPI設定を常に使用します。 Force DPI DPIを強制 <qt>Path to the editor executable.</qt> <qt>エディタのパス</qt> Configurations: 設定: Up Down Delete 削除 Render Frames フレームを描画 External Editor: 外部エディタ: Locate Ghostscript Ghostscriptの位置 Locate your image editor 画像エディタの位置 Locate your web browser Webブラウザの位置 Locate your editor エディタの位置を探す Locate a Configuration file 設定ファイルの位置を探す Configuration files 設定ファイル Add... 追加... Change Command コマンドを変更 Enter new command: (leave empty to reset to default command; use quotes around arguments with spaces) Command: コマンド: Change Command... コマンドを変更... TabGeneral TabGeneralBase TabGeneralBase User Interface ユーザインターフェース &Recent Documents: 最近開いたドキュメント(&R): &Wheel Jump: ホイールの移動量(&W): Show Splashscreen on Startup 起動時にスプラッシュスクリーンを表示 Show Startup Dialog スタートアップダイアログを表示 pt pt &Font Size (Menus): フォントサイズ(メニュー)(&F): Font Size (&Palettes): フォントサイズ(パレット)(&P): Time before a Move or Resize starts: 移動もしくはリサイズを開始するまでの時間: ms ms &Theme: テーマ(&T): &Language: 言語(&L): Paths パス &Change... 変更(&C)... Alt+C Alt+C C&hange... 変更(&H)... Alt+H Alt+H &Scripts: スクリプト(&S): Cha&nge... 変更(&N)... Alt+N Alt+N &ICC Profiles: ICCプロファイル(&I): &Documents: ドキュメント(&D): Document &Templates: ドキュメントテンプレート(&T): Ch&ange... 変更(&A)... Alt+A Alt+A Use Small Widgets in Palettes パレットで小さなウィジェットを使用 Select your default language for Scribus to run with. Leave this blank to choose based on environment variables. You can still override this by passing a command line option when starting Scribus Scribusを実行する際のデフォルトの言語を選択します。環境変数に基づいて選択するのであれば、ここは空欄のままにしてください。Scribusの起動時に、コマンドラインオプションに渡すことによって、この設定を上書きすることもできます。 Number of recently edited documents to show in the File menu ファイルメニューの中に表示される最近編集したドキュメントの数 Number of lines Scribus will scroll for each move of the mouse wheel マウスホイールの動きに応じてスクロールする行数 Choose the default window decoration and looks. Scribus inherits any available KDE or Qt themes, if Qt is configured to search KDE plugins. デフォルトのウィンドウ装飾と見た目を選択してください。QtがKDEプラグインを検索するように設定されていれば、Scribusは、利用可能なKDEやQtテーマを継承します。 Default font size for the menus and windows メニューやウィンドウの標準フォントサイズ Default font size for the tool windows ツールウィンドウのデフォルトのフォントサイズ Default documents directory デフォルトのドキュメントディレクトリ Palette windows will use smaller (space savy) widgets. Requires application restart Default ICC profiles directory. This cannot be changed with a document open. By default, Scribus will look in the System Directories under Mac OSX and Windows. On Linux and Unix, Scribus will search $home/.color/icc,/usr/share/color/icc and /usr/local/share/color/icc デフォルトのICCプロファイルディレクトリ。ドキュメントを開いて変更することはできません。デフォルトでは、ScribusはMac OSXやWindowsのシステムディレクトリ以下を検索します。LinuxやUNIXでは、Scribusは $home/.color/iccやusr/share/color/iccや/usr/local/share/color/iccを検索します。 Default Scripter scripts directory デフォルトのスクリプタスクリプトのディレクトリ Additional directory for document templates ドキュメントテンプレートの追加ディレクトリ Choose a Directory ディレクトリを選択 TabGuides Common Settings 共通設定 Placing in Documents ドキュメント中の配置 In the Background 背景に In the Foreground 前景に Snapping スナップ Snap Distance: スナップ距離: Grab Radius: つかむ範囲: px px Show Guides ガイドの表示 Color: 色: Show Margins マージンの表示 Show Page Grid ページグリッドの表示 Major Grid メジャーグリッド Spacing: 間隔: Minor Grid マイナーグリッド Show Baseline Grid ベースライングリッドの表示 Baseline Settings ベースライン設定 Baseline &Grid: ベースライングリッド(&G): Baseline &Offset: ベースラインオフセット(&O): Guides are not visible through objects on the page ガイドはページ上のオブジェクトよりも奥に表示されます Guides are visible above all objects on the page ガイドはページ上の全てのオブジェクトよりも手前に表示されます Distance between the minor grid lines マイナーグリッド線の間隔 Distance between the major grid lines メジャーグリッド線の間隔 Color of the minor grid lines マイナーグリッド線の色 Color of the major grid lines メジャーグリッド線の色 Color of the guide lines you insert 挿入したガイドラインの色 Color for the margin lines マージン線の色 Color for the baseline grid ベースライングリッドの色 Turns the basegrid on or off ベースグリッドをON/OFFする Distance between the lines of the baseline grid ベースライングリッドの線の間の間隔 Distance from the top of the page for the first baseline ページの上から最初のベースラインまでの距離 Turns the gridlines on or off グリッドラインをON/OFFする Turns the guides on or off ガイドをON/OFFする Turns the margins on or off マージンをON/OFFする px px Distance within which an object will snap to your placed guides. After setting this you will need to restart Scribus to set this setting. Radius of the area where Scribus will allow you to grab an objects handles.After setting this you will need to restart Scribus to set this setting. オブジェクトを扱う際につかむことのできる範囲の半径。設定を有効にするために、設定後にScribusを再起動する必要があります。 TabKeyboardShortcutsWidget Keyboard Shortcuts キーボードシ